RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【参加報告】(公財)日本野鳥の会連携団体全国総会(181110-11_千葉県幕張)

2018年11月10-11日の2日間にわたって千葉県幕張にて開催された(公財)日本野鳥の会の連携団体全国総会(連携団体とはいわゆる支部のことです)に、当支部から2名参加してきました。参加された幹事の城石さんよりご報告をいただいたので、ここに掲載いたします(支部報にも追って掲載いたします)。
日本野鳥の会は全国に89もの支部があり、そのネットワークを活かして様々な活動を行っております。普段なかなか顔を合わせることのない他地域の支部の方々と交流できる機会は大変貴重なものです。北海道からは当支部のほか、十勝、根室、旭川の4支部が参加しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

北海道勢は最前列でした

北海道勢は最前列でした

各ブロックや支部などから活動報告等がありました(これは日本野鳥の会茨城県によるハス田の防鳥ネットによるコウノトリの羅網死の報告です)

各ブロックや支部などから活動報告等がありました(これは日本野鳥の会茨城県によるハス田の防鳥ネットによるコウノトリの羅網死の報告です)

早朝探鳥会の様子

早朝探鳥会の様子

早朝探鳥会の様子

早朝探鳥会の様子

【日本野鳥の会連携団体全国総会に参加させていただきました】 文責: 城石 一徹

 この度は、川崎支部長と共に2018年11月10日・11日の2日間、千葉県千葉市はクロス・ウェーブ幕張にて行われた表題の総会に参加させていただきました。総会では本部および各支部、各ブロックの活動報告、テーマ討論が行われ、真面目な話あり、笑いあり、感動ありの内容でした。1日目の総会後には懇親会があり、参加者の方々と親睦を深めることができ、各支部との情報交換やオホーツク支部の魅力も微力ながら発信することができたのではないかと自負しております。2日目の早朝には安西理事による1時間ほどの探鳥会も開催され、色々と勉強させていただきました。
総会において、私個人が特に気になった話題は、①調査活動の人材育成、②探鳥会におけるリスクマネジメント、他には風力発電施設建設等に係る環境影響評価法の動き、などでした。以下に①と②についてちょっとだけ私の思うことを記します。
 ①の『調査』というと、嫌厭されてしまいがちですが、実は私たちが日頃行なっている探鳥会も見方を変えれば調査となりうる可能性があるのです。他支部には探鳥会の際の鳥合せで、見られた種類を確認するだけではなく、特定の種類の数を数える、ということも行っている事例が紹介されました。こうした事は個体数の増減のひとつのデータにもなり得ますし、何より『普通種を見る目が変わる』と私は思っています。いつもいる鳥だからこそ、見過ごされやすい環境の変化を表しているかもしれません。普通種こそ、とても大切な存在なのです!
 ②については、本部より探鳥会で起こった負傷事故についての報告がありました。探鳥会は野外活動ですので、いつどんな危険が身に迫るか分かりません。探鳥会を主催する側というのは、鳥が見られるかという事よりも、参加者の安全を一番に気にしています。これから冬が深まりますので、足元が滑りやすくなっていたり、雪で段差が見えなかったりという危険が潜んでいます。怪我をしてしまうと、どんなに楽しい探鳥会も残念なものになってしまいますね。その時期に適した服装をすることはもちろん、足元にも注意を払って鳥見を楽しみましょう!
 上記を踏まえて、鳥を数える『カウント大会』のような、ちょっと踏み込んだ探鳥会などもできれば面白いのではないかと思っています。全米オーデュボン協会ではクリスマスにアメリカ全土のウ(ミミヒメウ)の数を数える調査(CCC, Christmas Cormorant Count)をイベント化させて、様々な方に楽しんで参加してもらう取り組みがあり、実際に他支部でも行われています。似たような取り組みが私たちの支部でも行えたら、身近な鳥たちの大切さをより理解して、また鳥への興味が深まるのかなぁと思います。
 個人的な感想も交えた拙い文章となりましたが、少しでもオホーツク支部の更なる発展に寄与できる報告となれば幸いです。

コメント (0)

【イベント】濤沸湖水鳥・湿地センター講座『ウトナイ湖の自然を伝えるプログラム&知っておきたい鳥インフルエンザ講座』

濤沸湖水鳥・湿地センターより、講座開催のご案内をいただきました。
詳細は以下の通りです。是非ご参加下さい。

12月2日 ウトナイ湖・鳥インフル  B5 ポスター・チラシ_

【チラシPDF】
12月2日 ウトナイ湖・鳥インフル  B5 ポスター・チラシ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
センター講座『ウトナイ湖の自然を伝えるプログラム&知っておきたい鳥インフルエンザ』の開催について

さて、当センターではこの度、ラムサール条約登録湿地である濤沸湖のエコツーリズムを推進するため、日本で最初のバードサンクチュアリである、ウトナイ湖の中村チーフレンジャーを講師にお迎えし、ウトナイ湖周辺で見られる生きもの達や自然解説プログラムについてのお話とオホーツク総合振興局のご協力をいただき、環境生活課の伊藤主査による鳥インフルエンザ講座を開催することといたしました。

1 行事名 センター講座『ウトナイ湖の自然を伝えるプログラム&知っておきたい鳥インフルエンザ講座』
2 期 日 平成30年12月2日(日)9:15~正午
3 会 場 濤沸湖水鳥・湿地センター レクチャー室
4 内容等 
○ウトナイ湖サンクチュアリ中村チーフレンジャーによる、ウトナイ湖周辺の生きもの達と自然解説プログラム。
○オホーツク総合振興局伊藤主査による、鳥インフルエンザの基礎知識と傷病鳥獣への対応について。
5 対 象 小学生4年生以上(大人が対象の講座です。)
6 定 員 30名【会場準備の都合上、事前受付】
7 担当・連絡先 濤沸湖水鳥・湿地センター(網走市 市民環境部 生活環境課)
〒099-3112 網走市字北浜203番3地先
TEL/FAX:0152-46-2400

コメント (0)

【女子探鳥会報告】181111/川崎宅の庭(小清水町浜小清水)

181111_女子探鳥会の様子

181111_女子探鳥会の様子

ゴジュウカラ Sitta europaea

ゴジュウカラ
Sitta europaea

ハシブトガラ Poecile palustris

ハシブトガラ
Poecile palustris

オオワシ Haliaeetus pelagicus

オオワシ
Haliaeetus pelagicus

2018年11月11日10:00
小清水町浜小清水の川崎宅の庭を開放しての女子探鳥会でした。
ちょっと風が冷たかったものの、すっきり晴れました。
子どもちゃんには楽器職人が作ったという美しいバードコールを渡して、鳴らしながら歩いてもらうことにしました。
庭の木を植えてからの年数、木の種類や特徴などをお話しつつ、ゆっくり歩きます。
ふかふかの落ち葉、早くも地面から出ているフキノトウなどを見ていると、上空をオオワシが飛んでいきました。成鳥や亜成鳥が次々と旋回していきます。
餌台の近くではゴジュウカラ、ハシブトガラ、シジュウカラなどがせわしなく行き来していました。
参加者の方が、ホオズキの実の遊び方を教えてくださいました。子どもたち、興味深々。木に登ったりクルミの実を割ったり、楽しんでくれたかな?
鳥合わせ後、家でお茶しながらおしゃべりを楽しみました。
思ったより鳥が出なくてちょっと残念でしたが、庭をご披露できて良かったです。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!

【確認種】
ヒシクイ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、スズメ(以上11種類)
【参加者】
26名

報告:げらぞうさん

コメント (0)

【野鳥情報】181110/小清水町浜小清水

ヒシクイ Anser fabalis

ヒシクイ
Anser fabalis

マガン Anser albifrons

マガン
Anser albifrons

2018年11月10日
[小清水町浜小清水]
ヒシクイ539羽、マガン11羽
報告:げらぞうさん

コメント (0)

【野鳥情報】181107-08/女満別住吉・涛沸湖

2018年11月7日
[大空町女満別住吉]
ヒシクイ1,192羽、ハクガン1羽、オオモズ1羽
報告:くぅさん

11月8日
[濤沸湖]
オオハクチョウ、ヒシクイ850+羽、タンチョウ成鳥4羽幼鳥1羽、オジロワシ成鳥2羽幼鳥1羽、オオワシ亜成鳥1羽
※濤沸湖水鳥・湿地センター主催ハクチョウカウント参加時の確認
報告:げらぞうさん

コメント (0)

【野鳥情報】181104/網走市北浜海岸/クロガモ

クロガモ Melanitta americana

クロガモ
Melanitta americana

クロガモ Melanitta americana

クロガモ
Melanitta americana

2018年11月4日
[網走市北浜海岸]
クロガモ10+羽
報告:Oさんご夫妻

コメント (0)

【野鳥情報】181013-30/北見市東陵町など

2018年10月13日
[濤沸湖]
ヒシクイ、アオジ、ハシブトガラ、オオハクチョウ、エナガ

10月22日
[北見市東陵町]
ゴジュウカラ、スズメ、シジュウカラ

10月30日
[北見市東陵運動公園]
ツグミ3羽、オオハクチョウ12羽上空通過

報告:虎谷正博さん

コメント (0)

【野鳥情報】181104/藻琴湖など

ヒシクイ Anser fabalis マガン A. albifrons

ヒシクイ
Anser fabalis
マガン
A. albifrons

ヒシクイ Anser fabalis

ヒシクイ
Anser fabalis

ヒシクイ Anser fabalis

ヒシクイ
Anser fabalis

2018年11月4日
[小清水原生花園]
オオワシ亜成鳥1羽

[藻琴湖]
オオハクチョウ、ヒシクイ1,330羽、マガン11羽、マガモ、コガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ダイサギ1羽、タンチョウ成鳥2羽、ユリカモメ、トビ、オジロワシ亜成鳥2羽、ハシボソガラス

報告:げらぞうさん

コメント (0)

【定例探鳥会報告】181104/涛沸湖

2018年11月4日涛沸湖探鳥会

2018年11月4日涛沸湖探鳥会

2018年11月4日涛沸湖探鳥会

2018年11月4日涛沸湖探鳥会

2018年11月4日
[涛沸湖]
雲ひとつなく穏やかな11月初めの探鳥会となりました。きっと皆さんの日頃の行いが善いお陰でしょう。
真っ先に飛び込んできた鳥は集合場所上空を通過するカワウたち。お腹が白い個体と黒い個体に注目しながら、『あれは今年生まれの幼鳥?』『じゃあ、あれは成鳥だ』と身近な鳥でもまた一つ違った視点で見られました。
湖のほとりではオオハクチョウを始め、カモの仲間が採餌をしたり、休んだり。奥の浅瀬ではハマシギやミユビシギ、ダンゼンが忙しなく動く様子を見ることができました。
しかし、穏やかな陽気の仕業か鳥の動きもあまり目立たず、ゆっくりとした時間が過ぎる中、突如遠く彼方でユリカモメの群れが飛び上がったと思えば、皆さんで見ていたシギの群れにハヤブサが飛び込んできました。あっという間に1羽のシギを捕らえて、林の中へ消えて行きました。
北国から渡ってきた鳥、これから南へ渡っていく鳥が入り混じる季節、毎年当たり前のように訪れるこの贅沢な時間を皆さんで共有することができた1日でした。

【確認種】
オオハクチョウ、マガモ、オナガガモ、スズガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、カワウ、アオサギ、タンチョウ、ダイゼン、ミユビシギ、ハマシギ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、ハヤブサ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒガラ、ヒヨドリ、スズメ(以上24種類)
【参加者】34名

報告:一徹さん

コメント (0)

【野鳥情報】181101/涛沸湖/オオワシ

2018年11月1日
[濤沸湖] 
オオワシ成鳥1羽
報告:濤沸湖水鳥・湿地センター

コメント (0)

【野鳥情報】181029/ハイランド小清水キャンプ場/ギンザンマシコ

2018年10月29日
[藻琴山ハイランド小清水キャンプ場付近]
ギンザンマシコ10±羽
報告:K.M.さん

コメント (0)

【野鳥情報】181027-28/涛沸湖丸万川河口など

2018年10月27日
[小清水町倉栄]
ヒシクイ149羽、タンチョウ成鳥2羽

10月28日
[涛沸湖丸万川河口]
ヒシクイ150+羽ねぐら入り、オオハクチョウ、マガモ、シノリガモ、カワアイサ、タンチョウ成鳥1羽、キアシシギ、ユリカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ成鳥1羽亜成鳥1羽、ハヤブサ1羽、ハシブトガラ、アカハラ

報告:げらぞうさん

コメント (0)

【野鳥情報】181024/藻琴湖

2018年10月24日
[藻琴湖]
オオワシ2羽、タンチョウ2羽、オジロワシ4羽、トビ、オオハクチョウ50+羽、ヒシクイ200+羽、カワウ150+羽、マガモ300+羽、スズガモ、ホオジロガモ、ユリカモメ、オオセグロカモメ、カモメ、カワアイサ、ミコアイサ、エナガ、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ヒバリ、スズメ

報告:Nさんご夫妻

コメント (0)

【野鳥情報】181010-27/津別町21世紀の森、網走市稲富

2018年10月10日
[津別町21世紀の森]
マガモ1羽、トビ1羽、コゲラ1羽、カケス1羽、ハシボソガラス44羽、ハシブトガラス1羽、キクイタダキ1羽、ハシブトガラ2羽、ヒガラ1羽、シジュウカラ2羽、ヒヨドリ10羽、エナガ4羽、ゴジュウカラ1羽、キバシリ1羽、アオジ4羽

10月27日
[網走市稲富]
タンチョウ3羽

報告:くぅさん

コメント (0)

【野鳥情報】181009-27/モヨロ貝塚、網走神社

2018年10月9日
[網走神社]
コゲラ1羽、ヒヨドリ2羽、ハシブトガラ1羽、ヒガラ1羽、ヤマガラ2羽、シジュウカラ2羽、ゴジュウカラ2羽、シメ8羽、ハシブトガラス1羽

10月19日
[モヨロ貝塚]
キンクロハジロ1羽、カワウ6羽、オオセグロカモメ10羽、トビ2羽、シジュウカラ2羽、カワラヒワ2羽、スズメ2羽、ハシボソガラス6羽、ハシブトガラス4羽

10月27日
[モヨロ貝塚]
アオサギ2羽、スズガモ2羽、トビ1羽、ユリカモメ1羽、カモメ1羽、ウミネコ1羽、オオセグロカモメ20羽、シロカモメ1羽、カワウ3羽、スズメ2羽、ハシボソガラス3羽、ハシブトガラス6羽

報告:M.S.さん

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク