RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【更新情報】130505

オホーツク圏初記録となるヒメコウテンシが記録されたため、『オホーツク圏鳥類目録』を更新(13年5月5日現在、自然分布355種;外来種4種)。あわせて、ダウンロード用チェックリストも更新。

Homeページのバナーを更新。

コメント (0)

【更新情報】130501

網走市在住のダグラス・ブラートさんのご厚意により設置されている当支部の英語版サイトがリニューアルされました。

基本的な内容はこれまで通りですが、今後随時、本家日本語版とは一風変わった様々なコンテンツが増えていく予定です。どうぞご期待下さい!!

これまでの英語版サイトをブックマークされていた方は、URLが変更になりましたので、以下の通り修正をよろしくお願い致します。

【日本野鳥の会オホーツク支部:英語版Webサイト】

http://www.okhotskbirds.com/

 

 

 

コメント (0)

【更新情報】130401

今年度もよろしくお願いします。

新年度スタートにあわせて、ホームページをいろいろ更新しました。

今年度の探鳥会などのイベント予定表もアップしました。これらのイベントスケジュールは7日の総会で正式決定しますので、変更になる可能性があります。もし変更が生じましたらすぐに修正し、ここでご報告します。多分このままだと思いますが、一応ご注意下さい。

「オホーツク鳥類目録」も昨年出た「日本鳥類目録改訂第7版」に準拠しました。新しい目録に沿って整理した結果、2013年4月1日現在、北海道オホーツク管内で確実な記録のある鳥類は352種(+外来種4種)となりました。もしリストにない種類をオホーツク管内で観察されたことがある方は、是非ご一報下さい。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

ホームページの各コンテンツについては表示などおかしなところがあるかも知れません。もし発見されましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。

日本野鳥の会オホーツク支部は会員募集中です!鳥や自然が好きな方ならばどなたでも会員になれます。応援のほど、是非よろしくお願い致します。

オンライン入会はこちらから

 

 

 

コメント (1)

【海岸調査のご案内】

当支部会員や全道各地の有志の方々のご協力を得て、毎年春に実施している「海岸調査」を、今年も行います。

私たちの身近な海岸に、どんな鳥がいて、どんなものが漂着しているのか。油などの汚染はないか。

真面目に見つつも、「何かお宝はないかな・・・」と、クジラの骨などを探しているワタクシたちがいます。

最初は取っつきにくいですが、やってみたら案外簡単。誰にでもできる、楽しい調査です。

興味のある方は、是非以下のページをご覧下さい。

とりまとめが大変遅くなりましたが、昨年の調査の報告書もアップしてあります。ページ下段の「北海道一斉海岸調査2012」というPDFファイルがそれです。ご自由にDLして下さい。

【日本野鳥の会オホーツク支部公式Webサイト:海岸調査2013】

 

 

コメント (0)

【更新情報】120229

「リンク集」内の、『猛禽類医学研究所』のWebサイトが全面リニューアルされ、URLが新しくなったため、修正しました。

オリジナルの「オオワシ手ぬぐい」など、グッズ販売もあります。皆さん是非ご覧下さい。

 

コメント (0)

【更新情報】120228

今年も「海岸調査」を実施します。期間は4月1~30日の一ヶ月間、調査エリアは北海道全域、どなたでもご参加頂けます。是非ご協力下さい。詳しくは、「海岸調査2012」をご覧下さい。

昨年の調査の報告書もアップしました。上の「海岸調査2012」ページから、最下部の「各種資料/リンク」をご覧頂き、【北海道一斉海岸調査2011】をダウンロードしてください。昨年ご参加頂いた皆さま、どうもありがとうございました。

Homeページのバナー画像を入れ替えました。

 

コメント (0)

【更新情報】120217

「リンク集」に、網走市の「流氷硝子館」を追加しました。流氷硝子館は、北海道網走市の網走川河口の岸壁に接しているガラス工房で、流氷観光砕氷船おーろらの発着地である道の駅「流氷街道網走」に隣接しています。この度、ライブカメラが設置されました。このライブカメラは可動式で、流氷観光砕氷船おーろらの出航・帰航の様子や季節によっては流氷が見える時もあります。オオワシやオジロワシなどが映っていることもあるそうです。硝子館は網走のランドマークである二ツ岩・帽子岩・能取岬が見える絶景ポイントでカフェも併設されています。オホーツク網走観光の際にはオススメの立ち寄りスポットです。ブログはこちら

コメント (0)

【更新情報】120208

【リンク】に、日本野鳥の会岡山県支部を追加しました。

 

コメント (0)

【更新情報】120104

皆様あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。私ども日本野鳥の会オホーツクはいつでも会員募集中です。日本全国どちらにお住まいのどなたでもご入会できますので、ご支援のほど、どうぞよろしくお願い致します。

さて、更新情報です。

Homeページの画像を冬バージョンに入れ替えました。キレンジャク、コミミズク、ヒメクビワカモメ、流氷原とカモの群れ(よく見るといます)です。いずれもオホーツク圏内で撮影したものです。「冬こそ、オホーツク」です。他地域の皆さん、冬のオホーツクへ是非いらしてください。

コケワタガモ(1月3日紋別港)の初確認を受けて、「オホーツク鳥類目録」のリストを更新しました。2012年1月4日現在、オホーツク圏内で記録された鳥類は353種となります。これらはいずれも写真などの客観的に判断できる資料があったり、論文等に記載されているなどの基準をクリアしているものです。「リストに記載されていないけれどもオホーツク圏(オホーツク総合振興局管内)のドコドコでナニナニを見たことがある!」という方は、管理人まで是非ご一報下さい。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

ほか、ちょこちょこと修正しています。

コメント (0)

【更新情報】111016

「日本野鳥の会静岡支部(日本野鳥の会静岡)」からURL変更のご連絡をいただき、「リンク集」を修正しました。

コメント (0)

【更新情報】110724

第9回オホーツク・バードソンの結果をアップしました。

「イベントのご案内」より、ご覧下さい。

バードソン関係の会計については後日ご報告させていただきますので、ご了承下さい。

コメント (0)

【更新情報】110527

この度、山階鳥研のNさんから、斜里町においてキマユホオジロ(Yellow-browed Bunting/Emberiza chrysophrys)の標識記録(以下の通り)があることをご連絡いただきました。

「2003年9月24日 斜里町ウトロ高原 キマユホオジロ性不明幼鳥(第一回冬羽)1羽、標識調査中に捕獲し標識後、放鳥」

このほかにオホーツク圏内ではキマユホオジロの記録はなく、これが初記録となります。「オホーツク鳥類目録」に追加し、あわせてダウンロード版リストも更新しました。これでオホーツク圏内で記録された鳥類は351種となりました。

情報をお寄せいただいたNさんにこの場を借りて御礼申し上げます。他にも目録未掲載種をオホーツク圏内で見たよ!写真撮ったよ!という方がおられましたらご一報下さいますよう、よろしくお願い致します。会員であるか否かは一切問いませんので、お気軽にどうぞ。

コメント (0)

【更新情報-一部修正-】110405

「イベントのご案内」の定例探鳥会予定表に以下の誤りがありました。

誤1:2011年1月 → 正1:2012年1月

誤2:3月19日 → 正2:3月18日

以上2点について修正しました。また、ダウンロード版のPDFも修正しました。お詫び致します。

ご指摘いただいたS.T.さん、ありがとうございました。

コメント (0)

【更新情報】110403

「イベントのご案内」に先日アップした探鳥会予定ですが、本日の総会で全ての予定が了承されましたので[暫定版]から晴れて[正式版]になりました。

当会モバイルサイトの探鳥会予定表も2011年度版に更新しました。

コメント (0)

【更新情報】110401

2011年3月27日に北見市内でナキイスカが確認されたことを受けて、「オホーツク圏鳥類目録」のリストを更新しました。2011年4月1日現在、オホーツク圏で確認された鳥類は350種となりました。ダウンロード版のリストも更新しましたので、ご自由に活用下さい。

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク