RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【イベント案内】シンポジウム「タンチョウ保護のこれから」

◆シンポジウム「タンチョウ保護のこれから」
◆日時:2018年1月21日(日)13:30~16:00(13:00開場)
◆会場:札幌国際ビル8階 国際ホール(地下鉄さっぽろ駅8番出口直結)
◆内容:かつて絶滅に瀕したタンチョウは、今や1,800羽まで回復し
    道央圏にも繁殖地を拡げつつあります。大きな転換点に立つ
    これからのタンチョウ保護について一緒に考えてみませんか?
 <基調講演>札幌周辺にタンチョウがいた頃の話
  久井貴世(北大大学院文学研究科 専門研究員)
 <話題提供>タンチョウとコウノトリの話
  柳生博(日本野鳥の会 会長)
 <パネルディスカッション>
  正富宏之(専修大学北海道短期大学名誉教授)
  黒沢信道(環境省タンチョウ保護増殖検討委員)
  小山内恵子(ネイチャー研究会inむかわ)
  加藤幸一(舞鶴遊水地にタンチョウを呼び戻す会)
  原田修(鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ)
 コーディネーター:小川巌(エコ・ネットワーク)      
◆主催:(公財)日本野鳥の会
◆参加費:無料(定員200名;先着順)
◆申込方法:1月14日(日)までに、電話かE-mailで
 参加される方全員の氏名をお知らせください。
◆申込・問合せ先:鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ
 http://park15.wakwak.com/~tancho/
 Tel 0154-64-2620 (火・水を除く9:00~17:00)
E-mail : tancho_sanc@wbsj.org

コメント (0)

【野鳥情報】171210/網走川、濤沸湖

2017年12月10日
[網走川・道の駅裏]
ホオジロガモ、キンクロハジロ、シノリガモ、ヒメウ、ウミアイサ

シノリガモ Histrionicus histrionicus

シノリガモ
Histrionicus histrionicus

ヒメウ Phalacrocorax pelagicus

ヒメウ
Phalacrocorax pelagicus

ホオジロガモ Bucephala clangula

ホオジロガモ
Bucephala clangula

キンクロハジロ Aythya fuligula

キンクロハジロ
Aythya fuligula

ウミアイサ Mergus serrator

ウミアイサ
Mergus serrator

[濤沸湖・第一駐車場]
コミミズク5羽

コミミズク Asio flammeus

コミミズク
Asio flammeus

報告:Oさんご夫妻

コメント (0)

【野鳥情報】171201-08/網走市潮見/カケス

カケス Garrulus glandarius

カケス
Garrulus glandarius

カケス Garrulus glandarius

カケス
Garrulus glandarius

2017年12月1日
[網走市潮見]
カケス2羽

12月8日
[潮見]
カケス1羽

報告:ダグラスさん

コメント (0)

【野鳥情報】171207/小清水町・濤沸湖

ハシブトガラ Poecile palustris

ハシブトガラ
Poecile palustris

コアカゲラ Dendrocopos minor

コアカゲラ
Dendrocopos minor

シジュウカラ Parus minor

シジュウカラ
Parus minor

ツグミ Turdus naumanni

ツグミ
Turdus naumanni

2017年12月7日
[小清水町浜小清水]
コアカゲラ♂1羽♀1羽、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、ツグミ

[濤沸湖]
コミミズク1羽、オジロワシ

報告:げらぞうさん

コメント (0)

【野鳥情報】171203/美幌町/カワガラス

2017年12月3日
[美幌町古梅]
カワガラス
報告:M.K.さん

コメント (0)

【野鳥情報】171203/斜里町/キレンジャク

2017年12月3日
[斜里町中斜里]
キレンジャク30+羽
報告:げらぞうさん、管理人

コメント (0)

【定例探鳥会報告】171203/能取岬

2017年12月3日能取岬探鳥会

2017年12月3日能取岬探鳥会

2017年12月3日能取岬探鳥会

2017年12月3日能取岬探鳥会

2017年12月3日能取岬探鳥会

2017年12月3日能取岬探鳥会

オジロワシ Haliaeetus albicilla

オジロワシ
Haliaeetus albicilla

シロエリオオハム Gavia pacifica

シロエリオオハム
Gavia pacifica

オオセグロカモメ Larus schistisagus

オオセグロカモメ
Larus schistisagus

シノリガモ Histrionicus histrionicus

シノリガモ
Histrionicus histrionicus

10:00~能取岬で探鳥会。
冷たい風がビュービューの中、鼻水たらしながら鳥を見る、日本一過酷な探鳥会という触れ込みで開催しているのですが、今日は天気が良く風も穏やか。参加者の方々からも「過酷だと思って着込んで来たけど、快適すぎるね~」とのお声がちらほらの能取岬らしくない探鳥会でした。
火曜サスペンスのテーマがよく似合う崖の上から沖を見ると、オオハムやシロエリオオハムが次々と移動していくのが見えました。いったい何羽いるのか、切れ目なく移動していきます。
手前にはシノリガモ、はるか沖にはウミスズメやケイマフリの姿も。
どれも黒&白で遠く、見せる方も難儀です。
すると参加者の方が崖にとまるイソヒヨドリを見つけてくださいました。青と赤、色彩がこれほど美しいとは。
崖っぷちでは一瞬、ワタリガラスが姿を見せてくれました。警戒心が強く、なかなか近寄らせてくれませんが、鳴いてくれればよく通るその声で存在がわかる鳥です。今年は多いのかな?ちょっと期待ですね。

【確認種】シノリガモ、アカエリカイツブリ、アビ、オオハム、シロエリオオハム、ヒメウ、ユリカモメ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、オオセグロカモメ、ハシブトウミガラス、ケイマフリ、ウミスズメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ワタリガラス、イソヒヨドリ(以上21種類)
【参加者】29名

※報告:げらぞうさん
※鳥の写真はY.O.さんご提供

コメント (0)

【野鳥情報】171203/能取湖卯原内

ハマシギ Calidris alpina

ハマシギ
Calidris alpina

2017年12月3日
[能取湖卯原内]
ヒヨドリ2羽、ツグミ10±羽、トビ2羽、オオハクチョウ10羽、ハマシギ2羽
報告:Oさんご夫妻

コメント (0)

【野鳥情報】171201/興部町沙留漁港/ハイイロウミツバメ

ハイイロウミツバメ Oceanodroma furcata

ハイイロウミツバメ
Oceanodroma furcata

ハイイロウミツバメ Oceanodroma furcata

ハイイロウミツバメ
Oceanodroma furcata

ハイイロウミツバメ Oceanodroma furcata

ハイイロウミツバメ
Oceanodroma furcata

2017年12月1日11::00-12:30
[興部町沙留漁港]
ハイイロウミツバメ2羽
報告:てっちゃんさん

コメント (0)

【野鳥情報】171203/小清水町浜小清水/ワタリガラス

2017年12月3日
[小清水町浜小清水]
ワタリガラス1羽
報告:管理人

コメント (0)

【野鳥情報】171202/濤沸湖/コミミズク

2017年12月2日
[濤沸湖・第一駐車場]
コミミズク1羽
報告:管理人

コメント (0)

【野鳥情報】171126-1201/美幌町古梅など

2017年11月26日
[美幌町古梅]
オオアカゲラ、ゴジュウカラ

11月30日
[美幌町稲美]
シジュウカラ、ヒヨドリ

12月1日
[古梅]
ハシブトガラ、ミソサザイ、ヒヨドリ、シジュウカラ

報告:M.K.さん

コメント (0)

【イベントのお知らせ】釧路市立博物館企画展「カモにも事情がありまして…~餌から恋の三角関係まで~」&講演会「厚岸、カモたちの四季」

 古くから人間の身近な存在として知られる「カモ」ですが、実は、カモたちはとても面白い習性や行動をすることが知られています。今回は、釧路周辺に棲むカモについて、餌・つがい・求愛など、カモにまつわる「事情」を紹介し、身近なカモからより自然への興味を持てるような展示を致します。
 スタンプラリーの開催、極地で繁殖したケワタガモ類の巣の羽毛やカモの剥製の尻尾に触れたりも出来ますので、そちらも合わせて楽しんでみて下さい。

企画展「カモにも事情がありまして…~餌から恋の三角関係まで~」

開催期間 平成29年11月11日(土)~1月21日(日) 9時30分~17時00分
会 場  釧路市立博物館1階マンモスホール(入場無料)

カモ展ページ http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/2017/kushiro-duck.html

また、12月3日に以下の通り、講演会も行いますのでご興味のある方はぜひご参加下さい。

タイトル:「厚岸、カモたちの四季」

厚岸湖を利用するオオハクチョウの過去15年前から現在までの個体数の推移や生息の様子を紹介します。また、厚岸町では一年を通じて約30種類ものカモたちが確認されています。かれらの繁殖行動や越冬状況などの生活について、四季を通して写真やドローン映像などの動画も交え紹介します。

日時:12月3日(日)13時30分~15時00分
会場:博物館講堂(申込不要・無料)
講師:渋谷 辰生氏(厚岸水鳥観察館 所属)

カモ展講演会ページ http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/gyouji/2017/kamokouen.html

コメント (0)

【イベントのお知らせ】2017年12月9日:網走市立郷土博物館『骨格標本づくり講座』

2017年12月9日網走市立郷土博物館『骨格標本づくり講座』

2017年12月9日網走市立郷土博物館『骨格標本づくり講座』

2017年12月9日(土)午前10時より、網走市立郷土博物館にて骨格標本づくり講座を開催します。
スライドによる骨格標本作製講座と、作製体験の2本立てです。
当日作製体験に用いるのは、ハシブトガラス、オオセグロカモメ、トビ、アオサギなど
鳥類の腕骨格です(完成品の持ち帰りはできません)。

詳しくは
網走市HP(http://www.city.abashiri.hokkaido.jp/270kyoiku/050kyoudo/010event/kokkakuhyouhon.html)

骨格標本に興味のある方、この機会にぜひご参加ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメント (0)

【額縁クイズ】Q87

さて、これは何でしょう?

さて、これは何でしょう?

わかった方は、コメントをどうぞ。

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク