RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【COVID-19】書面総会の実施と今後の探鳥会等について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の全国的な感染拡大はある程度の落ち着きを見せ、様々な自粛規制の解除も行われておりますが、その一方で北海道内ではいまだ感染者がゼロとはならず、自粛解除後のクラスターの発生なども報告されております。幸いオホーツク管内ではここしばらく感染事例の発表はありませんが、人の動きが活発化している以上、いつ・どこでクラスターが発生するかわからず、油断は禁物です。
また、マスク着用時の熱中症の危険性なども指摘されており、屋外のイベントについても実施の可否や実施する場合の対策について、熟慮が求められる状況です。

このような状況を鑑み、当支部では以下の対応をとらせていただきます。

◆書面総会の実施
当初の予定を大幅に延期し7月5日(日)に予定していた支部の総会ですが、これを中止とします。
代わって、「書面総会」を実施します。
会員の皆さまには7月1日発行予定の支部報7月号とあわせて「議案書」をお送りしますので、議決書をFAX・メール・郵送等でご提出下さい。
詳しくは近々お手元に届く支部報7月号並びに議案書(および議決書)をご覧下さい。

◆探鳥会の再開は10月以降とします
当初は7月頃には再開できるのでは・・・と考えておりましたが、マスク着用時には熱中症のリスクが高まることが指摘されるなど、主催者としては感染症対策だけに限らず、難しい対応が求められる状況となってきました。このため、9月いっぱいまで探鳥会を含む支部主催のすべてのイベントの休止を継続して10月以降の再開を目指すこととし、この間に役員会においてコロナ時代の探鳥会のあり方について熟考を重ねます。
再開にあたっては政府による「新しい生活様式」や道の「新北海道スタイル」、また各地の取り組み事例などを参考にし、オホーツク支部なりの「新しい探鳥会スタイル」を考え、会員の皆さまにお示し、ご理解とご協力を仰ぎたいと考えておりますので、よろしくお願い致します。

イベントは休止としますが、バードウォッチングそのものの自粛を促すものではありません。
十分な感染症対策のもと、個人やお仲間(あまり多人数はお勧めできませんが)での活動を楽しんでいただければと思います。
以下を参考になさってください。

【北海道「新北海道スタイル】
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kks/newhokkaidostyle.htm

04pictogram_01

11pictogram_01

12pictogram_01

14pictogram_01

18pictogram_01

コメント (0)

【COVID-19】支部報5月号はお休みします

政府の緊急事態宣言が全国へと拡大になり、外出自粛が強く求められる状況となりました。
COVID-19の感染拡大防止とスタッフの安全も鑑み、当支部では支部報5月号の発行をお休みさせていただくこととしました。今のところ6月号からの再開を予定しておりますが、今後の状況次第ではさらに休止期間を延長することもありますので、ご了承ください。
なお、すでにご案内のとおり、5月10日に予定していた定期総会は7月5日へ延期とし、探鳥会等の主催イベントも総会完了までは行いませんので、ご了承ください。

緊急事態宣言の解除までは遠出をせず、ご近所の公園などでの「お散歩鳥見」程度に留めましょう(ただし、野外であっても人が大勢いるところは避けましょう)。また、お一人からご夫婦・ご家族間での活動に留め、仲間を募ったりしないよう心がけてください。フィールドで出会った方との挨拶や情報交換などの際も、常に「2mの間隔」を意識しましょう。
たとえ緊急事態宣言が解除されても、ワクチンが広まるまではある程度の行動制限は続くと思われます。意識を変えることが求められています。支部としてもしっかりと対応していきます。

先行きが見通せず、様々な不安やストレスを抱えている方が多いかと思いますが、辛いときには窓を開けたり、屋外へ出て、深呼吸をしましょう。小鳥たちのさえずりが聴こえてくるはずです。アオジやノビタキも無事に戻って来始めました。オオジシギもディスプレイを始めています。鳥たちは、今を一生懸命に生きています。私たちも、今できることをしっかりとやって、前を向いていきましょう。この状況は、いつまでも続くものではありません。必ず改善します。今を生き抜きましょう。

コメント (0)

【COVID-19】6月末まで活動休止します

(公財)日本野鳥の会(本部)では、政府の緊急事態宣言を受け、同宣言が解除されるまで事務所を閉鎖することとなりました。
https://www.wbsj.org/info/info_covid-19.html
また、各地域で活動する連携団体(支部)にも、6月末までのイベントの延期または中止を検討するよう連絡がありました。
これを受けて、当支部では5月10日(日)に延期して実施する予定だった定期総会を、7月5日(日)に再延期することとしました。
支部主催の探鳥会・早朝探鳥会等のイベントについては、定期総会を終えるまではすべて中止と致します。順調に行けば7月中に再開する運びとなります。
支部報についてはこれまで通り発行する予定ですが、今後の状況如何によっては一定期間休止とする可能性もありますので、ご了承下さい。

なお、公式HPや当ブログについては更新を続けて参りますが、HPは更新が遅れる場合がありますので、最新情報については当ブログを参照して下さい。

外出自粛等で退屈を感じた場合は是非、「額縁クイズ」にチャレンジしてみてください。
http://wbsj-okhotsk.org/blog/?cat=8

コメント (0)

【新型コロナウイルス】3月22日探鳥会は中止です

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、以下のイベントについてはそれぞれ中止/延期となっております。
ご注意ください。

【中止】3月22日(日)13:00~ 濤沸湖探鳥会

【延期】4月5日(日)13:00~ 定期総会 ⇒ 5月10日(日)に延期(予定)

コメント (0)

【新型コロナウイルス】定期総会の日程について

先日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4月5日に予定していた総会の延期をお伝えしましたが、新たな定期総会の日程が次のようになりました。

■日時
2020年5月10日(日)13時~
■場所
濤沸湖水鳥・湿地センター(レクチャー室)

※詳細は支部報4月号にてご案内しますので、お待ちください。

現時点ではひとまず上記の日程で総会を行い、以降、順次活動を再開していくことで考えていますが、今後の状況次第では再延期もあり得るかと思います。
状況を見ながら適宜判断していきたいと思いますので、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い致します。

コメント (0)

【新型コロナウイルス】定期総会延期と探鳥会中止について

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。
諸般の状況を鑑み、まず、4月5日に予定していた定期総会については「延期」と致します。
加えて、4月中に実施される予定(定期総会で決定する予定でした)の探鳥会・早朝探鳥会等の支部主催イベントについては、すべて「中止」と致します。

来週19日には北海道の緊急事態宣言もひとまずの区切りとなり、政府および道より、今後の見通しについて何らかの発表があるとのことです。
総会の振り替え実施日や探鳥会の再開スケジュール等については、その政府/道の見解を踏まえて検討したいと考えております。

様々なご意見があろうかと思いますが、支部会員と運営側スタッフの健康と安全を最優先として、会員への周知の方法やタイミング等も勘案しながら、余裕を持ったスケジュールで総合的に判断をしていきます。
ご理解のほど、どうかよろしくお願い致します。

なお、厚生労働省によると、散歩等の「人との接触が少ない活動」は感染のリスクが低いとされています。
たいへんな状況がまだしばらく続くと思われますが、近所の公園へバードウォッチングへ出掛ける等の活動は過度に自粛する必要はないと考えております。
雪解けも進んで鳥たちのさえずりも賑やかになってきました。
鳥たちに癒やされ、適度に気分転換をしながらこの事態を乗り切りましょう。

【参考:厚生労働省HP 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の見解」】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00011.html

以上
日本野鳥の会オホーツク支部
支部長 川崎康弘

コメント (0)

【定例探鳥会報告】200216/北見市中ノ島公園

2020年2月16日 10:00~11:30

北見市内恒例の「冬の探鳥会」は中ノ島公園でした。
2月中旬は一番寒さ厳しい季節です。でも今日の探鳥会はそれほど寒さは感じられません。
総勢20名の方が参加され、北見市スケートリンク駐車場からスノーシューを履いて出発です。
無加川の流れに沿って歩き、鳥の声を確認し姿を確認するのですが、さっぱり鳥が出てきません。
無加川の流れにマガモがいつも泳いでいるのですが、今日はいません。
常呂川に架かる吊り橋まで来ました。でもこの吊り橋、通行止めされて入ることができません。
本来であれば吊り橋の上からカモ類の水鳥が多く見られるのですが、行くことができず観察することはできません。
川の岸辺にてミソサザイ、カワガラス、ツグミを観察することができました。
公園内の樹木ではカラ類を観察。帰りは常呂川沿いを上流に向かって歩き駐車場に戻りました。

【確認種】ヒヨドリ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ツグミ、ミソサザイ、ヤマガラ、オジロワシ、ヤマセミ、アカゲラ、カワガラス、ウソ、コゲラ、スズメ、以上16種

【参加者】20名

報告:花田行博さん

コメント (0)

【新型コロナウイルス】探鳥会中止のお知らせ

新型コロナウイルスの流行について、全国各地で感染経路が不明で市中感染の疑いがある事例が報告され始めており、道内でも同様の感染例が公表されるに至りました。現時点では収束の兆しがまったく見えず、問題の長期化が予想されます。
報道等によると、新型コロナウイルスは特にご高齢の方や持病をお持ちの方で悪化する事例が多く報告されております。
探鳥会等、当支部が主催するイベントについては、動員規模こそ小さいものの、前述の条件に含まれる方の参加が少なからずあり、実施にあたっては私ども主催者側にも十分な感染予防措置が求められることは言うまでもありません。
しかしながら、現実にはウイルスの拡散防止に効果的とされる、マスクや消毒剤等が十分に確保できない状況が続いており、今後もこのような局面がしばらく続くと思われます。

このような状況を鑑み、当支部ではイベント等の実施の可否について検討を行った結果、ひとまず3月いっぱいは予定されているイベント等をすべて中止させて頂くことに致しました。この期間中に該当するのは、3月22日(日)に予定されている濤沸湖での探鳥会1件(および役員会1件)となります。
参加を予定されていた方にはたいへん申し訳ありませんが、参加者の感染予防・安全確保を最優先に考えた末の結論であることをご理解頂きたく、何卒お願い申し上げます。

なお、4月以降のイベントについては、毎年度初め(今年は4月5日予定)に開催される定期総会において、その年度のイベント予定を決めることになっております。現時点では、4月5日の定期総会については予定どおりの開催を考えておりますが、今後の推移によっては延期等の措置をとらせて頂く可能性もありますので、あわせてご了承ください。もし延期等を行うことになれば、支部報や支部ホームページ(当ブログ含む)等でご案内させて頂きますので、よろしくお願い致します。

新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザも流行しているようですので、会員の皆さまにおかれましては、どうぞ可能な限りの感染症対策をおとりになり、まずはご自身とご家族の健康にご留意頂ければと思います。
また皆さまと探鳥会等でお会いできることを楽しみにしております。どうぞお元気でお過ごし下さい。

以上
日本野鳥の会オホーツク支部
支部長 川崎康弘

コメント (0)

【定例探鳥会報告】200112/網走港(道の駅裏)

2020年1月12日網走港探鳥会

2020年1月12日網走港探鳥会

シノリガモ Histrionicus histrionicus

シノリガモ
Histrionicus histrionicus

ツグミ Turdus naumanni

ツグミ
Turdus naumanni

スズガモ Aythya marila

スズガモ
Aythya marila

オジロワシ Haliaeetus albicilla

オジロワシ
Haliaeetus albicilla

オオワシ Haliaeetus pelagicus

オオワシ
Haliaeetus pelagicus

2020年1月12日10:00-11:00
[網走港(道の駅裏)]

道の駅に集合し、すぐ裏の網走川河口部の鳥を観察しました。
対岸にはじっとして動かないオオワシ、遠くの海上には波間にアビ。
手前の川にはスズガモ、ホオジロガモ、シノリガモ、マガモ。
ツグミの群れも飛んできて、思ったより見られました。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

【確認種】マガモ、スズガモ、シノリガモ、クロガモ、ホオジロガモ、ウミアイサ、アビ、ヒメウ、カモメ、オオセグロカモメ、ウミガラス、ウミスズメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ツグミ、スズメ、シメ(以上21種類)

【参加者】36名

※鳥の写真は、A.S.さんご提供。

コメント (0)

【定例探鳥会報告】191208/能取岬

2019年12月8日 能取岬探鳥会

2019年12月8日
能取岬探鳥会

2019年12月8日
[網走市能取岬]
10時から、網走市の能取岬にて「日本一過酷な探鳥会(当支部調べ)」でした。
ここ数年はポカポカ陽気で拍子抜けのことが多かったですが、今年は久々に能取岬らしい感じでした。
晴れているけど風が強すぎる!スコープがブレてなんも見えん!
海上保安庁のデータでは、10:25時点で風速16mとなっていました。気温は-5℃だったので、体感気温は-20℃以下・・・。続々と脱落者(ギブアップして車に戻る人)が出る中がんばりましたが、30分が限界でした・・・。
参加者の皆さん、寒い中大変お疲れ様でした。
解散後、マチに戻ったら風はさほどでもなく・・・。やっぱり岬は格が違いますね!!

【確認種】シノリガモ、ヒメウ、オオセグロカモメ、オジロワシ、オオワシ、ヒバリ、以上6種

【参加者】30名

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク