RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【定例探鳥会報告】191103/濤沸湖白鳥公園

2019年11月3日濤沸湖白鳥公園探鳥会

2019年11月3日濤沸湖白鳥公園探鳥会

マガモ×カルガモ Anas platyrhynchos × A. zonorhyncha

マガモ×カルガモ
Anas platyrhynchos × A. zonorhyncha

オジロワシ Haliaeetus albicilla

オジロワシ
Haliaeetus albicilla

ハイイロチュウヒ Circus cyaneus ハシボソガラス Corvus corone

ハイイロチュウヒ
Circus cyaneus
ハシボソガラス
Corvus corone

ヒシクイ Anser fabalis

ヒシクイ
Anser fabalis

2019年11月3日
[濤沸湖白鳥公園]
風もなく気持ちの良い秋晴れの中で行うことができた濤沸湖での探鳥会。僅かですがハマシギとダイゼンが残っており、季節はシギチドリ類の時期からカモ類の時期となっています。天気が良いことが裏目となり、カモたちの姿を逆光で観察するような形となりましたが、それぞれのシルエットを見ながら種類を考える探鳥会もまたちょっと違って面白かったのではないでしょうかと、ポジティブに思っております。他には南への旅の途中で羽を休めるユリカモメやウミネコ、何度か上空を行き来していくヒシクイ(亜種ヒシクイ)など渡り鳥が賑わっていました。また、猛禽類の出も良くお馴染みのオジロワシが数羽で舞ったかと思えば、カラスたちに追われてハヤブサやハイイロチュウヒを観察することができました。最後はカルガモとマガモの交雑と思われる個体を皆さんでじっくり観察して終了となりました。探鳥会ではお馴染みの方々から遠方からお越しの方まで誠にありがとうございました。

【確認種】ヒシクイ、オオハクチョウ 、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ハジロカイツブリ、カワウ 、アオサギ 、タンチョウ、ダイゼン、ハマシギ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、オオセグロカモメ 、トビ、オジロワシ 、ハイイロチュウヒ、ハヤブサ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、スズメ、アトリ、カワラヒワ、ドバト、マガモ×カルガモ交雑と思われる個体1、計33種+交雑個体1

【参加者】24名

報告:一徹さん
写真はげらぞうさんとA.S.さんご提供

コメント (0)

【定例探鳥会報告】191020/金刀比羅さくら公園(北見市)

2019年10月20日金刀比羅さくら公園(北見市)

2019年10月20日金刀比羅さくら公園(北見市)

エノキタケ Flammulina velutipes (Curt.: Fr.) Sing.

エノキタケ
Flammulina velutipes (Curt.: Fr.) Sing.

オジロワシ Haliaeetus albicilla

オジロワシ
Haliaeetus albicilla

サルナシ(コクワ) Actinidia arguta (Sieb. et Zucc.) Planch. ex Miq.

サルナシ(コクワ)
Actinidia arguta
(Sieb. et Zucc.) Planch. ex Miq.

2019年10月20日
[金刀比羅さくら公園(北見市)]

北見市上常呂金刀比羅さくら公園での支部探鳥会は、はじめての企画。
野鳥の出具合が心配されましたが、集合場所の公園駐車場にハヤブサ、オジロワシが上空通過を確認。
ハシブトガラ・ヤマガラ・ シジュウカラ・ゴジュウカラの追っかけに会いながら、探鳥会をスタート。
歩道のコクワ、ドングリの実、沢渕の倒木にはユキノシタ(エノキダケ)。
モミジの紅葉と秋を感じながら、途中でキバシリ・メジロを確認、 鳴き声でウグイス・トラツグミなど確認。
最期にオジロワシ2羽が上空旋回するのを確認して、1時間程度の探鳥会を終了しました。

【確認種】
トビ、オジロワシ、コゲラ、アカゲラ、ヤマゲラ、ハヤブサ、カケス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ゴジュウカラ、キバシリ、トラツグミ、ツグミ、マヒワ、アオジ(以上20種類)
※鳥合わせでトビが抜けていましたので追加しました。

【参加者】27名

報告者・虎谷正博さん
※写真はげらぞうさんご提供

コメント (0)

【定例探鳥会報告】191006/斜里川河口

2019年10月6日斜里川河口探鳥会

2019年10月6日斜里川河口探鳥会

2019年10月6日10:00〜11:30
[斜里川河口]
 前日のやや荒れた天候から一変し、穏やかな日差しと秋らしい気温の中、斜里川河口部で探鳥会を行いました。
 河口部にはこの時期オホーツク沿岸部で見られるカモメ類が揃っていました。それぞれ羽を休めている個体、ホッチャレ(産卵を終えて力尽きたと思われるサケの死骸)をついばむ個体、水浴びをする個体などで賑わっていました。セグロカモメの群れの中には脚の黄色い個体(俗にタイミルセグロカモメと呼ばれる個体)やシロカモメとセグロカモメの交雑と思われる個体もいました。カモメの面白さを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。
 沖の方は目をやると、昨日の荒天の名残か、数羽のハイイロウミツバメが浜辺近くの波間を飛びながら探餌する姿が見られ、一同見慣れない海鳥に盛り上がっていました。
 渡ってくる鳥、渡り行く鳥を楽しむことができるこの時期ならではの探鳥会となりました。
今回は地元の学生さんや、遠くは関西からお越しの方もいて、各々良い交流ができたのではと思います。
 皆さんお疲れ様でした。

【確認種】オナガガモ5、コガモ6、シノリガモ1、ビロードキンクロ、クロガモ1、ドバト、アビ2、ハイイロウミツバメ4+、カワウ4+、ウミウ6+、アオサギ、ミツユビカモメ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ10+、ワシカモメ2+、シロカモメ65+、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トウゾクカモメ1、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、(ほか、タイミルセグロカモメ1、シロカモメ×セグロカモメ交雑と思われる個体1)以上、28種+交雑個体2

【参加者】24名

報告:一徹さん

コメント (0)

【タンチョウフォーラム】10月27日/鶴居村総合センター多目的ホール

タンチョウフォーラム

タンチョウフォーラム

タンチョウフォーラムのご案内
↑チラシダウンロード

鶴居村では、このたび「タンチョウフォーラムinつるい2019『タンチョウの未来・鶴居の未来』が下記及び別紙チラシの要領で開催されます。

本フォーラムは、昨年度からタンチョウと鶴居村の共生に向けて「鶴居村タンチョウと共生するむらづくり推進会議」で協議してきた事項のうち、”タンチョウとの共生に向けた将来像”と”給餌の今後のあり方”について、同会議の意見を提案し、参加するみなさんに賛否を問いながら意見交換をするものです。ぜひ多くのみなさまにご参加いただき、ご意見をお寄せください。お待ちしております。

日時:令和元年10月27日(日曜日) 9:30-12:00
場所:鶴居村総合センター多目的ホール
主催:鶴居村、鶴居村教育委員会
主管:鶴居村タンチョウと共生するむらづくり推進会議
参加費:無料
申込:準備の都合上、事前の申し込みをお願いいたします(当日参加も受け付けます)
その他:13:00-15:00で現地見学会を開催します(鶴居村役場発着のバスに乗車いただきます・定員25名)。原則としてタンチョウフォーラムに参加した方を対象とします。現地見学会については要事前申込とします。

問合せ・申込は
鶴居村教育委員会 音成(TEL 0154-64-2050/FAX 0154-64-2900/E-mail
kunihito_otonari@vill.tsurui.lg.jp)

コメント (0)

【定例探鳥会報告】190922/斜里町民公園

70492084_900964393623793_4549353115110866944_n_

70536269_900964450290454_6371523128224382976_n_

70591943_900964470290452_5227469425413718016_n_

70678396_900964420290457_7955381580929695744_n_

70818400_900964490290450_4436038460364554240_n_

71492269_900964520290447_8945950817781809152_n_

2019年9月22日
[斜里町民公園]
斜里町民公園(知床博物館前)にて探鳥会でした。
10:00集合のところ、支部HPで9:00集合とアップしてしまったため、集合場所で早めに待機。
まずは9:00から4名の参加者と付近を散策。
今年はミズナラが豊作で、たくさんのドングリが落ちていました。
時々現れるゴジュウカラを観察しながらゆっくり歩き、10:00前には再び集合場所に戻って二次会開始。
落ちている羽や落ち葉、木の実などを観察しながら歩いていると、上昇気流に乗ってトビやオオセグロカモメが飛び始めました。
散策路の奥ではオオアカゲラも出現。
Uさんの先導で知床博物館のワシ類ケージへの近道を通過。Uさん、ありがとうございました。
ケージの前ではオジロワシとオオワシを近くでじっくり観察しました。このワシたちはケガのため野生にかえすことができず、保護収容されてから20年以上は経っているとのこと。皆さんそんなに生きるんだー!と感心されていました。
その後、カラ類とメジロの混群が通過、最後にキビタキ♂がチラッと姿を見せてくれました。無事に渡ってまた来年、帰って来てほしいですね。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

【確認種】
オオセグロカモメ、トビ、コゲラ、オオアカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ゴジュウカラ、キバシリ、キビタキ、ハクセキレイ、カワラヒワ(以上17種類)

【参加者】31名

報告:げらぞうさん

コメント (0)

【道立オホーツク公園】190921/巣箱掃除&自然観察会

190921_1764

190921_1765

190921_1766

190921_1767

190921_1768

2019年9月21日
[道立オホーツク公園(てんとらんど)]
8:30から網走市内の道立オホーツク公園てんとらんどの森で巣箱掃除を行いました。参加者は9名でした。
集合している時に、マガン33羽の群れが高空を西方向へ飛翔していきました。
合計49個の巣箱のうち、41個の巣箱を確認し、7個の巣箱が見つかりませんでした。フクロウ用巣箱は時間の都合により確認しませんでした。カラ類が利用したと思われる巣箱が7個、ヒメネズミが利用したと思われる巣箱が26個(重複あり)、アカネズミ?が利用したと思われる巣箱が1個ありました。ひょうたんの巣箱のうち、ネズミが囓って新たに割れ目を作ったと思われるものや、ヒメネズミが次々と飛び出してきた巣箱もありました。No.36の巣箱は破損により廃棄しました。
今年もMさんより手作りの竹製の巣箱をたくさん寄贈いただき、新たに10個の巣箱を架けることができました。
2019年9月、巣箱の設置状況は以下の通りです(計53個)。
広葉樹林(博物館前・新トレイル)→29個
カラマツ林→23個
フクロウ用巣箱→1個

最後になりましたが、公園事務所の皆さまには作業のお手伝いから休憩時の飲み物・お菓子等のご用意まで、たいへんお世話になりました。ありがとうございました。
また来年以降も続けていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

コメント (0)

【9/22 斜里町民公園探鳥会】集合時間について

明日の斜里での探鳥会ですが、Webには集合時間を9:00としてアップしておりました。支部報その他では10:00となってます。管理人のミスです。ごめんなさい。
9時には担当が現地におりますので、長い時間楽しみたい方は9時から来てください。
あまり時間のない人は10時からでOKです。その時間には必ず集合場所に戻ってあらためてご挨拶することにします。
長くてもお昼前には解散しますが、早退等は自由ですのでお気軽にどうぞ。

コメント (0)

【写真展】「しまえながのきもち」出版記念写真展

しまえながのきもち出版記念写真展

しまえながのきもち出版記念写真展

8月23日に、北海道新聞社より「しまえながのきもち」という書籍が発売されました。
著者は釧路市阿寒町在住の山本光一さん(当支部会員)。
これを記念して、小清水ツーリストセンター(モンベルオホーツク小清水店)2Fギャラリーにて、写真展が開催されることとなりました。
期間は9月14日から11月17日までとなっております。
詳細については画像をクリックしてご確認ください。
お問い合わせは画像下にあります、(一社)小清水町観光協会までお願い致します。

コメント (0)

【鳥塾報告】190907/「亜種ヒシクイと希少ガン類の復元」

2019年9月7日:鳥塾「亜種ヒシクイと希少ガン類の復元」

2019年9月7日:鳥塾「亜種ヒシクイと希少ガン類の復元」

2019年9月7日14時から、濤沸湖水鳥湿地センターにおいて、当支部の森羅万象を学ぶイベント「鳥塾」を開催しました。
今回は雁の里親友の会事務局長の池内俊雄さんを講師としてお招きし、「亜種ヒシクイと希少ガン類の復元」と題した講演を行いました。
急な開催となったため十分に周知できなかった面は否めないものの、当日は管内はもとより旭川市や道北の中川町、根室市などからのご参加も含めて30名の参加者が集まりました。
亜種ヒシクイの繁殖地での様子など、なかなか見られない貴重なスライドをたくさん拝見しながら、亜種ヒシクイと亜種オオヒシクイの形態や生態の違いや、亜種ヒシクイの渡りのルートについて詳しく解説いただき、小清水町・斜里町・大空町・網走市など、オホーツク圏南部は亜種ヒシクイにとって非常に重要な中継地であること、近年の日本での主要な越冬地や越冬個体数については不明な点が多いことなどもわかりました。
ハクガンやシジュウカラガンの増殖事業については、繁殖地での作業の様子などをユーモアたっぷりにお話しいただき、とても楽しく拝聴しましたが、その一方で「一度減ったものを増やすことがどれほどたいへんか・・・」ということをあらためて考えさせられました。
なかなか当地では池内さんのような専門家の方のお話を聴く機会がないため、今回はたいへん良い刺激をいただきました。今後、亜種ヒシクイをはじめとしたガン類の調査についても、支部で体制を整え、取り組んでいければと思っております。
以上、簡単ですがご報告とさせていただきます。
また今後もこのような学びの機会を随時設けていきたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。

コメント (0)

【定例探鳥会報告】190901/能取湖卯原内

2019年9月1日9:00-
[能取湖卯原内探鳥会]
ここ数日不安定な天候となっている北海道ですが、探鳥会開催中はとても良い天気となりました。
卯原内のサンゴ草群落は例年よりも色づきが早く、良い感じの色具合となっていました。
まずは開始前にヒシクイ(亜種ヒシクイ)!!6羽の少群が卯原内川河口あたりから西へと飛んで行きました。今季初認ですね。
サンゴ草の中にシギなどの鳥の姿は見られなかったので、邪魔にならないように注意しつつ、オジロワシやユリカモメ、ハクセキレイなどを観察しながら漁港の方へ。
西側の干潟の近いところにオグロシギが2羽いて、全員でじっくりと観察できました。
ほかにはチュウサギやハジロカイツブリなども見られましたが、ちょっと遠かった・・・。
アオサギは安定の大群でした。
シギチドリの姿が少なかったのは残念でしたが、オグロシギが近くでじっくり観察できた点は良かったですね。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

【確認種】ヒシクイ6羽、マガモ、ハジロカイツブリ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、チュウサギ1羽、オグロシギ幼鳥2羽、キアシシギ2羽、ユリカモメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ成鳥1羽、アカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ヒヨドリ、コヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ

【参加者】32名

コメント (0)

【定例探鳥会報告】190825/濤沸湖

190825濤沸湖探鳥会

190825濤沸湖探鳥会

2019年8月25日9:00
[濤沸湖]
少し風がありましたが、すっきり爽やかな鳥見日和。
しかし期待していたシギチはほとんど見られず・・・。
見やすいアオサギやオジロワシを観察していると、遠くにチュウヒが出てきてくれました。探餌しながら少しずつ近づいてくるチュウヒを見ているうちに、「あら、ツバメ?」との声が。なんですと!?と探すとチゴハヤブサでした。
あっという間に遠ざかるチゴハヤブサを見送っていると、今度はハイタカが上空を通過。
何ですか、今日は猛禽日和? シギチがいないのはチゴハヤブサやハイタカがウロウロしているせいでしょうか。
そうこうしているうちに、やっとキアシシギが出てきてくれて、なんとかシギ類を確認。
水を飲みにきたアオバトや、一瞬カワセミも確認できました。
シギチはあまり見られず残念でしたが、子どもちゃん3名も参加してくれて、賑やかで楽しいひとときでした。

【確認種】
キジバト、アオバト、カワウ、アオサギ、キアシシギ、イソシギ、ユリカモメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、チュウヒ、ハイタカ、カワセミ、チゴハヤブサ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、ドバト(以上23種類)

【参加者】31名

報告:げらぞうさん

コメント (0)

【鳥塾】「亜種ヒシクイと希少ガン類の復元」【開催決定】

ハクガンやシジュウカラガンなど希少ガン類の復元事業をはじめ、ガン類保護のためにご活躍されている「雁の里親友の会」事務局の池内俊雄さんが来網されます。
この機会に是非にと無理をお願いし、池内さんにご講演いただけることとなりました。
日本に渡来する亜種ヒシクイとオオヒシクイ(網走周辺は亜種ヒシクイ)について、そしてハクガンやシジュウカラガンなどの希少ガン類の復元事業の経緯等について、貴重なお話しを聴くまたとないチャンスです。
オホーツク支部会員はもちろん、一般の方でも、ガン類について興味のある方は大歓迎です。
是非、お誘い合わせの上、ご参加下さい。
なお、夜は懇親会も予定しております。堅苦しさとは無縁の集まりですので、初めての方もどうぞ気兼ねなくお申込下さい。
詳細は以下の通りです。
お待ちしております!!

■鳥塾タイトル「亜種ヒシクイと希少ガン類の復元」

■講師 池内俊雄さん(雁の里親友の会事務局)

■会場
濤沸湖水鳥・湿地センター:レクチャールーム
(網走市字北浜203番3地先)

■日時
9月7日(土)
13:30 受付開始
14:00-16:00(講演)
16:00-16:45(ボランティア室で歓談など)
18:00~ 網走市内「つぼ八(南4条西2丁目6)」にて懇親会(希望者のみ)

■参加費
一人1000円※資料代込み
(懇親会は1人3500円)

■申し込み
鳥塾は申し込み不要
懇親会は9月4日までに要申し込み(以下、川崎まで)
webmaster@wbsj-okhotsk.org
携帯電話:090-3777-6986 
※SMS、LINE、Facebookメッセンジャー等でも可

コメント (0)

【釧路市立博物館】講演会「カラスと人間生活ーさまざまなかかわりを探る-」8月24日

釧路市立博物館企画展「あなたとカラスのおつきあい」

釧路市立博物館企画展「あなたとカラスのおつきあい」

釧路市立博物館では、企画展「あなたとカラスのおつきあい」を9月29日まで開催中です。内容は、カラスの暮らしぶり、人間がカラスと共に生活していくにはどうすれば良いのかなど。身近なカラスをテーマに、人と野生動物との共生について考える機会を設けます。

その関連行事として、カラスの講演会を行います。概要は以下の通りです。

演題:カラスと人間生活―さまざまなかかわりを探る―

講師:樋口広芳(東京大学名誉教授/慶應義塾大学訪問教授)

日時:8月24日(土)13時半~15時

場所:釧路市立博物館講堂

申込:不要(参加費無料)

内容:カラスは人間生活と深くかかわりつつ、さまざまな知能を生かして巧みにくらしています。この講演では、カラスと人間生活とのかかわりを広く見つめ、カラスが人間の作り出したものをいかに巧みに利用しながら生活を成り立たせ、また「豊かに」しているかについて考察します。

常に鳥類学の一線で活躍し続けている樋口先生によるカラスのお話は非常に興味深い内容になると思いますので、ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。

企画展HPはこちらから
https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/2019/crow.html

コメント (0)

【イベント情報】網走市立郷土博物館企画展「網走の化石展」

網走市立郷土博物館企画展「網走の化石展」

網走市立郷土博物館企画展「網走の化石展」

1987年、網走で発見された古代絶滅鳥類ホッカイドルニス アバシリエンシス(以下アバシリエンシス)、その全身復元骨格など、貴重な化石資料を公開します。
アバシリエンシスのなかまはプロトプテルム科に属する鳥類で、その形態などから北半球のペンギンとも呼ばれる海鳥です。
全国的にも発見例の少ない貴重なもので、北海道では網走が唯一の産出となっています。

あわせて網走の大地誕生を地質から紹介するほか、1300万年前の絶滅哺乳類デスモスチルスも公開。こちらも全身骨格は世界で2例の大変貴重な資料となっています。

この機会に、ぜひご覧ください。

コメント (0)

【定例探鳥会報告】190721/浮島湿原(滝上町)

2019年7月21日浮島湿原探鳥会(滝上町)

2019年7月21日浮島湿原探鳥会(滝上町)

浮島湿原

浮島湿原

ヒツジグサ Nymphaea tetragona

ヒツジグサ
Nymphaea tetragona

トキソウ Pogonia japonica

トキソウ
Pogonia japonica

2019年7月21日9:00~
[浮島湿原(滝上町)]
O副支部長ご夫妻含む渚滑川の会の方々にご案内いただき、トレッキング探鳥会を開催しました。
コマドリやミソサザイの爽やかなさえずりの中、30分ほど歩いて湿原に出ます。
美しい風景の中、のんびりと歩く。
点在する沼ではヒツジグサが咲き、所々でピンクのトキソウも楽しめました。
鳥はあまり見られませんでしたが、別世界のような風景にとっても癒されました。
Oさんご夫妻はじめ、渚滑川の会の皆さん、ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

【確認種】モズ、ウグイス、ノゴマ、ハリオアマツバメ、キジバト、ツツドリ、アカゲラ、オジロワシ、アオジ、ヒガラ、コガラ、イスカ、ウソ、コマドリ、ミソサザイ、ヤブサメ、マヒワ(以上17種類)

【参加者】26名

報告:げらぞうさん

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク