RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【イベント案内】シンポジウム「タンチョウ保護のこれから」

◆シンポジウム「タンチョウ保護のこれから」
◆日時:2018年1月21日(日)13:30~16:00(13:00開場)
◆会場:札幌国際ビル8階 国際ホール(地下鉄さっぽろ駅8番出口直結)
◆内容:かつて絶滅に瀕したタンチョウは、今や1,800羽まで回復し
    道央圏にも繁殖地を拡げつつあります。大きな転換点に立つ
    これからのタンチョウ保護について一緒に考えてみませんか?
 <基調講演>札幌周辺にタンチョウがいた頃の話
  久井貴世(北大大学院文学研究科 専門研究員)
 <話題提供>タンチョウとコウノトリの話
  柳生博(日本野鳥の会 会長)
 <パネルディスカッション>
  正富宏之(専修大学北海道短期大学名誉教授)
  黒沢信道(環境省タンチョウ保護増殖検討委員)
  小山内恵子(ネイチャー研究会inむかわ)
  加藤幸一(舞鶴遊水地にタンチョウを呼び戻す会)
  原田修(鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ)
 コーディネーター:小川巌(エコ・ネットワーク)      
◆主催:(公財)日本野鳥の会
◆参加費:無料(定員200名;先着順)
◆申込方法:1月14日(日)までに、電話かE-mailで
 参加される方全員の氏名をお知らせください。
◆申込・問合せ先:鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ
 http://park15.wakwak.com/~tancho/
 Tel 0154-64-2620 (火・水を除く9:00~17:00)
E-mail : tancho_sanc@wbsj.org

コメント (0)

【定例探鳥会報告】171203/能取岬

2017年12月3日能取岬探鳥会

2017年12月3日能取岬探鳥会

2017年12月3日能取岬探鳥会

2017年12月3日能取岬探鳥会

2017年12月3日能取岬探鳥会

2017年12月3日能取岬探鳥会

オジロワシ Haliaeetus albicilla

オジロワシ
Haliaeetus albicilla

シロエリオオハム Gavia pacifica

シロエリオオハム
Gavia pacifica

オオセグロカモメ Larus schistisagus

オオセグロカモメ
Larus schistisagus

シノリガモ Histrionicus histrionicus

シノリガモ
Histrionicus histrionicus

10:00~能取岬で探鳥会。
冷たい風がビュービューの中、鼻水たらしながら鳥を見る、日本一過酷な探鳥会という触れ込みで開催しているのですが、今日は天気が良く風も穏やか。参加者の方々からも「過酷だと思って着込んで来たけど、快適すぎるね~」とのお声がちらほらの能取岬らしくない探鳥会でした。
火曜サスペンスのテーマがよく似合う崖の上から沖を見ると、オオハムやシロエリオオハムが次々と移動していくのが見えました。いったい何羽いるのか、切れ目なく移動していきます。
手前にはシノリガモ、はるか沖にはウミスズメやケイマフリの姿も。
どれも黒&白で遠く、見せる方も難儀です。
すると参加者の方が崖にとまるイソヒヨドリを見つけてくださいました。青と赤、色彩がこれほど美しいとは。
崖っぷちでは一瞬、ワタリガラスが姿を見せてくれました。警戒心が強く、なかなか近寄らせてくれませんが、鳴いてくれればよく通るその声で存在がわかる鳥です。今年は多いのかな?ちょっと期待ですね。

【確認種】シノリガモ、アカエリカイツブリ、アビ、オオハム、シロエリオオハム、ヒメウ、ユリカモメ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、オオセグロカモメ、ハシブトウミガラス、ケイマフリ、ウミスズメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ワタリガラス、イソヒヨドリ(以上21種類)
【参加者】29名

※報告:げらぞうさん
※鳥の写真はY.O.さんご提供

コメント (0)

【イベントのお知らせ】釧路市立博物館企画展「カモにも事情がありまして…~餌から恋の三角関係まで~」&講演会「厚岸、カモたちの四季」

 古くから人間の身近な存在として知られる「カモ」ですが、実は、カモたちはとても面白い習性や行動をすることが知られています。今回は、釧路周辺に棲むカモについて、餌・つがい・求愛など、カモにまつわる「事情」を紹介し、身近なカモからより自然への興味を持てるような展示を致します。
 スタンプラリーの開催、極地で繁殖したケワタガモ類の巣の羽毛やカモの剥製の尻尾に触れたりも出来ますので、そちらも合わせて楽しんでみて下さい。

企画展「カモにも事情がありまして…~餌から恋の三角関係まで~」

開催期間 平成29年11月11日(土)~1月21日(日) 9時30分~17時00分
会 場  釧路市立博物館1階マンモスホール(入場無料)

カモ展ページ http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/2017/kushiro-duck.html

また、12月3日に以下の通り、講演会も行いますのでご興味のある方はぜひご参加下さい。

タイトル:「厚岸、カモたちの四季」

厚岸湖を利用するオオハクチョウの過去15年前から現在までの個体数の推移や生息の様子を紹介します。また、厚岸町では一年を通じて約30種類ものカモたちが確認されています。かれらの繁殖行動や越冬状況などの生活について、四季を通して写真やドローン映像などの動画も交え紹介します。

日時:12月3日(日)13時30分~15時00分
会場:博物館講堂(申込不要・無料)
講師:渋谷 辰生氏(厚岸水鳥観察館 所属)

カモ展講演会ページ http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/gyouji/2017/kamokouen.html

コメント (0)

【イベントのお知らせ】2017年12月9日:網走市立郷土博物館『骨格標本づくり講座』

2017年12月9日網走市立郷土博物館『骨格標本づくり講座』

2017年12月9日網走市立郷土博物館『骨格標本づくり講座』

2017年12月9日(土)午前10時より、網走市立郷土博物館にて骨格標本づくり講座を開催します。
スライドによる骨格標本作製講座と、作製体験の2本立てです。
当日作製体験に用いるのは、ハシブトガラス、オオセグロカモメ、トビ、アオサギなど
鳥類の腕骨格です(完成品の持ち帰りはできません)。

詳しくは
網走市HP(http://www.city.abashiri.hokkaido.jp/270kyoiku/050kyoudo/010event/kokkakuhyouhon.html)

骨格標本に興味のある方、この機会にぜひご参加ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメント (0)

【イベント紹介】11/23(祝)札幌市「みんなの学際バー:あなたの知らないカラスの世界」

2017年11月23日(木・祝)に、札幌のフクロウバーにおいて、「みんなの学際バー」というイベントが開催されます。
イベント情報ページ: http://mingaku-sapporo.netlify.com/

第1回のテーマとして、NPO法人札幌カラス研究会代表の中村さんをお招きして、カラスについてのお話をしていただく予定とのことです。

詳細・お問合せ等は上記イベント情報ページをご覧下さい。

コメント (0)

【定例探鳥会報告】171105/濤沸湖

スズガモ Aythya marila

スズガモ
Aythya marila

ダイサギ Ardea alba

ダイサギ
Ardea alba

マガモ Anas platyrhynchos

マガモ
Anas platyrhynchos

ヒシクイ Anser fabalis

ヒシクイ
Anser fabalis

ウミアイサ Mergus serrator

ウミアイサ
Mergus serrator

ホオジロガモ Bucephala clangula

ホオジロガモ
Bucephala clangula

ヒシクイ Anser fabalis

ヒシクイ
Anser fabalis

2017年11月5日
10:00~濤沸湖白鳥公園で探鳥会でした。
曇天模様で寒々しい中、防寒服に身を包み、湖岸を見ると、さっそくヒシクイの群れが飛んでいきました。
目の前にはオオハクチョウ、対岸にはオオワシ、オジロワシ、タンチョウ。早くも大物を見ることができました。
少し遠かったけど、チュウヒも飛んで行きました。チュウヒ、まだいたんですね。
再びヒシクイが飛び交い、対岸の草地に降りました。群れの中にはヒシクイより一回り小さいマガンが4羽。
ハシボソガラスが何かを追いかけて飛んできます。よく見るとハイタカが追われていました。ハイタカはカラスをかわしながら降下して、見えなくなりました。
寒かったため1時間半くらいで終了しましたが、短時間で色々と見られた探鳥会でした。

【確認種】ヒシクイ、マガン、オオハクチョウ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カワアイサ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、タンチョウ、ユリカモメ、カモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、チュウヒ、ハイタカ、アカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ツグミ、スズメ、シメ(以上34種類)※鳥合わせではウミアイサが抜けてました。すみません。

【参加者】30名(内訳:網走市12名、北見市6名、北見市常呂町1名、紋別市1名、小清水町4名、美幌町1名、津別町1名、置戸町1名、遠軽町生田原1名、滝上町1名、旭川市1名)

報告:げらぞうさん。写真はY.O.さんご提供。

コメント (0)

【イベント情報】鶴居村タンチョウシンポジウム(鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ開設30周年記念事業)

鶴居村タンチョウシンポジウム_チラシ_ページ_1_2480

鶴居村タンチョウシンポジウム_チラシ_ページ_2_2481

■鶴居村タンチョウシンポジウムのご案内■
(公財)日本野鳥の会鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ開設30周年の記念事業として鶴居村と共催で以下のシンポジウムを行います。

◆タイトル:タンチョウと共生する「鶴居モデル」を目指して
◆日時:2017年10月29日(日)13:30~17:00
◆場所:鶴居村総合センター 多目的ホール
 ○内容
 ・サンクチュアリ30年の活動報告
 ・基調講演1「人とトキが共生する島づくり」
 ・基調講演2「害鳥・雁の恩返し~雁を活かしたまちづくり~」
 ・パネルディスカッション 鶴居村のタンチョウ関係者と基調講演者がタンチョウと共生する「鶴居モデル」をどうつくるか意見交換します。
◆参加費:無料(事前のお申込みが必要です)
◆申込み:以下を明記の上、10/20(金)までに下記連絡先へ電話またはメールでお申し込みください。
 ①お名前(ふりがな)※参加される方全員
 ②懇親交流会(シンポジウム終了後17:30~19:30 会費無料)の出欠
 ③当日質問したいこと
◆お問い合わせ・申込み先:鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ
 電話:0154-64-2620  
 E-mail:tancho_sanc@wbsj.org
 (電話受付時間:火・水を除く9:00~17:00)
○特典:タンチョウサンクチュアリ30周年記念ブックレット「みんなでつないだタンチョウの環」(120p。頒価\500)を参加者全員にプレゼント
 ☆その他詳細は、添付のチラシpdfをご覧ください。

コメント (0)

【定例探鳥会報告】171001/中ノ島公園(北見市)

2017年10月1日中ノ島公園探鳥会

2017年10月1日中ノ島公園探鳥会

昭和5年に植えられたという「ブナ」 Fagus crenata Blume

昭和5年に植えられたという「ブナ」
Fagus crenata Blume

アカゲラ Dendrocopos major

アカゲラ
Dendrocopos major

トビ Milvus migrans

トビ
Milvus migrans

2017年10月1日
[中ノ島公園(北見市)]
9:00から、北見市中ノ島公園で探鳥会でした。
あいにく中ノ島公園内が工事中で車両通行止めだったため、急きょスケートリンクの駐車場を集合場所としました。
集合時間まで幹事が入り口で待機しておりましたが、もし合流できなかった方がいらっしゃいましたら大変申し訳ありませんでした…。集合場所に行っても誰もいない、なかなか場所がわからないなど、ご不明の点がありましたら、遠慮なく支部長の携帯(支部報に連絡先が掲載してあります)までご連絡くださいませ。
スケートリンクから中ノ島公園までは、冬の探鳥会でスノーシューをはいて歩いたコースですが、この季節に歩くとまたガラッと印象が違います。
まだ葉っぱが青々と茂っているブナの木を観察後、ゆっくり歩いて散策。アカゲラの♂2羽がケンカしていました。それをじっと見守る♀。同姓どうしは激しく争いますが、連れは傍観していることが多いような。強い方を選ぶ、鳥の世界はハッキリしております。
気持ちの良い秋晴れの中、楽しくお話しながらの散策でした。

【確認種】キジバト、トビ、オジロワシ、ヤマセミ、コゲラ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ゴジュウカラ、スズメ、ハクセキレイ、ホオジロ、アオジ(以上20種類)

【参加者】19名(内訳:北見市9名、網走市2名、美幌町2名、津別町1名、小清水町2名、遠軽町生田原1名、雄武町1名、足寄町1名)

報告:げらぞうさん・小清水町在住

コメント (0)

【女子探鳥会報告】170924/網走湖女満別湖畔

2017年9月24日網走湖女満別湖畔・女子探鳥会

2017年9月24日網走湖女満別湖畔・女子探鳥会

カルガモ Anas zonorhyncha

カルガモ
Anas zonorhyncha

ユリカモメ Larus ridibundus

ユリカモメ
Larus ridibundus

ヤマイグチ?

ヤマイグチ?

カラフトモモブトハバチ

カラフトモモブトハバチ

9:00~網走湖女満別湖畔にて女子探鳥会でした。
今回で早くも7回目を迎えます。日頃オホーツク支部の活動にご協力いただいている鳥好き女子の皆さま、ありがとうございます。
JR高架からは本郷方面へ飛んで行くヒシクイの群れが見られました。湖畔からは遠くにとまるオジロワシ、岸辺に憩うカワウ、湖上で餌を取るユリカモメやトビなど。カモメも1羽浮かんでいて、ユリカモメとの違いなどを確認しました。
その場にいる鳥だけではなくて、前にカメラで撮ったけれど「なんだろう?」な鳥を見せていただいたり、識別の違いなどを確認し合ったり。
ゆっくり湖畔を歩き、カルガモやマガモを見て、カワセミを探しつつ移動。今日は残念ながら鳥の出が悪かったのですが、キノコや幼虫などを観察しながらゆるゆる歩きました。
奥のキャンプ場に到着するとすぐに雨がパラついてきました。急ぎぎみに戻りましたが、降りが激しくなってきたため、途中のあずまやで休憩しながら鳥合わせをして、解散しました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

【確認種】ヒシクイ、マガモ、カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ユリカモメ、カモメ、トビ、オジロワシ、アカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、ムクドリ、ベニマシコ(以上19種類)

【参加者】14名(網走市7名、北見市1名、美幌町2名、滝上町1名、津別町1名、小清水町1名、別海町1名)

報告:げらぞうさん・小清水町在住

コメント (0)

【巣箱掃除】170923/道立オホーツク公園(てんとらんど)

2017年9月23日道立オホーツク公園巣箱掃除の様子

2017年9月23日道立オホーツク公園巣箱掃除の様子

ひょうたん巣箱

ひょうたん巣箱

門松再利用の竹製巣箱

門松再利用の竹製巣箱

2017年9月23日(土)8:30から巣箱掃除を行いました。参加者は14名でした。
合計25個の巣箱のうち、24個の巣箱を確認し、No.6の巣箱が見つかりませんでした。カラ類が利用したと思われる巣箱が6個、ヒメネズミが利用したと思われる巣箱が12個、スズメバチが利用したと思われる巣箱が1個ありました(重複あり)。No.40の巣箱では東京農業大学の学生さんより、シジュウカラが利用していたという情報がありました。
No.4と10の巣箱は破損により廃棄、No.31の巣箱は修理のため取り外されました。
また、Mさんより竹製巣箱が11個、Sさんのご協力によりヒョウタン製巣箱が5個寄贈され、新たに架けることができました。これらの巣箱には参加児童により番号と絵が描かれ、目にも楽しい巣箱となりました。
 
2017年9月、巣箱の設置状況は以下の通りです(計38個)。
広葉樹林(博物館前・新トレイル)……19個
カラマツ林……18個
フクロウ巣箱(素材ゾーン)……1個

報告:げらぞうさん

コメント (0)

【定例探鳥会報告】170903/濤沸湖

2017年9月3日濤沸湖探鳥会(兼ブロック総会エクスカーション)

2017年9月3日濤沸湖探鳥会(兼ブロック総会エクスカーション)

9:00~濤沸湖で探鳥会。
ブロック総会の皆さんも、ほとんどそのままご参加いただき、大所帯の探鳥会となりました。
クロツラヘラサギを期待して野鳥観察舎の2Fから見る人、シギチ中心に外で見る人、思い思いに鳥見を楽しみました。白鳥公園は広々していて大人数でも見やすいですね。
水際ではカワセミが飛んで行きました。
オグロシギやオバシギその他の混群が比較的近くで見られたため、違いをじっくりと観察。しているうちに飛ばれる(笑
そのうち、オジロワシが干潟に降りたり、ミサゴが飛んだり。今年はミサゴがよく見られますね。
楽しくお話しながら鳥を見ているうちに寒くなり、濤沸湖水鳥・湿地センターの中に場所を移しました。引き続き鳥を探す人、展示を見たり映像を観る人、さまざまに過ごしたあと、鳥合わせをして解散しました。

各支部幹事役員の皆さま、F先生、Tさん、そして会長始め本部の皆さま、遠いところお越しいただき、本当にありがとうございました!
そして素晴らしいチームワークで会議の運営を担当・お手伝いいただいたオホーツク支部の皆さま、幹事役員の皆さまに感謝です!お疲れさまでした!

【確認種】オカヨシガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、スズガモ、カワアイサ、ハジロカイツブリ、キジバト、アオバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オグロシギ、オオソリハシシギ、アオアシシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、オバシギ、コオバシギ、トウネン、ユリカモメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、ミサゴ(2羽)、トビ、オジロワシ(成鳥1羽)、チュウヒ(幼鳥1羽)、カワセミ、チゴハヤブサ、ハシボソガラス、ヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、オオジュリン(以上35種類)

【参加者】32名(内訳:網走市13名、北見市8名、小清水町2名、美幌町3名、津別町1名、置戸町1名、滝上町1名、東京都2名)、そのほかに日本野鳥の会北海道ブロック協議会総会関係者27名

※報告:げらぞうさん・小清水町在住

コメント (0)

【開催報告】2017年度北海道ブロック協議会総会(170902-03/網走市)

50名を超える参加者で会場は熱気に包まれました!

50名を超える参加者で会場は熱気に包まれました!

柳生博会長と遠藤孝一新理事長より一言ずつ頂戴しました。

柳生博会長と遠藤孝一新理事長より一言ずつ頂戴しました。

懇親会の〆をお願いした柳生会長のトークで盛り上がりました!

懇親会の〆をお願いした柳生会長のトークで盛り上がりました!

2017年9月2日13:30から、日本野鳥の会北海道ブロック協議会の2017年度総会を網走市の「網走観光ホテル」にて開催しました。全道の支部から支部長や事務局長などの方々を中心にご参加いただき(一般会員さんが少ないですよね・・・)、また財団本部からも柳生博会長と遠藤孝一新理事長をはじめ、12名の職員の方々にご参加いただきました。当支部からも役員をはじめ、会員が多数参加致しました。

北海道には現在15の支部があり、各地で地道な活動を続けておりますが、距離がありすぎて隣の支部との交流すらままならない状況ですから、一堂に会す機会はもう、年に一回の「総会」しかありません。
せっかくの機会ですから、永年北海道各地で道内の鳥について調査研究を続けてこられた方をお招きしてお話しをいただこうと、講演を企画しました。

講師としてお招きしたのは、帯広畜産大学名誉教授で日本鳥学会をはじめとした様々な団体の代表を歴任された藤巻裕蔵先生、そして「地方独立行政法人北海道立総合研究機構環境・地質研究本部環境科学研究センター自然環境部生態系保全グループ主査」というまことに寿限無寿限無な肩書きをお持ちの玉田克巳先生のお二人です。
藤巻先生には、『鳥観察の楽しみ』と題して、地道に観察データを積み重ね、それを解析することによって、これまで見えなかった様々な真実が見えてくるという調査研究の楽しみをわかりやすく解説していただききました。今後の鳥見を充実したものにするヒントをいただいたような気がします。
玉田先生は、支部報に掲載されている鳥情報や探鳥会データといった、各支部が保有している情報を網羅していくことで、分布の広がりが時系列的に見えてくるといった事柄について、シマアオジ・ワタリガラス・カササギの3種を例に挙げてご説明下さいました。こちらも最新の分布情報などもご披露いただきながら、とてもわかりやすく丁寧に解説していただき、なるほどなあ・・・と感嘆の溜息でありました。

講演後の休憩タイムには当支部会員のMさんご夫妻による手作りの草餅が配られ、脳に栄養を補給しました。

休憩後、オホーツク支部長の川崎よりあらためてのご挨拶と、30周年記念として製作・配布させていただいた野鳥の鳴き声CD「北海道野鳥物語」についてのご説明をさせていただきました。
続いて財団本部より、柳生博会長、そして今回が就任後初のブロック総会となる遠藤孝一新理事長にご挨拶いただき、議事をスタート致しました。
まず昨年のブロック幹事支部だった旭川支部の柳田支部長より収支決算報告をいただき、その後苫小牧支部より苫小牧市が進める「IR構想」についての懸念事項をご報告いただきました。
そして来年度のブロック担当幹事支部である道北支部の村山副支部長と、同支部会員でもあるサロベツエコネットワークの長谷部さんより、来年の総会案内と、シマアオジの保全に関する様々なご提案をいただきました。
それぞれの事案について、他支部や財団本部からもご意見等をいただき、諸課題について今後も注視していくこと、そしてブロックとしてできることがあれば適宜動いていくことを確認しました。シマアオジの保全については、来年度の道北支部によるブロック総会に向けて各支部でも何が出来るか議論を重ね、総会にて意見を集約して何かしらの方向性を決めたいとまとまりました。

支部からの話題提供のあとは、本部によるシマアオジやオオジシギの保全についての発表、『ゼロからわかるバードウォッチングBOOK』プレゼント事業についての案内、野鳥保護区の状況鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリの30周年記念事業についてのご報告など、たくさんの報告をいただきました。

予定時間を大幅にオーバーし、慌ただしく記念の集合写真を撮影したところで総会を〆させていただきました。

しばしの休憩後、18:30より、お楽しみの懇親会が始まりました。網走観光ホテル自慢の美味しい料理に舌鼓を打ちつつ、アルコールも入って50名を超える参加者の皆さま、舌好調でした。肩肘張らないオホーツクスタイルが受け入れられた瞬間でした。
懇親会の最後は柳生会長による柳生流の一本締めで見事に締まり、楽しい一時が終わりました。

・・・それもつかの間、隣の部屋ですぐさま二次会がスタートしました。
二次会はもう・・・・・・・・・書けません。。。

明けて9月3日。
ホテルでの朝食後、濤沸湖の水鳥・湿地センターに移動して、9時よりエクスカーション。まあ、探鳥会です。
台風15号による天候悪化で探鳥会が開催できるか危ぶまれましたが、皆さんの祈りが天に通じ、あっさり逸れてくれました。少々風は強めではありましたが、まったく問題なしでした。
ブロック総会にご参加いただいた皆さまのほかに、当支部の会員も加え、総勢60名近い大所帯となり、大きく二手に分かれての観察となりました。
センターの横にある水鳥観察舎からクロツラヘラサギを探しましたが白いのはダイサギ3羽のみ。残念でしたが、それでもオグロシギやオバシギ、コオバシギ、ソリハシシギなどいろいろなシギ類をはじめ、オジロワシ、チュウヒ、ミサゴなどの猛禽類も出て、それなりに「出るものは出た」探鳥会となりました。
体が冷えてきたところで水鳥・湿地センター内へと移動し、希望者の方にセンターが誇る素晴らしい映像をご覧いただき、2日間にわたるブロック総会一連の行事を滞りなく終了とさせていただきました。
※探鳥会報告は別にまたアップします。

今回、道内各地よりご参集いただいた各支部の皆さま、網走までお越しいただき、ありがとうございました。本当にお疲れ様でした。来年は豊富町でお会いしましょう(道北支部さん、よろしくお願いします)。
また、柳生会長、遠藤理事長はじめ、駆けつけてくださった本部の方々にも御礼申し上げます。ありがとうございました。
そして最後になりましたが、我がオホーツク支部の会員各位には、準備から片付けまで大勢お手伝いいただき、ただただ「感謝」の一言です。お陰様でオホーツク支部は活動が活発、雰囲気が良いなどとお褒めの言葉を頂戴することが多いのですが、それもすべて素晴らしい会員に恵まれているからこそです。会員こそが、当支部の財産であり、誇りです。
日本野鳥の会オホーツク支部は会員とともにあります。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年9月4日
管理人こと、日本野鳥の会オホーツク支部長・川崎康弘 記

コメント (0)

【定例探鳥会報告】170827/濤沸湖白鳥公園

2017年8月27日濤沸湖探鳥会の様子

2017年8月27日濤沸湖探鳥会の様子

チュウヒ Circus spilonotus

チュウヒ
Circus spilonotus

クロツラヘラサギ Platalea minor アオサギ Ardea cinerea

クロツラヘラサギ
Platalea minor
アオサギ
Ardea cinerea

キアシシギ Heteroscelus brevipes

キアシシギ
Heteroscelus brevipes

オバシギ Calidris tenuirostris キアシシギ Heteroscelus brevipes

オバシギ
Calidris tenuirostris
キアシシギ
Heteroscelus brevipes

トウネン Calidris ruficollis

トウネン
Calidris ruficollis

2017年8月27日
[濤沸湖白鳥公園]
よく晴れた探鳥会日和となりました。
少し早めに集合場所に到着されていた方によると、遠くにクロツラヘラサギが見えるとのこと。
開始前の挨拶もそこそこに、みんなで野鳥観察舎の2階へ上がり、窓ガラス越しに観察しました。
野鳥観察舎は窓がほとんど開かない構造となっているので、快適な野鳥観察ができるとは言えない状況です。とても良い位置にあるにもったいない・・・。
まあそれでもみんなで観察していたら、チュウヒの幼鳥が1羽現れました。今年巣立った幼鳥です。親離れをして分散している時期なので、どこで生まれたものかは不明ですが、しっかりと餌を探して飛び回っていました。無事に立派な成鳥になってくれればと願わずにはいられませんでした。
その後、キアシシギの群れや、その中に混じっていたオバシギやソリハシシギなどを観察していたら、タンチョウが2羽対岸に現れてくれたほか、オジロワシなどの定番も観察でき、1時間半ほど楽しんだところで鳥合わせをして解散としました。
まだ日差しには夏を感じさせる力強さがありましたが、風は爽やかな一日でした。
そろそろヒシクイも到着し、オホーツクは本格的な秋を迎えます。

【確認種】スズガモ、カワアイサ、キジバト、カワウ、アオサギ、クロツラヘラサギ1羽、タンチョウ成鳥2羽、トビ、オジロワシ、チュウヒ幼鳥1羽、コチドリ、チュウシャクシギ、アオアシシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、オバシギ、トウネン、ユリカモメ、オオセグロカモメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、以上27種

【参加者】29名(内訳:網走市11名、北見市4名、小清水町2名、美幌町3名、大空町東藻琴1名、津別町2名、遠軽町生田原1名、滝上町1名、旭川市1名、東京都2名、山口県1名)

※鳥の写真はY.O.さんご提供。

コメント (0)

【イベント情報】網走市立郷土博物館 夏の特別企画展 桂ヶ岡公園の自然展・エゾリスといく桂ヶ岡「ようこそ桂ヶ岡ネイチャーセンターへ」

チラシ(表)

チラシ(表)

チラシ(裏)

チラシ(裏)

エゾリスになる一般のお子さん

エゾリスになる一般のお子さん

網走市立郷土博物館より、特別企画展のご案内を頂きました。
興味のある方は、チラシを参考の上、是非おたずね下さい。
詳細については網走市立郷土博物館へお問合せ下さい。
よろしくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・

8月1日より郷土博物館にて夏の特別企画展
桂ヶ岡公園の自然展・エゾリスといく桂ヶ岡「ようこそ桂ヶ岡ネイチャーセンターへ」(タイトル長い!)を開催中です。昨日展示説明会も開催されたところですが、このたびようやく「完成した」と思える展示となりましたので、改めてご案内させていただきます。

展示は友の会会員が中心となって行った「桂ヶ岡の生きものマップ」の調査成果に基づくものです。
誰もが知っているスズメや、桂ヶ岡では割合ふつうに見ることができるエゾリスなどから、身近な自然について改めて見つめなおすきっかけとなるのを目的とするとともに、今の桂ヶ岡の状況についてお知らせするものです。市街地に近い緑地のフクロウやコウモリなど、意外と知らない桂ヶ岡のようすがご覧いただけるかと思います。
そのほか体験展示もけっこう盛りました(笑)なりきりエゾリス&モモンガ、クルミの重さ体験、樹洞体験のほか、極めつけは「オニグルミ・スライダー」!こちらはぜひ会場にてお確かめください!

・・・・・・・・・・・・・・
■網走市立郷土博物館
〒093-0041 網走市桂町1丁目1番3号
電話:0152-43-3090 FAX:0152-61-3020
http://www.city.abashiri.hokkaido.jp/270kyoiku/050kyoudo/

コメント (0)

【定例探鳥会報告】170730/能取湖卯原内

2017年7月30日能取湖卯原内探鳥会

2017年7月30日能取湖卯原内探鳥会

スズメ Passer montanus

スズメ
Passer montanus

9:00~能取湖卯原内で探鳥会。
卯原内のサンゴ草群落は、以前はシギチが集まるポイントで有名だったのですが、最近はあまり入らなくなりました。
しかしたま~にシギ類が入ることがあるので、希望を託して(?)探鳥会は継続して行っています。
まずは駐車場に集合し、久しぶりにお会いする方々とご挨拶。
オオワシモニュメントの上にとまるスズメが愛嬌をふりまいてくれます。
湖を飛ぶカワウや、上空を通過するオジロワシ若鳥、そして「チョーチョー」とアオアシシギの声が聞こえました。河口の方にいるようなのですが、あいにく通行止めで入れず、残念。
少し歩いて移動する途中で、スズメの巣立ち幼鳥を見ることができました。かわいい♪
シギチは思うように見られませんでしたが、遠くにタンチョウが出てきてくれました。
オジロワシとタンチョウ、オホーツク支部ではもう見慣れてしまった方も多いと思いますが、大型の鳥がふつうに見られるということは、じつはすごいことなのです。素晴らしい環境ですね。
参加者の方々と楽しくお話しながら駐車場に戻り、鳥合わせをして終了しました。

【確認種】マガモ、キジバト、ドバト、カワウ、アオサギ、タンチョウ、アオアシシギ、ユリカモメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ショウドウツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、シマセンニュウ、ノビタキ、ニュウナイスズメ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ(24種類)

【参加者】35名(内訳:網走市8名、北見市8名、紋別市2名、美幌町4名、津別町3名、小清水町3名、遠軽町2名、遠軽町生田原1名、雄武町1名、浜頓別町1名、釧路市阿寒町1名、東京都1名)

報告:げらぞうさん・小清水町在住

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク