RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【野鳥情報】170924/濤沸湖など

ヒシクイ Anser fabalis クロツラヘラサギ Platalea minor

ヒシクイ
Anser fabalis
クロツラヘラサギ
Platalea minor

2017年9月24日
[濤沸湖第一駐車場東側]
ヒシクイ(ほとんど亜種ヒシクイ)833羽、クロツラヘラサギ1羽
[小清水町浜小清水]
ヒシクイ(亜種ヒシクイ)226羽
報告:げらぞうさん・小清水町在住

コメント (0)

【女子探鳥会報告】170924/網走湖女満別湖畔

2017年9月24日女子探鳥会(網走湖女満別湖畔)

2017年9月24日女子探鳥会(網走湖女満別湖畔)

カルガモ Anas zonorhyncha

カルガモ
Anas zonorhyncha

ユリカモメ Larus ridibundus

ユリカモメ
Larus ridibundus

ヤマイグチ?

ヤマイグチ?

カラフトモモブトハバチ

カラフトモモブトハバチ

9:00~網走湖女満別湖畔にて女子探鳥会でした。
今回で早くも7回目を迎えます。日頃オホーツク支部の活動にご協力いただいている鳥好き女子の皆さま、ありがとうございます。
JR高架からは本郷方面へ飛んで行くヒシクイの群れが見られました。湖畔からは遠くにとまるオジロワシ、岸辺に憩うカワウ、湖上で餌を取るユリカモメやトビなど。カモメも1羽浮かんでいて、ユリカモメとの違いなどを確認しました。
その場にいる鳥だけではなくて、前にカメラで撮ったけれど「なんだろう?」な鳥を見せていただいたり、識別の違いなどを確認し合ったり。
ゆっくり湖畔を歩き、カルガモやマガモを見て、カワセミを探しつつ移動。今日は残念ながら鳥の出が悪かったのですが、キノコや幼虫などを観察しながらゆるゆる歩きました。
奥のキャンプ場に到着するとすぐに雨がパラついてきました。急ぎぎみに戻りましたが、降りが激しくなってきたため、途中のあずまやで休憩しながら鳥合わせをして、解散しました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

【確認種】ヒシクイ、マガモ、カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ユリカモメ、カモメ、トビ、オジロワシ、アカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、ムクドリ、ベニマシコ(以上19種類)

【参加者】14名(網走市7名、北見市1名、美幌町2名、滝上町1名、津別町1名、小清水町1名、別海町1名)

報告:げらぞうさん・小清水町在住

コメント (0)

【巣箱掃除】170923/道立オホーツク公園(てんとらんど)

2017年9月23日道立オホーツク公園巣箱掃除の様子

2017年9月23日道立オホーツク公園巣箱掃除の様子

ひょうたん巣箱

ひょうたん巣箱

門松再利用の竹製巣箱

門松再利用の竹製巣箱

2017年9月23日(土)8:30から巣箱掃除を行いました。参加者は14名でした。
合計25個の巣箱のうち、24個の巣箱を確認し、No.6の巣箱が見つかりませんでした。カラ類が利用したと思われる巣箱が6個、ヒメネズミが利用したと思われる巣箱が12個、スズメバチが利用したと思われる巣箱が1個ありました(重複あり)。No.40の巣箱では東京農業大学の学生さんより、シジュウカラが利用していたという情報がありました。
No.4と10の巣箱は破損により廃棄、No.31の巣箱は修理のため取り外されました。
また、Mさんより竹製巣箱が11個、Sさんのご協力によりヒョウタン製巣箱が5個寄贈され、新たに架けることができました。これらの巣箱には参加児童により番号と絵が描かれ、目にも楽しい巣箱となりました。
 
2017年9月、巣箱の設置状況は以下の通りです(計38個)。
広葉樹林(博物館前・新トレイル)……19個
カラマツ林……18個
フクロウ巣箱(素材ゾーン)……1個

報告:げらぞうさん

コメント (0)

【野鳥情報】170920/大空町女満別本郷・昭和

ヒシクイ Anser fabalis

ヒシクイ
Anser fabalis

2017年9月20日
[大空町女満別本郷]
ヒシクイ254羽

[大空町女満別昭和]
ヒシクイ60+羽飛翔
土砂降りの中を飛翔して網走湖へ降下

コメント (0)

【野鳥情報】170823-0920/網走市呼人など

2017年8月23日
[女満別川・湖南橋(大空町女満別湖南)]
カワセミ1羽

8月24日
[湖南橋]
カワセミ2羽
[呼人探鳥遊歩道]
エナガ幼鳥3羽

8月25日
[湖南橋]
カワセミ2羽、マガモ10±羽

8月28日
呼人探鳥遊歩道
ベニマシコ、ゴジュウカラ、キジバト、コゲラ声、アカゲラ声

8月31日
[呼人探鳥遊歩道]
キジバト、トビ、アカゲラ、ヒヨドリ、ベニマシコ声、アオバト声、コゲラ声

9月4日
[呼人探鳥遊歩道]
コゲラ、アカゲラ3羽、アオジ、キジバト、ゴジュウカラ、ベニマシコ声

9月7日
[湖南橋]
カワセミ2羽、オジロワシ声

9月11日
[湖南橋]
モズ幼鳥、アカゲラ、カワセミ2羽

9月15日
[網走市呼人市街]
ヤマガラ

9月19日
[湖南橋]
カワセミ2羽、コゲラ声、ベニマシコ声

9月20日
[呼人市街]
ホオジロ1羽声、シジュウカラ幼鳥

報告:ふれっぷママさん・網走市在住

コメント (0)

【野鳥情報】170823-0915/北見市東陵町など

2017年8月23日
[北見市東陵町]
カワセミ1羽

8月28日
[東陵町]
アカゲラ1羽

アカゲラ Dendrocopos major

アカゲラ
Dendrocopos major

8月30日
[東陵町]
チゴハヤブサ1羽

チゴハヤブサ Falco subbuteo

チゴハヤブサ
Falco subbuteo

9月8日
[東陵町]
モズ1羽、ヒヨドリ1羽、ハシブトガラ2羽

9月9日
[東陵町]
ハイタカ1羽飛翔、シジュウカラ2羽
[公園町]
マガモ♀1羽幼鳥5±羽

9月15日
[能取湖卯原内]
オジロワシ2羽、アオサギ20±羽、エリマキシギ幼鳥2羽

エリマキシギ Philomachus pugnax

エリマキシギ
Philomachus pugnax

報告:虎谷正博さん・北見市在住

コメント (0)

【野鳥情報】170913/能取湖(平和地区)

ヒシクイ Anser fabalis

ヒシクイ
Anser fabalis

ヒシクイ Anser fabalis

ヒシクイ
Anser fabalis

2017年9月13日15:45
[能取湖(網走市平和地区・国道駐車帯付近)]
ヒシクイ255羽(ほぼ亜種ヒシクイ)、ヒドリガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ
報告:げらぞうさん・小清水町在住

コメント (0)

【野鳥情報】170911/網走湖、濤沸湖、能取湖、サロマ湖など

ホウロクシギ Numenius madagascariensis

ホウロクシギ
Numenius madagascariensis

ベニマシコ Uragus sibiricus

ベニマシコ
Uragus sibiricus

ノスリ Buteo buteo

ノスリ
Buteo buteo

ヒシクイ Anser fabalis

ヒシクイ
Anser fabalis

オシドリ Aix galericulata

オシドリ
Aix galericulata

トウネン Calidris ruficollis

トウネン
Calidris ruficollis

キアシシギ Heteroscelus brevipes

キアシシギ
Heteroscelus brevipes

オグロシギ Limosa limosa

オグロシギ
Limosa limosa

トウネン Calidris ruficollis

トウネン
Calidris ruficollis

オグロシギ Limosa limosa

オグロシギ
Limosa limosa

タンチョウ Grus japonensis

タンチョウ
Grus japonensis

ヒシクイ Anser fabalis

ヒシクイ
Anser fabalis

イソシギ Actitis hypoleucos

イソシギ
Actitis hypoleucos

チュウヒ Circus spilonotus

チュウヒ
Circus spilonotus

スズガモ Aythya marila

スズガモ
Aythya marila

ダイサギ Ardea alba

ダイサギ
Ardea alba

タンチョウ Grus japonensis

タンチョウ
Grus japonensis

2017年9月11日
[大空町女満別住吉~網走湖女満別湖畔]
チュウヒ、ノスリ、オジロワシ、トビ、カワセミ、ノビタキ、オオジュリン、コヨシキリ、ハクセキレイ、アオサギ、マガモ、コガモ、ヒドリガモ、スズガモ、オカヨシガモ、オシドリ、カイツブリ、ヒシクイ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ヒヨドリ、キジバト、カワラヒワ、イソシギ

[濤沸湖]
キアシシギ、アオアシシギ、オバシギ、トウネン、オグロシギ70±羽、チュウヒ、オジロワシ、アオサギ、タンチョウ2羽、カワセミ、カワアイサ、ユリカモメ、オオセグロカモメ、マガモ、オカヨシガモ、ヒシクイ

[藻琴湖]タンチョウ4羽、スズガモ20羽、カワウ、ダイサギ4羽、アオサギ、ヒシクイ100±羽、キアシシギ

[能取湖卯原内]
キアシシギ6羽、アオサギ、タンチョウ2羽

[サロマ湖キムアネップ]
アオサギ、トウネン70±羽、ホウロクシギ3羽、ノビタキ、ベニマシコ、マガモ

報告:A.S.さん・札幌市在住

コメント (0)

【野鳥情報】170910/能取湖など

2017年9月10日
[能取湖・能取漁港(能取地区)]
トビ、キアシシギ5羽、アオサギ、ヒシクイ200±羽

キアシシギ Heteroscelus brevipes

キアシシギ
Heteroscelus brevipes

ヒシクイ Anser fabalis

ヒシクイ
Anser fabalis

[能取湖・卯原内漁港]
アオサギ、ヒシクイ60±羽、トウネン10±羽、キアシシギ10±羽、ユリカモメ、スズメ、ハクセキレイ、スズガモ20±羽 ハシブトガラス、ハシボソガラス

トウネン Calidris ruficollis

トウネン
Calidris ruficollis

ユリカモメ Larus ridibundus

ユリカモメ
Larus ridibundus

[北見市常呂町栄浦]
タンチョウ2羽、コガモ5羽

タンチョウ Grus japonensis

タンチョウ
Grus japonensis

報告:Oさんご夫妻・北見市在住

コメント (0)

【定例探鳥会報告】170903/濤沸湖

2017年9月3日濤沸湖探鳥会(兼ブロック総会エクスカーション)

2017年9月3日濤沸湖探鳥会(兼ブロック総会エクスカーション)

9:00~濤沸湖で探鳥会。
ブロック総会の皆さんも、ほとんどそのままご参加いただき、大所帯の探鳥会となりました。
クロツラヘラサギを期待して野鳥観察舎の2Fから見る人、シギチ中心に外で見る人、思い思いに鳥見を楽しみました。白鳥公園は広々していて大人数でも見やすいですね。
水際ではカワセミが飛んで行きました。
オグロシギやオバシギその他の混群が比較的近くで見られたため、違いをじっくりと観察。しているうちに飛ばれる(笑
そのうち、オジロワシが干潟に降りたり、ミサゴが飛んだり。今年はミサゴがよく見られますね。
楽しくお話しながら鳥を見ているうちに寒くなり、濤沸湖水鳥・湿地センターの中に場所を移しました。引き続き鳥を探す人、展示を見たり映像を観る人、さまざまに過ごしたあと、鳥合わせをして解散しました。

各支部幹事役員の皆さま、F先生、Tさん、そして会長始め本部の皆さま、遠いところお越しいただき、本当にありがとうございました!
そして素晴らしいチームワークで会議の運営を担当・お手伝いいただいたオホーツク支部の皆さま、幹事役員の皆さまに感謝です!お疲れさまでした!

【確認種】オカヨシガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、スズガモ、カワアイサ、ハジロカイツブリ、キジバト、アオバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オグロシギ、オオソリハシシギ、アオアシシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、オバシギ、コオバシギ、トウネン、ユリカモメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、ミサゴ(2羽)、トビ、オジロワシ(成鳥1羽)、チュウヒ(幼鳥1羽)、カワセミ、チゴハヤブサ、ハシボソガラス、ヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、オオジュリン(以上35種類)

【参加者】32名(内訳:網走市13名、北見市8名、小清水町2名、美幌町3名、津別町1名、置戸町1名、滝上町1名、東京都2名)、そのほかに日本野鳥の会北海道ブロック協議会総会関係者27名

※報告:げらぞうさん・小清水町在住

コメント (0)

【開催報告】2017年度北海道ブロック協議会総会(170902-03/網走市)

50名を超える参加者で会場は熱気に包まれました!

50名を超える参加者で会場は熱気に包まれました!

柳生博会長と遠藤孝一新理事長より一言ずつ頂戴しました。

柳生博会長と遠藤孝一新理事長より一言ずつ頂戴しました。

懇親会の〆をお願いした柳生会長のトークで盛り上がりました!

懇親会の〆をお願いした柳生会長のトークで盛り上がりました!

2017年9月2日13:30から、日本野鳥の会北海道ブロック協議会の2017年度総会を網走市の「網走観光ホテル」にて開催しました。全道の支部から支部長や事務局長などの方々を中心にご参加いただき(一般会員さんが少ないですよね・・・)、また財団本部からも柳生博会長と遠藤孝一新理事長をはじめ、12名の職員の方々にご参加いただきました。当支部からも役員をはじめ、会員が多数参加致しました。

北海道には現在15の支部があり、各地で地道な活動を続けておりますが、距離がありすぎて隣の支部との交流すらままならない状況ですから、一堂に会す機会はもう、年に一回の「総会」しかありません。
せっかくの機会ですから、永年北海道各地で道内の鳥について調査研究を続けてこられた方をお招きしてお話しをいただこうと、講演を企画しました。

講師としてお招きしたのは、帯広畜産大学名誉教授で日本鳥学会をはじめとした様々な団体の代表を歴任された藤巻裕蔵先生、そして「地方独立行政法人北海道立総合研究機構環境・地質研究本部環境科学研究センター自然環境部生態系保全グループ主査」というまことに寿限無寿限無な肩書きをお持ちの玉田克巳先生のお二人です。
藤巻先生には、『鳥観察の楽しみ』と題して、地道に観察データを積み重ね、それを解析することによって、これまで見えなかった様々な真実が見えてくるという調査研究の楽しみをわかりやすく解説していただききました。今後の鳥見を充実したものにするヒントをいただいたような気がします。
玉田先生は、支部報に掲載されている鳥情報や探鳥会データといった、各支部が保有している情報を網羅していくことで、分布の広がりが時系列的に見えてくるといった事柄について、シマアオジ・ワタリガラス・カササギの3種を例に挙げてご説明下さいました。こちらも最新の分布情報などもご披露いただきながら、とてもわかりやすく丁寧に解説していただき、なるほどなあ・・・と感嘆の溜息でありました。

講演後の休憩タイムには当支部会員のMさんご夫妻による手作りの草餅が配られ、脳に栄養を補給しました。

休憩後、オホーツク支部長の川崎よりあらためてのご挨拶と、30周年記念として製作・配布させていただいた野鳥の鳴き声CD「北海道野鳥物語」についてのご説明をさせていただきました。
続いて財団本部より、柳生博会長、そして今回が就任後初のブロック総会となる遠藤孝一新理事長にご挨拶いただき、議事をスタート致しました。
まず昨年のブロック幹事支部だった旭川支部の柳田支部長より収支決算報告をいただき、その後苫小牧支部より苫小牧市が進める「IR構想」についての懸念事項をご報告いただきました。
そして来年度のブロック担当幹事支部である道北支部の村山副支部長と、同支部会員でもあるサロベツエコネットワークの長谷部さんより、来年の総会案内と、シマアオジの保全に関する様々なご提案をいただきました。
それぞれの事案について、他支部や財団本部からもご意見等をいただき、諸課題について今後も注視していくこと、そしてブロックとしてできることがあれば適宜動いていくことを確認しました。シマアオジの保全については、来年度の道北支部によるブロック総会に向けて各支部でも何が出来るか議論を重ね、総会にて意見を集約して何かしらの方向性を決めたいとまとまりました。

支部からの話題提供のあとは、本部によるシマアオジやオオジシギの保全についての発表、『ゼロからわかるバードウォッチングBOOK』プレゼント事業についての案内、野鳥保護区の状況鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリの30周年記念事業についてのご報告など、たくさんの報告をいただきました。

予定時間を大幅にオーバーし、慌ただしく記念の集合写真を撮影したところで総会を〆させていただきました。

しばしの休憩後、18:30より、お楽しみの懇親会が始まりました。網走観光ホテル自慢の美味しい料理に舌鼓を打ちつつ、アルコールも入って50名を超える参加者の皆さま、舌好調でした。肩肘張らないオホーツクスタイルが受け入れられた瞬間でした。
懇親会の最後は柳生会長による柳生流の一本締めで見事に締まり、楽しい一時が終わりました。

・・・それもつかの間、隣の部屋ですぐさま二次会がスタートしました。
二次会はもう・・・・・・・・・書けません。。。

明けて9月3日。
ホテルでの朝食後、濤沸湖の水鳥・湿地センターに移動して、9時よりエクスカーション。まあ、探鳥会です。
台風15号による天候悪化で探鳥会が開催できるか危ぶまれましたが、皆さんの祈りが天に通じ、あっさり逸れてくれました。少々風は強めではありましたが、まったく問題なしでした。
ブロック総会にご参加いただいた皆さまのほかに、当支部の会員も加え、総勢60名近い大所帯となり、大きく二手に分かれての観察となりました。
センターの横にある水鳥観察舎からクロツラヘラサギを探しましたが白いのはダイサギ3羽のみ。残念でしたが、それでもオグロシギやオバシギ、コオバシギ、ソリハシシギなどいろいろなシギ類をはじめ、オジロワシ、チュウヒ、ミサゴなどの猛禽類も出て、それなりに「出るものは出た」探鳥会となりました。
体が冷えてきたところで水鳥・湿地センター内へと移動し、希望者の方にセンターが誇る素晴らしい映像をご覧いただき、2日間にわたるブロック総会一連の行事を滞りなく終了とさせていただきました。
※探鳥会報告は別にまたアップします。

今回、道内各地よりご参集いただいた各支部の皆さま、網走までお越しいただき、ありがとうございました。本当にお疲れ様でした。来年は豊富町でお会いしましょう(道北支部さん、よろしくお願いします)。
また、柳生会長、遠藤理事長はじめ、駆けつけてくださった本部の方々にも御礼申し上げます。ありがとうございました。
そして最後になりましたが、我がオホーツク支部の会員各位には、準備から片付けまで大勢お手伝いいただき、ただただ「感謝」の一言です。お陰様でオホーツク支部は活動が活発、雰囲気が良いなどとお褒めの言葉を頂戴することが多いのですが、それもすべて素晴らしい会員に恵まれているからこそです。会員こそが、当支部の財産であり、誇りです。
日本野鳥の会オホーツク支部は会員とともにあります。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年9月4日
管理人こと、日本野鳥の会オホーツク支部長・川崎康弘 記

コメント (0)

【額縁クイズ】Q84

さて、これは何でしょう?

さて、これは何でしょう?

わかった方は、コメントをどうぞ。

コメント (2)

【野鳥情報】170815-20/コムケ湖など

2017年8月15日
[紋別市オホーツク森林公園]
キセキレイ、ハクセキレイ、アオサギ、アカゲラ、センダイムシクイ、マガモ

8月16日
[紋別市小向・コムケ湖]
カワセミ、アオサギ、アオアシシギ、アオバト、アマツバメ、カワウ

アオアシシギ Tringa nebularia

アオアシシギ
Tringa nebularia

8月20日
[紋別市小向・コムケ湖]
カワセミ、トウネン、ソリハシシギ、ショウドウツバメ、アオサギ、カワウ、ノビタキ

トウネン Calidris ruficollis

トウネン
Calidris ruficollis

報告:Mさんご夫妻

コメント (0)

【野鳥情報】170827/あばしりネイチャークルーズ(午前便)

アカエリヒレアシシギ Phalaropus lobatus

アカエリヒレアシシギ
Phalaropus lobatus

トウゾクカモメ Stercorarius pomarinus

トウゾクカモメ
Stercorarius pomarinus

ツチクジラ Berardius bairdii

ツチクジラ
Berardius bairdii

2017年8月27日
[あばしりネイチャークルーズ(午前便)]
アカエリヒレアシシギ10+羽、トウゾクカモメ、クロトウゾクカモメ、ケイマフリ、オオセグロカモメ、ユリカモメ、ミツユビカモメ、アジサシ1羽、カワウ、オジロワシ1羽、ツチクジラ、イシイルカ
報告:ダグラスさん・網走市在住、Iさんご夫妻・札幌市在住

コメント (0)

【定例探鳥会報告】170827/濤沸湖白鳥公園

2017年8月27日濤沸湖探鳥会の様子

2017年8月27日濤沸湖探鳥会の様子

チュウヒ Circus spilonotus

チュウヒ
Circus spilonotus

クロツラヘラサギ Platalea minor アオサギ Ardea cinerea

クロツラヘラサギ
Platalea minor
アオサギ
Ardea cinerea

キアシシギ Heteroscelus brevipes

キアシシギ
Heteroscelus brevipes

オバシギ Calidris tenuirostris キアシシギ Heteroscelus brevipes

オバシギ
Calidris tenuirostris
キアシシギ
Heteroscelus brevipes

トウネン Calidris ruficollis

トウネン
Calidris ruficollis

2017年8月27日
[濤沸湖白鳥公園]
よく晴れた探鳥会日和となりました。
少し早めに集合場所に到着されていた方によると、遠くにクロツラヘラサギが見えるとのこと。
開始前の挨拶もそこそこに、みんなで野鳥観察舎の2階へ上がり、窓ガラス越しに観察しました。
野鳥観察舎は窓がほとんど開かない構造となっているので、快適な野鳥観察ができるとは言えない状況です。とても良い位置にあるにもったいない・・・。
まあそれでもみんなで観察していたら、チュウヒの幼鳥が1羽現れました。今年巣立った幼鳥です。親離れをして分散している時期なので、どこで生まれたものかは不明ですが、しっかりと餌を探して飛び回っていました。無事に立派な成鳥になってくれればと願わずにはいられませんでした。
その後、キアシシギの群れや、その中に混じっていたオバシギやソリハシシギなどを観察していたら、タンチョウが2羽対岸に現れてくれたほか、オジロワシなどの定番も観察でき、1時間半ほど楽しんだところで鳥合わせをして解散としました。
まだ日差しには夏を感じさせる力強さがありましたが、風は爽やかな一日でした。
そろそろヒシクイも到着し、オホーツクは本格的な秋を迎えます。

【確認種】スズガモ、カワアイサ、キジバト、カワウ、アオサギ、クロツラヘラサギ1羽、タンチョウ成鳥2羽、トビ、オジロワシ、チュウヒ幼鳥1羽、コチドリ、チュウシャクシギ、アオアシシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、オバシギ、トウネン、ユリカモメ、オオセグロカモメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、以上27種

【参加者】29名(内訳:網走市11名、北見市4名、小清水町2名、美幌町3名、大空町東藻琴1名、津別町2名、遠軽町生田原1名、滝上町1名、旭川市1名、東京都2名、山口県1名)

※鳥の写真はY.O.さんご提供。

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク