RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【置戸バーディングクラブ】170521/置戸町秋田探鳥会

置戸町の置戸バーディングクラブより探鳥会報告が届きました。
以下にご紹介します。

・・・・・・・・・・
置戸バーディングクラブ探鳥会が5月21日、置戸秋田水源地で行われ、天候が穏やかな事もあってチゴハヤブサ、イカル、カッコウ、アオバトなど32種を確認しました。
当日は、秋田の公民館近くで、オオジシギが上空を飛び交う中、カッコウが鳴きそして遠くのカラマツの木に入るチゴハヤブサを発見、枝で写真も録れず残念。水源地近くでキセキレイが出て一同感激。
イカルが鳴く中、クマゲラが遠くに横切り、短い時間でしたが、多くの鳥を確認。
今年度最期の探鳥会を終了しました。
報告:虎谷正博さん・北見市在住

コメント (0)

【早朝探鳥会報告】170522/網走湖女満別湖畔(大空町女満別)

早朝探鳥会報告
2017年5月22日
[網走湖女満別湖畔(大空町女満別)]

今年の網走の早朝探鳥会、いまいち天候に恵まれません。今朝も遠雷が響き、あまりのどんより空に、街灯が明るく輝いています。
JR女満別駅からスタート。はるか遠くからカッコウの声がします。天気のせいか夏鳥のさえずりはひかえめ、ベニマシコの声に姿を探すものの、なかなかちゃんと見られません。そんな中、カラ類は活発でした。ヤマガラのカップルのメスが、オスにさかんにえさをねだっているのを眺めているうちに、雨が落ち始め、終了となりました。
もう少し、じっくり見られる鳥が欲しかったですね。次回が網走方面での早朝探鳥会は最後です。さわやかな朝に期待しましょう。

【確認種】アオサギ、マガモ、トビ、オジロワシ、キジバト、カッコウ、ツツドリ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ハシブトガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、アオジ、センダイムシクイ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、ムクドリ、ハシブトガラス、以上21種

【参加者】9名

コメント (0)

【定例探鳥会報告】170521/サロマ湖畔遊歩道(佐呂間町)

2017年5月21日サロマ湖畔遊歩道探鳥会(佐呂間町)

2017年5月21日サロマ湖畔遊歩道探鳥会(佐呂間町)

定例探鳥会報告
2017年5月21日
[サロマ湖畔遊歩道(佐呂間町)]

風が涼しい朝でした。
開始30分以上前から北見や網走など管内各地から参加者の方々が集まり始め、合計30名近くの大所帯になりました。
国道を渡って向かいの森の中に入ると、すぐにけたたましい響きが。クマゲラです。森のちょっと奥で鳴いていたので姿は見られませんでしたが、素晴らしい幕開けとなりました。周りにはキビタキやヤブサメ、センダイムシクイのさえずりが溢れています。それに混じって、か細いさえずりも聞かれます。探すと、トドマツの梢にいました。コサメビタキです。地鳴きもさえずりもか細い声なので他のさえずりにかき消されてしまうことも多いのですが、実は特徴的な声なので覚えるとすぐにわかります。
小さなヒタキが簡単に見つけられたので、これは幸先良し、と歩を進めましたが、それからは「声はすれども・・・」の状態がしばらく続きました。
その状態を突破したのはやはりキビタキ。目の前に現れてくれ、参加者一同堪能することができました。
入口から約600mほどで東屋に到着。いつもならUターンして戻るところですが、なにやら聞き慣れないさえずりが気になりました。スマホから確認してみると、ムギマキでした。オホーツクではなかなかの珍鳥です。これは是非参加者の皆さんにお見せしたい!と粘ってみたのですが、残念ながらイタヤカエデの葉の裏でごそごそしているところが精一杯。森の奥へと去ってしまい、感動はお預けとなりました。それでも、ムギマキのさえずりをしっかり聞くことができたのはとても大きな収穫と言えるでしょう。
ムギマキ騒動でちょっと時間を食ってしまったので、帰りはあまり立ち止まらず、センダイムシクイの声をバックにひたすらスタスタと。
そろそろ出口・・・というところで、Tさんの奥さんがフクロウを発見。国道のすぐ脇のイタヤカエデの横枝にとまっていました。たまたま休んでいたようです。ムギマキが見られず少しがっかりしていたところですが、最後の最後で思わぬ出逢いに感激・・・の素晴らしい探鳥会となりました。
駐車場に着くと、気持ちの良い青空が広がり、気温は25℃近くに上がっていました。予報では14℃だったかと思いますが・・・。素早く上着を脱ぎ、鳥合わせをして、今後の探鳥会の予定や来週のクルーズのご案内などをしてから解散としました。
ご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

【確認種】キジバト、アオバト、ツツドリ、トビ、フクロウ1羽、コゲラ、オオアカゲラ1羽、アカゲラ、クマゲラ1羽声、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ヤブサメ、センダイムシクイ、メジロ、ゴジュウカラ、クロツグミ、アカハラ、コルリ、コサメビタキ、キビタキ、ムギマキ1羽、オオルリ、ニュウナイスズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ、以上30種

【参加者】28名(内訳:北見市8名、網走市7名、紋別市2名、湧別町1名、遠軽町2名、美幌町2名、津別町3名、置戸町1名、小清水町2名)

コメント (0)

【早朝探鳥会報告】170519/中ノ島公園(北見市)

【早朝探鳥会】
2017年5月19日
[中ノ島公園(北見市)]
雲一つない快晴の青空。風もなくおだやかな探鳥日よりの朝でした。三々五々と集まった人々に、開口一番「カッコウの声きいた?」と誰からともなく尋ね合い。まだ誰もが聞いた人はいませんでした。
吊り橋の近くの木々にはキビタキ何羽かがきそいあって鳴いています。
1本の高い木に聞きなれない声が聞こえてきました。おっと、この声は昨年 F先生に教えていただいたコガラの声だ。姿は見えないがハシブトガラとは違いやわらかな音色で鳴いています。短時間ではありましたが、コガラの声を再確認してとても満足な出会いでした。

【確認種】センダイムシクイ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、アオジ、キジバト、トビ、シジュウカラ、ツツドリ、トラツグミ、アカゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、キビタキ、オシドリ、コガラ、ヒガラ、コガモ、マガモ、イソシギ、カワセミ、カルガモ、ベニマシコ、スズガモ、アオサギ 以上24種

【参加者】13名

報告:花田行博さん・北見市在住

コメント (0)

【イベント案内】170528/春の桂ヶ岡公園自然観察会(網走市立郷土博物館)

170528/春の桂ヶ岡公園自然観察会(網走市立郷土博物館)

170528/春の桂ヶ岡公園自然観察会(網走市立郷土博物館)

2017年5月28日(日)10:00~12:00、網走市立郷土博物館において、「春の桂ヶ岡公園自然観察会」が開催されます。
郷土博物館を含む桂ヶ岡周辺を歩いて、野鳥や植物を観察します。キビタキやセンダイムシクイなどの夏鳥、ニリンソウやマイヅルソウ、スミレのなかまなどが見ごろになっています。
あわせてこの観察会では、「プロジェクトK(Kは桂ヶ岡のK)」と題し、桂ヶ岡の生きもの調査を兼ねたものになっています。「スズメをさがそう!」など気軽にできる調査項目があります。ぜひご参加ください!

詳細についてのお問合せ・お申込みは、網走市立郷土博物館(0152-43-3090)までお願い致します。

コメント (0)

【置戸バーディングクラブ】170514/釧北峠探鳥会

置戸町で活動されている「置戸バーディングクラブ」から探鳥会の様子をご報告いただきました。
以下にご紹介致します。
・・・・・・・・・・・・・・

オオルリ Cyanoptila cyanomelana

オオルリ
Cyanoptila cyanomelana

170514/置戸バーディングクラブ探鳥会の様子

170514/置戸バーディングクラブ探鳥会の様子

5月14日にクラブの探鳥会を北見と陸別の境界である釧北峠を中心に置戸町白髪橋付近で行われ、オオルリの番やミソサザイの囀りなど魅了されました。
大変寒い中でも22種が確認され、カッコウは確認されませんでしたがツツドリ、アカハラが盛んに囀りに私たちを励ましてくれました。

【確認種】ハシブトガラス、ハシボソガラス、オオジシギ、アカハラ、キジバト、センダイムシクイ、ニュウナイスズメ、ヒバリ、ビンズイ、カワラヒワ、ヤマゲラ、アオジ、オオルリ、ミソサザイ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、エゾムシクイ、ウソ、ツツドリ、コルリ、ハシブトガラ、アカゲラ (22種)

報告:虎谷正博さん・北見市在住

コメント (2)

【早朝探鳥会報告】170515/大曲サイクリングロード(網走市)

早朝探鳥会報告
2017年5月15日
[大曲サイクリングロード(網走市)]
気温が低いうえに風が強く、思わず帰りたくなるくらい寒い朝でした。
鳥のさえずりも聞かれず、網走川の土手から、水辺の鳥を見て歩きました。
いつまでいるのか、コガモたち。
先週に続き、オシドリも見られました。
少し進むと、カワセミの声がしたような、探すと、いました!カワセミ!まだ枯れ草色の中で、背中のコバルトブルーが鮮やかです。
と、もうみんな寒さの限界です。
風邪をひかないように、解散となりました。

【確認種】カワウ、アオサギ、オシドリ、マガモ、コガモ、ヨシガモ、キンクロハジロ、トビ、オジロワシ、オオセグロカモメ、キジバト、カワセミ、ヤマゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、以上21種

【参加者】6名

報告:みつばちさん・網走市在住

コメント (0)

【定例探鳥会報告】170514/せせらぎ公園(美幌町)

センダイムシクイ Phylloscopus coronatus

センダイムシクイ
Phylloscopus coronatus

アオサギ Ardea cinerea

アオサギ
Ardea cinerea

オオルリ Cyanoptila cyanomelana

オオルリ
Cyanoptila cyanomelana

アカゲラ Dendrocopos major

アカゲラ
Dendrocopos major

アオジ Emberiza spodocephala

アオジ
Emberiza spodocephala

シジュウカラ Parus minor

シジュウカラ
Parus minor

【定例探鳥会報告】
2017年5月14日
[せせらぎ公園(美幌町)]
余裕をもって行ったはずが集合場所の墓地駐車場がわからなく、美幌の町で迷ってしまいました。数分遅れで到着。着いてびっくり、大勢の人々が来られています。急いで挨拶を済ませ探鳥会開始。この公園の名前のとおり、せせらぎの水の流れる音色が、心地よく癒される素晴らしい公園です。
少し歩いたところでアオジがさえずっていました。この鳴き声がアオジだと覚えるための鳥の聞きなしを伝授。『アオジはね「アオジのチィ
ーちゃんチィーちゃんチィー」と鳴くんだよ』というと『あぁ本当だ、その様に鳴いているね』と言われ私は得意満面。私の知っている限りの聞きなしを皆さんにご披露。
まもなくオオルリが出てきました。大勢の人々がおりながら逃げることなく声高らかにさえずっています。見るとオオルリが2羽いました。2羽で自分たちの場所取りをしていたのでしょうか、大勢の人には目もくれません。かなりの至近距離から皆で観察し、写真もそれぞれ満足いく撮影ができでしょう。
帰りぎわ参加者の数名ですが、チゴハヤブサと思う猛禽類を見たそうです。この鳥も入れて今日は24種の鳥を確認。

【確認種】センダイムシクイ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、アオジ、マヒワ、アカゲラ、カワラヒワ、ヤブサメ、オオルリ、トビ、アオサギ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラ、チゴハヤブサ、マガモ、エナガ、キジバト、ヒガラ、コゲラ、ホオジロ、カルガモ、ツツドリ、モズ、以上24種

【参加者】36名

報告:花田行博さん・北見市在住

コメント (0)

【イベント案内】濤沸湖水鳥・湿地センター開館5周年意念ウィーク&講習会

濤沸湖水鳥・湿地センター開館5周年意念ウィーク&講習会

濤沸湖水鳥・湿地センター開館5周年意念ウィーク&講習会

【濤沸湖水鳥・湿地センター開館5周年意念ウィーク&講習会】

濤沸湖水鳥・湿地センターは平成24年5月に開館し、今年の5月23日(火)で
5周年を迎えます。開館5周年を記念してイベントを開催します。

●記念講習会「鳥の鳴き声を覚えよう」
5月27日(土)13:30~15:00(予定)
講師は日本野鳥の会オホーツク支部 顧問 花田行博 氏。
子どもから大人まで関心の高い「鳥のさえずり」にスポットをあて、
野鳥や自然に対して興味や知識を深める講習会を開催します。
参加料無料、事前申し込み不要です。

●「とうふつクイズ」
5月23日(火)~28日(日)の間は記念ウィークとして、濤沸湖関連のクイズを
ご用意しました。クイズに答えると、5周年記念品を差し上げます。
期間中はいつでも、どなたでもチャレンジできます。

※本件に関するお問合せは、濤沸湖水鳥・湿地センターへお願い致します。

コメント (0)

【早朝探鳥会報告】170512/南丘森林公園(北見市)

【早朝探鳥会報告】
2017年5月12日
[北見市南丘森林公園]
曇り空の寒い日でしたが、13名の方々が参加くださいました。
アカハラが数カ所で鳴き交わしをしています。センダイムシクイはたくさんいますが鳴いてくれません。小枝を行ったり来たり、せっせと虫を食べているのか素早い動きをしています。何の鳥か確認するまで分かりませんでした。そのセンダイムシクイに交じり、ヒガラも一緒になって小枝から小枝へと素早い動きをしています。寒いせいなのかコルリが前奏なしでたまに鳴きます。池の上空ではマガモが旋回していました。池に降りたかったのでしょうが、我々がいたため降りることが出来なかったようです。マガモ君ごめんなさい。帰る頃になってオオルリが遠くで鳴き出しました。いつもニワトリの鳴き声が聞こえるのですが、今日はその声が聞こえません。アカハラはあまり移動することなく、最初から最後まで声高らかにさえずっていました。昨年の5月13日、この場所でカッコウの初鳴きを確認しましたが、あと一週間もするとカッコウが鳴き出すでしょう。

【確認種】アカハラ、アオジ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ヤブサメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、センダイムシクイ、キジバト、アカゲラ、カワラヒワ、マガモ、ゴジュウカラ、オオルリ、コルリ、ヒガラ、コゲラ、ハシブトガラ、ニュウナイスズメ、モズ、以上20種

【参加者】13名

報告:花田行博さん・北見市在住

コメント (0)

【早朝探鳥会報告】170508/大曲サイクリングロード(網走市)

早朝探鳥会報告
2017年5月8日
大曲サイクリングロード(網走市)

初めての場所での早朝探鳥会でした。車は、大曲公園の駐車場か、サイクリングロードの駐輪場にも何台かとめられます。
大曲公園の外周は網走川の土手になっていて、水辺の鳥がみられます。今朝は、なぜかオス2羽でいるオシドリをじっくり見られて満足でした。周辺は、林というほどではありませんが、シラカバやサクラ、ヤナギにやってきたキツツキ類や、小鳥の仲間も見られます。特別に鳥が多いという場所ではありませんが、何よりも足元が歩きやすく、安心して鳥が見られるのがこの場所の魅力です。終わってみれば、基本をそろえた種類の鳥が、しっかりみられた探鳥会でした。

【確認種】カワウ、アオサギ、マガモ、コガモ、オカヨシガモ、オシドリ、キンクロハジロ、カワアイサ、トビ、オジロワシ、オオセグロカモメ、キジバト、ツツドリ、ヤマゲラ、アカゲラ、ヒバリ、イワツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ノビタキ、
ゴジュウカラ、シジュウカラ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ニュウナイスズメ、ムクドリ、ベニマシコ、ハシボソガラス(以上30種)

【参加者】4名

報告:みつばちさん・網走市在住

コメント (0)

【定例探鳥会報告】170507/網走湖女満別湖畔(大空町女満別)

ハシブトガラ Poecile palustris

ハシブトガラ
Poecile palustris

ムクドリ Spodiopsar cineraceus

ムクドリ
Spodiopsar cineraceus

ヒドリガモ Anas penelope

ヒドリガモ
Anas penelope

オジロワシ Haliaeetus albicilla

オジロワシ
Haliaeetus albicilla

アカゲラ Dendrocopos major

アカゲラ
Dendrocopos major

ムクドリ Spodiopsar cineraceus

ムクドリ
Spodiopsar cineraceus

【定例探鳥会報告】
2017年5月7日
網走湖女満別湖畔(大空町女満別)
定刻8時、女満別駅駐車場にはすでに30名近くのバーダーが集まっていました。天候は晴れの良い天気ですが、風が少々強く吹いています。線路をまたぐオーバーブリッチの歩道橋を渡り、湖畔沿いの歩道に出ました。目の前にムクドリの営巣木が目につきます。枯れたシラカンバの木には、何家族かのムクドリが出たり入ったりしていました。どうやらこの木はムクドリのアパートのようです。湖水を眺めるとヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、が観察されました。さらにヨシガモ、オカヨシガモもいました。少々風が強いため、小鳥の鳴き声がいまいち聞きづらく確認できません。でもどうにかアオジとセンダイムシクイの声は聞き取れました。すぐ側でゴジュウカラが大きな声で鳴いています。約2時間程度の探鳥会でしたが、遠く札幌や旭川の顔なじみの方々が来てくれ、しばし和やかな鳥談義にて終了しました。

【確認種】トビ、ムクドリ、シジュウカラ、アオジ、カワラヒワ、オジロワシ、ヒドリガモ、アオサギ、マガモ、カルガモ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、カワウ、ハクセキレイ、ニュウナイスズメ、アカゲラ、ヨシガモ、オカヨシガモ、コガモ、センダイムシクイ、ハシブトガラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、以上23種

【参加者】30名

報告:花田行博さん・北見市在住
ハシブトガラ~オジロワシまではY.O.さんご提供。最下段のムクドリとアカゲラはA.S.さんご提供。

コメント (0)

【早朝探鳥会報告】170505/緑ヶ丘森林公園(北見市)

2017年5月5日北見市緑ヶ丘森林公園早朝探鳥会の様子

2017年5月5日北見市緑ヶ丘森林公園早朝探鳥会の様子

センダイムシクイ Phylloscopus coronatus

センダイムシクイ
Phylloscopus coronatus

エナガ Aegithalos caudatus

エナガ
Aegithalos caudatus

アオジ Emberiza spodocephala

アオジ
Emberiza spodocephala

アカハラ Turdus chrysolaus

アカハラ
Turdus chrysolaus

ヤマガラ Poecile varius

ヤマガラ
Poecile varius

【早朝探鳥会報告】
2017年5月5日 北見市緑ヶ丘森林公園
昨日の北見市はプラス30.3℃の暑さ。しかし今朝の早朝探鳥会は薄めの防寒着を着用しなければならないほどの冷え込みがありました。この寒さの中、小学2年生の女性が来てくれました。
さて鳥たちですが、夏鳥たちは確実に来ています。アカハラ、オオジシギ、アオジなど、本格的なさえずりはありませんが、参加者全員が観ました。
Tさんがツグミ類を撮影。いろいろ図鑑などで確認の結果、マミチャジナイのメスであることが分かりました。この緑ヶ丘でマミチャジナイが出たのは初めてです。鳥合わせを終え帰る間際ヤマガラ、オオルリ、キビタキが姿を現し数名の方々が大満足。終わってみれ
ば25種の鳥が出ました。

【確認種】ヤブサメ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、センダイムシクイ、キジバト、ハシブトガラス、ハシボソガラス、アカハラ、エナガ、オオジシギ、ヒガラ、ハシブトガラ、マミチャジナイ、マガモ、アオジ、マヒワ、ツツドリ、オオルリ、コゲラ、アカゲラ、アオサギ(上空)、ヤマガラ、キビタキ、キバシリ、シジュウカラ、以上25種

【参加者】12名

報告:花田行博さん・北見市在住
写真はY.O.さんご提供

コメント (0)

【定例探鳥会報告】170421/野付牛公園(北見市)

20170430/野付牛公園探鳥会

20170430/野付牛公園探鳥会

カルガモ Anas zonorhyncha

カルガモ
Anas zonorhyncha

シメ Coccothraustes coccothraustes

シメ
Coccothraustes coccothraustes

トビ Milvus migrans

トビ
Milvus migrans

コゲラ Dendrocopos kizuki

コゲラ
Dendrocopos kizuki

【定例探鳥会報告】
2017年4月21日
[野付牛公園(北見市)]
今年度第一回目のオホーツク支部定例探鳥会が北見市野付牛公園で開催されました。
この探鳥会を待ちわびていたように、大勢の方々が参加していただきました。
開催始まりの挨拶中からカラ類のさえずりが、あっちこっちで聞かれます。
ゴジュウカラの鳴き声が、いろいろな声を出し鳴いています。初めて来られた方はこのゴジュウカラの声を覚えようと必死で聞いています。聞いている後ろの方から、違うさえずりのゴジュウカラが鳴き出しました。初心者の方はこの時点で頭の中がパニックになるかもしれません。
そのうちヒガラが鳴き出しました。それと似たような声でシジュウカラもさえずり出しました。この両者の鳴き声が似ています。ベテラン会員の方が「鳴き出す早さの違いと、音質を聞き分けられたら声で識別できますよ」と教えていただきました。
公園の池にはカルガモだけしか確認できませんでしたが、必ずいるオシドリは見あたりません。上空にはアオサギやトビも出ました。
10時、池のところで鳥合わせをし随時解散としました。
鳥合わせ後、メジロ、アカゲラ、カワラヒワが出ました。それと種不明のツバメ類1羽が上空に出ました。この時点で空が曇っており、ツバメの識別できません。たぶんハリオアマツバメだと思います。以上終わってみれば不明鳥を含めて21種の鳥が出ました。

【確認種】ゴジュウカラ、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒガラ、トビ、ヒヨドリ、カルガモ、キジバト、シメ、アオサギ、アオジ、コゲラ、エナガ、マヒワ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、以下探鳥会終了後、メジロ、アカゲラ、カワラヒワ、不明鳥(たぶんハリオアマツバメ)

【参加者】37名

報告:花田行博さん・北見市在住

コメント (0)

【早朝探鳥会報告】170428/常盤公園(北見市)

早朝探鳥会
2017年4月28日 常盤公園(北見市)
良い天気に恵まれた常盤公園の早朝探鳥会。
アオジが1羽松の木のてっぺんでさえずっていました。
そのそばでハシボソガラスが頭を下げおじぎをしながら、ガァ~ガァ~としわがれた声で鳴いています。まったく移動しないで、いろいろな鳥がその場所で観察できました。
そばの松には15羽前後のイスカが行ったり来たり。100羽前後のマヒワの群れが、上空を旋回したりその一部が地上に下りたかと思うと、松林には入りエサを求めています。池にはピ~イ、ピ~イと甲高い声でヒドリガモが鳴いています。オオハクチョウも鳴きながら6羽の群れで飛び立ちました。公園すぐ側在住のSさんによると、このオオハクチョウはおそらく旅立ったでしょう。この群れはもうこの公園に戻らない
と思いますとのこと。オオハクチョウとも今秋までしばしのお別れ。また秋にお会いしましょうと飛び立つ群れを見送りました。

【確認種】ヒドリガモ、イスカ、マヒワ、オナガガモ、モズ、ハクセキレイ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、スズメ、アオジ、ニュウナイスズメ、カワラヒワ、カルガモ、シメ、シジュウカラ、マガモ、オオハクチョウ、ヒヨドリ、ハシブトガラ 以上19種

【参加者】14名

報告:花田行博さん・北見市在住

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク