RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【新型コロナウイルス】3月22日探鳥会は中止です

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、以下のイベントについてはそれぞれ中止/延期となっております。
ご注意ください。

【中止】3月22日(日)13:00~ 濤沸湖探鳥会

【延期】4月5日(日)13:00~ 定期総会 ⇒ 5月10日(日)に延期(予定)

コメント (0)

【新型コロナウイルス】定期総会の日程について

先日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4月5日に予定していた総会の延期をお伝えしましたが、新たな定期総会の日程が次のようになりました。

■日時
2020年5月10日(日)13時~
■場所
濤沸湖水鳥・湿地センター(レクチャー室)

※詳細は支部報4月号にてご案内しますので、お待ちください。

現時点ではひとまず上記の日程で総会を行い、以降、順次活動を再開していくことで考えていますが、今後の状況次第では再延期もあり得るかと思います。
状況を見ながら適宜判断していきたいと思いますので、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い致します。

コメント (0)

【新型コロナウイルス】定期総会延期と探鳥会中止について

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。
諸般の状況を鑑み、まず、4月5日に予定していた定期総会については「延期」と致します。
加えて、4月中に実施される予定(定期総会で決定する予定でした)の探鳥会・早朝探鳥会等の支部主催イベントについては、すべて「中止」と致します。

来週19日には北海道の緊急事態宣言もひとまずの区切りとなり、政府および道より、今後の見通しについて何らかの発表があるとのことです。
総会の振り替え実施日や探鳥会の再開スケジュール等については、その政府/道の見解を踏まえて検討したいと考えております。

様々なご意見があろうかと思いますが、支部会員と運営側スタッフの健康と安全を最優先として、会員への周知の方法やタイミング等も勘案しながら、余裕を持ったスケジュールで総合的に判断をしていきます。
ご理解のほど、どうかよろしくお願い致します。

なお、厚生労働省によると、散歩等の「人との接触が少ない活動」は感染のリスクが低いとされています。
たいへんな状況がまだしばらく続くと思われますが、近所の公園へバードウォッチングへ出掛ける等の活動は過度に自粛する必要はないと考えております。
雪解けも進んで鳥たちのさえずりも賑やかになってきました。
鳥たちに癒やされ、適度に気分転換をしながらこの事態を乗り切りましょう。

【参考:厚生労働省HP 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の見解」】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00011.html

以上
日本野鳥の会オホーツク支部
支部長 川崎康弘

コメント (0)

【定例探鳥会報告】200216/北見市中ノ島公園

2020年2月16日 10:00~11:30

北見市内恒例の「冬の探鳥会」は中ノ島公園でした。
2月中旬は一番寒さ厳しい季節です。でも今日の探鳥会はそれほど寒さは感じられません。
総勢20名の方が参加され、北見市スケートリンク駐車場からスノーシューを履いて出発です。
無加川の流れに沿って歩き、鳥の声を確認し姿を確認するのですが、さっぱり鳥が出てきません。
無加川の流れにマガモがいつも泳いでいるのですが、今日はいません。
常呂川に架かる吊り橋まで来ました。でもこの吊り橋、通行止めされて入ることができません。
本来であれば吊り橋の上からカモ類の水鳥が多く見られるのですが、行くことができず観察することはできません。
川の岸辺にてミソサザイ、カワガラス、ツグミを観察することができました。
公園内の樹木ではカラ類を観察。帰りは常呂川沿いを上流に向かって歩き駐車場に戻りました。

【確認種】ヒヨドリ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ツグミ、ミソサザイ、ヤマガラ、オジロワシ、ヤマセミ、アカゲラ、カワガラス、ウソ、コゲラ、スズメ、以上16種

【参加者】20名

報告:花田行博さん

コメント (0)

【新型コロナウイルス】探鳥会中止のお知らせ

新型コロナウイルスの流行について、全国各地で感染経路が不明で市中感染の疑いがある事例が報告され始めており、道内でも同様の感染例が公表されるに至りました。現時点では収束の兆しがまったく見えず、問題の長期化が予想されます。
報道等によると、新型コロナウイルスは特にご高齢の方や持病をお持ちの方で悪化する事例が多く報告されております。
探鳥会等、当支部が主催するイベントについては、動員規模こそ小さいものの、前述の条件に含まれる方の参加が少なからずあり、実施にあたっては私ども主催者側にも十分な感染予防措置が求められることは言うまでもありません。
しかしながら、現実にはウイルスの拡散防止に効果的とされる、マスクや消毒剤等が十分に確保できない状況が続いており、今後もこのような局面がしばらく続くと思われます。

このような状況を鑑み、当支部ではイベント等の実施の可否について検討を行った結果、ひとまず3月いっぱいは予定されているイベント等をすべて中止させて頂くことに致しました。この期間中に該当するのは、3月22日(日)に予定されている濤沸湖での探鳥会1件(および役員会1件)となります。
参加を予定されていた方にはたいへん申し訳ありませんが、参加者の感染予防・安全確保を最優先に考えた末の結論であることをご理解頂きたく、何卒お願い申し上げます。

なお、4月以降のイベントについては、毎年度初め(今年は4月5日予定)に開催される定期総会において、その年度のイベント予定を決めることになっております。現時点では、4月5日の定期総会については予定どおりの開催を考えておりますが、今後の推移によっては延期等の措置をとらせて頂く可能性もありますので、あわせてご了承ください。もし延期等を行うことになれば、支部報や支部ホームページ(当ブログ含む)等でご案内させて頂きますので、よろしくお願い致します。

新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザも流行しているようですので、会員の皆さまにおかれましては、どうぞ可能な限りの感染症対策をおとりになり、まずはご自身とご家族の健康にご留意頂ければと思います。
また皆さまと探鳥会等でお会いできることを楽しみにしております。どうぞお元気でお過ごし下さい。

以上
日本野鳥の会オホーツク支部
支部長 川崎康弘

コメント (0)

【定例探鳥会報告】200112/網走港(道の駅裏)

2020年1月12日網走港探鳥会

2020年1月12日網走港探鳥会

シノリガモ Histrionicus histrionicus

シノリガモ
Histrionicus histrionicus

ツグミ Turdus naumanni

ツグミ
Turdus naumanni

スズガモ Aythya marila

スズガモ
Aythya marila

オジロワシ Haliaeetus albicilla

オジロワシ
Haliaeetus albicilla

オオワシ Haliaeetus pelagicus

オオワシ
Haliaeetus pelagicus

2020年1月12日10:00-11:00
[網走港(道の駅裏)]

道の駅に集合し、すぐ裏の網走川河口部の鳥を観察しました。
対岸にはじっとして動かないオオワシ、遠くの海上には波間にアビ。
手前の川にはスズガモ、ホオジロガモ、シノリガモ、マガモ。
ツグミの群れも飛んできて、思ったより見られました。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

【確認種】マガモ、スズガモ、シノリガモ、クロガモ、ホオジロガモ、ウミアイサ、アビ、ヒメウ、カモメ、オオセグロカモメ、ウミガラス、ウミスズメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ツグミ、スズメ、シメ(以上21種類)

【参加者】36名

※鳥の写真は、A.S.さんご提供。

コメント (0)

【定例探鳥会報告】191208/能取岬

2019年12月8日 能取岬探鳥会

2019年12月8日
能取岬探鳥会

2019年12月8日
[網走市能取岬]
10時から、網走市の能取岬にて「日本一過酷な探鳥会(当支部調べ)」でした。
ここ数年はポカポカ陽気で拍子抜けのことが多かったですが、今年は久々に能取岬らしい感じでした。
晴れているけど風が強すぎる!スコープがブレてなんも見えん!
海上保安庁のデータでは、10:25時点で風速16mとなっていました。気温は-5℃だったので、体感気温は-20℃以下・・・。続々と脱落者(ギブアップして車に戻る人)が出る中がんばりましたが、30分が限界でした・・・。
参加者の皆さん、寒い中大変お疲れ様でした。
解散後、マチに戻ったら風はさほどでもなく・・・。やっぱり岬は格が違いますね!!

【確認種】シノリガモ、ヒメウ、オオセグロカモメ、オジロワシ、オオワシ、ヒバリ、以上6種

【参加者】30名

コメント (0)

【報告】2019年度 日本野鳥の会連携団体全国総会

DSC04959 - コピー_

DSC04961 - コピー_

DSC04963 - コピー_

DSC04965 - コピー_

2019年度 日本野鳥の会連携団体全国総会へ参加して

 昨年に引き続き千葉県幕張にて開催された表題の総会へ参加してきました。今年も本部と全国各支部から100人超の参加者があり、活発な議論と情報交換、交流等が行われました。
本部からは全国鳥類繁殖分布調査への協力のお願い、風力発電施設と野鳥との軋轢に関する内容、探鳥会におけるリスクマネジメント等について話題提供、提案等がありました。各支部からは最近は特に関心の高い風力発電施設、メガソーラー事業計画に関する懸念事項や現況の説明、茨木県支部からはハス田防鳥網対応への請願の署名協力に対するお礼、その他各ブロック総会の報告等が発表されました。
 本年度も2日目の朝には安西理事による早朝探鳥会が開催されました。今年は各地区ブロック対抗となり、鳥の種数ではなく、鳥の「行動や姿」をどれだけ確認できたかを競い合う「何してるウォッチング」を行いました。鳥の種類がわからない方でも参加でき、1羽の鳥がどんな行動をしていて、次はどんな行動が起こるかをまじまじと観察することは、バードウォッチングに慣れ親しんでくるとついつい忘れてしまうことだと再認識する機会となりました。是非普段の探鳥会にも取り入れて、鳥の行動生態に焦点を当ててみるのも面白いかもしれないと思いました。
 前述のとおり、今年も探鳥会を行う際に気を付けておくべき「リスクマネジメント」についてのお話がありました。上を見ていると、足元が滑ってしまったり、足元を気にしていると、木の枝に頭をぶつけたり…。何より自分の身の安全は自分で守ることを大切にして、それぞれが楽しく探鳥会ができるよう努めたいところですね。オホーツク地方は日に日に寒さが厳しくなってまいりますが、天候と体調、生活習慣に気を付けて、日々の野鳥観察を楽しみましょう。

文責:一徹さん

コメント (0)

【定例探鳥会報告】191103/濤沸湖白鳥公園

2019年11月3日濤沸湖白鳥公園探鳥会

2019年11月3日濤沸湖白鳥公園探鳥会

マガモ×カルガモ Anas platyrhynchos × A. zonorhyncha

マガモ×カルガモ
Anas platyrhynchos × A. zonorhyncha

オジロワシ Haliaeetus albicilla

オジロワシ
Haliaeetus albicilla

ハイイロチュウヒ Circus cyaneus ハシボソガラス Corvus corone

ハイイロチュウヒ
Circus cyaneus
ハシボソガラス
Corvus corone

ヒシクイ Anser fabalis

ヒシクイ
Anser fabalis

2019年11月3日
[濤沸湖白鳥公園]
風もなく気持ちの良い秋晴れの中で行うことができた濤沸湖での探鳥会。僅かですがハマシギとダイゼンが残っており、季節はシギチドリ類の時期からカモ類の時期となっています。天気が良いことが裏目となり、カモたちの姿を逆光で観察するような形となりましたが、それぞれのシルエットを見ながら種類を考える探鳥会もまたちょっと違って面白かったのではないでしょうかと、ポジティブに思っております。他には南への旅の途中で羽を休めるユリカモメやウミネコ、何度か上空を行き来していくヒシクイ(亜種ヒシクイ)など渡り鳥が賑わっていました。また、猛禽類の出も良くお馴染みのオジロワシが数羽で舞ったかと思えば、カラスたちに追われてハヤブサやハイイロチュウヒを観察することができました。最後はカルガモとマガモの交雑と思われる個体を皆さんでじっくり観察して終了となりました。探鳥会ではお馴染みの方々から遠方からお越しの方まで誠にありがとうございました。

【確認種】ヒシクイ、オオハクチョウ 、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ハジロカイツブリ、カワウ 、アオサギ 、タンチョウ、ダイゼン、ハマシギ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、オオセグロカモメ 、トビ、オジロワシ 、ハイイロチュウヒ、ハヤブサ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、スズメ、アトリ、カワラヒワ、ドバト、マガモ×カルガモ交雑と思われる個体1、計33種+交雑個体1

【参加者】24名

報告:一徹さん
写真はげらぞうさんとA.S.さんご提供

コメント (0)

【定例探鳥会報告】191020/金刀比羅さくら公園(北見市)

2019年10月20日金刀比羅さくら公園(北見市)

2019年10月20日金刀比羅さくら公園(北見市)

エノキタケ Flammulina velutipes (Curt.: Fr.) Sing.

エノキタケ
Flammulina velutipes (Curt.: Fr.) Sing.

オジロワシ Haliaeetus albicilla

オジロワシ
Haliaeetus albicilla

サルナシ(コクワ) Actinidia arguta (Sieb. et Zucc.) Planch. ex Miq.

サルナシ(コクワ)
Actinidia arguta
(Sieb. et Zucc.) Planch. ex Miq.

2019年10月20日
[金刀比羅さくら公園(北見市)]

北見市上常呂金刀比羅さくら公園での支部探鳥会は、はじめての企画。
野鳥の出具合が心配されましたが、集合場所の公園駐車場にハヤブサ、オジロワシが上空通過を確認。
ハシブトガラ・ヤマガラ・ シジュウカラ・ゴジュウカラの追っかけに会いながら、探鳥会をスタート。
歩道のコクワ、ドングリの実、沢渕の倒木にはユキノシタ(エノキダケ)。
モミジの紅葉と秋を感じながら、途中でキバシリ・メジロを確認、 鳴き声でウグイス・トラツグミなど確認。
最期にオジロワシ2羽が上空旋回するのを確認して、1時間程度の探鳥会を終了しました。

【確認種】
トビ、オジロワシ、コゲラ、アカゲラ、ヤマゲラ、ハヤブサ、カケス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ゴジュウカラ、キバシリ、トラツグミ、ツグミ、マヒワ、アオジ(以上20種類)
※鳥合わせでトビが抜けていましたので追加しました。

【参加者】27名

報告者・虎谷正博さん
※写真はげらぞうさんご提供

コメント (0)

【定例探鳥会報告】191006/斜里川河口

2019年10月6日斜里川河口探鳥会

2019年10月6日斜里川河口探鳥会

2019年10月6日10:00〜11:30
[斜里川河口]
 前日のやや荒れた天候から一変し、穏やかな日差しと秋らしい気温の中、斜里川河口部で探鳥会を行いました。
 河口部にはこの時期オホーツク沿岸部で見られるカモメ類が揃っていました。それぞれ羽を休めている個体、ホッチャレ(産卵を終えて力尽きたと思われるサケの死骸)をついばむ個体、水浴びをする個体などで賑わっていました。セグロカモメの群れの中には脚の黄色い個体(俗にタイミルセグロカモメと呼ばれる個体)やシロカモメとセグロカモメの交雑と思われる個体もいました。カモメの面白さを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。
 沖の方は目をやると、昨日の荒天の名残か、数羽のハイイロウミツバメが浜辺近くの波間を飛びながら探餌する姿が見られ、一同見慣れない海鳥に盛り上がっていました。
 渡ってくる鳥、渡り行く鳥を楽しむことができるこの時期ならではの探鳥会となりました。
今回は地元の学生さんや、遠くは関西からお越しの方もいて、各々良い交流ができたのではと思います。
 皆さんお疲れ様でした。

【確認種】オナガガモ5、コガモ6、シノリガモ1、ビロードキンクロ、クロガモ1、ドバト、アビ2、ハイイロウミツバメ4+、カワウ4+、ウミウ6+、アオサギ、ミツユビカモメ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ10+、ワシカモメ2+、シロカモメ65+、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トウゾクカモメ1、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、(ほか、タイミルセグロカモメ1、シロカモメ×セグロカモメ交雑と思われる個体1)以上、28種+交雑個体2

【参加者】24名

報告:一徹さん

コメント (0)

【タンチョウフォーラム】10月27日/鶴居村総合センター多目的ホール

タンチョウフォーラム

タンチョウフォーラム

タンチョウフォーラムのご案内
↑チラシダウンロード

鶴居村では、このたび「タンチョウフォーラムinつるい2019『タンチョウの未来・鶴居の未来』が下記及び別紙チラシの要領で開催されます。

本フォーラムは、昨年度からタンチョウと鶴居村の共生に向けて「鶴居村タンチョウと共生するむらづくり推進会議」で協議してきた事項のうち、”タンチョウとの共生に向けた将来像”と”給餌の今後のあり方”について、同会議の意見を提案し、参加するみなさんに賛否を問いながら意見交換をするものです。ぜひ多くのみなさまにご参加いただき、ご意見をお寄せください。お待ちしております。

日時:令和元年10月27日(日曜日) 9:30-12:00
場所:鶴居村総合センター多目的ホール
主催:鶴居村、鶴居村教育委員会
主管:鶴居村タンチョウと共生するむらづくり推進会議
参加費:無料
申込:準備の都合上、事前の申し込みをお願いいたします(当日参加も受け付けます)
その他:13:00-15:00で現地見学会を開催します(鶴居村役場発着のバスに乗車いただきます・定員25名)。原則としてタンチョウフォーラムに参加した方を対象とします。現地見学会については要事前申込とします。

問合せ・申込は
鶴居村教育委員会 音成(TEL 0154-64-2050/FAX 0154-64-2900/E-mail
kunihito_otonari@vill.tsurui.lg.jp)

コメント (0)

【定例探鳥会報告】190922/斜里町民公園

70492084_900964393623793_4549353115110866944_n_

70536269_900964450290454_6371523128224382976_n_

70591943_900964470290452_5227469425413718016_n_

70678396_900964420290457_7955381580929695744_n_

70818400_900964490290450_4436038460364554240_n_

71492269_900964520290447_8945950817781809152_n_

2019年9月22日
[斜里町民公園]
斜里町民公園(知床博物館前)にて探鳥会でした。
10:00集合のところ、支部HPで9:00集合とアップしてしまったため、集合場所で早めに待機。
まずは9:00から4名の参加者と付近を散策。
今年はミズナラが豊作で、たくさんのドングリが落ちていました。
時々現れるゴジュウカラを観察しながらゆっくり歩き、10:00前には再び集合場所に戻って二次会開始。
落ちている羽や落ち葉、木の実などを観察しながら歩いていると、上昇気流に乗ってトビやオオセグロカモメが飛び始めました。
散策路の奥ではオオアカゲラも出現。
Uさんの先導で知床博物館のワシ類ケージへの近道を通過。Uさん、ありがとうございました。
ケージの前ではオジロワシとオオワシを近くでじっくり観察しました。このワシたちはケガのため野生にかえすことができず、保護収容されてから20年以上は経っているとのこと。皆さんそんなに生きるんだー!と感心されていました。
その後、カラ類とメジロの混群が通過、最後にキビタキ♂がチラッと姿を見せてくれました。無事に渡ってまた来年、帰って来てほしいですね。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

【確認種】
オオセグロカモメ、トビ、コゲラ、オオアカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ゴジュウカラ、キバシリ、キビタキ、ハクセキレイ、カワラヒワ(以上17種類)

【参加者】31名

報告:げらぞうさん

コメント (0)

【道立オホーツク公園】190921/巣箱掃除&自然観察会

190921_1764

190921_1765

190921_1766

190921_1767

190921_1768

2019年9月21日
[道立オホーツク公園(てんとらんど)]
8:30から網走市内の道立オホーツク公園てんとらんどの森で巣箱掃除を行いました。参加者は9名でした。
集合している時に、マガン33羽の群れが高空を西方向へ飛翔していきました。
合計49個の巣箱のうち、41個の巣箱を確認し、7個の巣箱が見つかりませんでした。フクロウ用巣箱は時間の都合により確認しませんでした。カラ類が利用したと思われる巣箱が7個、ヒメネズミが利用したと思われる巣箱が26個(重複あり)、アカネズミ?が利用したと思われる巣箱が1個ありました。ひょうたんの巣箱のうち、ネズミが囓って新たに割れ目を作ったと思われるものや、ヒメネズミが次々と飛び出してきた巣箱もありました。No.36の巣箱は破損により廃棄しました。
今年もMさんより手作りの竹製の巣箱をたくさん寄贈いただき、新たに10個の巣箱を架けることができました。
2019年9月、巣箱の設置状況は以下の通りです(計53個)。
広葉樹林(博物館前・新トレイル)→29個
カラマツ林→23個
フクロウ用巣箱→1個

最後になりましたが、公園事務所の皆さまには作業のお手伝いから休憩時の飲み物・お菓子等のご用意まで、たいへんお世話になりました。ありがとうございました。
また来年以降も続けていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

コメント (0)

【9/22 斜里町民公園探鳥会】集合時間について

明日の斜里での探鳥会ですが、Webには集合時間を9:00としてアップしておりました。支部報その他では10:00となってます。管理人のミスです。ごめんなさい。
9時には担当が現地におりますので、長い時間楽しみたい方は9時から来てください。
あまり時間のない人は10時からでOKです。その時間には必ず集合場所に戻ってあらためてご挨拶することにします。
長くてもお昼前には解散しますが、早退等は自由ですのでお気軽にどうぞ。

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク