RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【定例探鳥会報告】180429/北見市野付牛公園

【定例探鳥会】
2018年4月29日[北見市野付牛公園]

草や木の芽もふくらみだし、良く晴れた探鳥会日和でした。
最初に鳴き声で確認できるのはゴジュウカラ。公園内のあちらこちらで鳴いています。
それとカラスが大きな声で鳴くため、これもすぐ確認できます。ご存じの方がほとんどですが、カラスにはハシブトガラスとハシボソガラスがいます。この公園には両方のカラスが生息していますが、ハシブトガラスの方が多く生息しています。
次に目立ったのがヒヨドリ。至る所でヒヨドリの声が響いていました。
公園内にあるあずま屋付近では、松の木の中にキクイタダキが数羽いました。
丘から池を見おろすとカルガモが泳いでいます。先週見られなかったオシドリを探しましたが、今日も確認できませんでした。
時間がたってきたので広場まで引き返す途中レンジャク1羽発見。ヒレンジャクかキレンジャクか分かりませんでしたが、一瞬のうちカメラで撮影した方がおられました。それを拝見させていただきヒレンジャクと確認できました。最近のカメラは性能が良く、ゴマ粒ぐらいの映像でも拡大すれば種別判定可能です。終わってみれば20種の野鳥を確認しました。

【確認種】ヒガラ、シジュウカラ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラ、アオジ、シメ、カルガモ、ヒヨドリ、キクイタダキ、カワラヒワ、アオサギ、ヒレンジャク、マヒワ、キジバト、トビ、ゴジュウカラ、アカゲラ、スズメ、以上20種

【参加者】31名

報告:花田行博さん

コメント (0)

【早朝探鳥会報告】180428/北見市常盤公園

【早朝探鳥会】
2018年4月28日[北見市常盤公園]

青空ですが寒さ一段と厳しい朝でした。
定刻にはすでに15人が来ています。
シラカンバのてっぺんにいたイスカが一斉に飛びました。上空を群れで旋回。その数50羽以上でした。
池を見るとヒドリガモが50±羽。カルガモは数羽。オナガガモの姿はもうありません。
ヒドリガモの中にアメリカヒドリ1羽います。地元の方に聞いたところ、このアメリカヒドリは3月下旬ごろから来ていたそうです。4月初旬はオスが3羽、メスも2羽いたとのこと。現在はヒドリガモと一緒にいることが多いと言っていました。
池の周りではアオジやシジュウカラがきれいな声でさえずっています。
これからこの公園にも夏鳥が増えてくるでしょう。それと同時に池にいるヒドリガモも、まもなく飛び去ることでしょう。
6時には鳥合わせをして解散しました。

【確認種】アトリ、イスカ50+羽、ハシブトガラ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、ハクセキレイ、シジュウカラ、ヒヨドリ、アオジ、カワラヒワ、カルガモ、シメ、ヒガラ、マヒワ、スズメ、イカルチドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、以上18種

【参加者】18名

報告:花田行博さん

コメント (0)

【定例探鳥会報告】180422/北見市野付牛公園

【定例探鳥会】
2018年4月21日[北見市野付牛公園]

今年度最初の定例探鳥会は、北見市公園町にある野付牛公園で行われました。
昨日、日中の気温が27℃まで上がりましたが、今日は朝から肌寒い曇り空の天気です。
待ちわびていた市民の方々が、探鳥会を楽しみに大勢お集まりいただきました。
公園内はゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ヒガラなど至る所でカラ類の鳴き声が聞かれます。特にゴジュウカラはいろいろな鳴き声があり、鳴き声を覚えるのに苦労します。公園内にある池にはカルガモ、マガモが泳いでいました。この池には毎年見られるオシドリを皆で探しました。残念ながらオシドリは確認できません。アオジもすでに渡来しているのですが、アオジの姿も、さえずりも聞こえません。ヒヨドリがかん高い声で「ヒィ~ヨ、ヒィ~ヨ」と鳴いています。あまり歩く距離もないので、体がだんだんと冷えてきました。頃合いを見計らい現地にて鳥合わせを行い現地解散としました。

【確認種】キレンジャク、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ハシブトガラ、ヒガラ、カワラヒワ、シメ、カルガモ、アオサギ、ヒヨドリ、マヒワ、エナガ、アトリ、コゲラ、アカゲラ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、以上18種
【参加者】27名

報告:花田行博さん

コメント (0)

【早朝探鳥会報告】180421/北見市野付牛公園

【早朝探鳥会】
2018年4月21日[北見市野付牛公園]

今年第1回目の早朝探鳥会が始まりました。昨年まで毎週金曜日でしたが、今年から土曜日になりました。4月中旬過ぎとはいえ、朝晩の冷え込みはまだまだ寒く、真冬と同じ服装をしなくては体が冷えます。寒くとも夏鳥は徐々に増えてきています。
探鳥会始まると同時に、頭上でキレンジャクの声が聞こえました。今年のキレンジャクは渡来数が少なかったようですが、ヒレンジャクはいつもの年より渡来数が多かったように思います。公園の中を散策するとゴジュウカラがいろいろな声で鳴いています。木のてっぺんでヒガラがツッピン、ツッピンとさえずっていました。さえずるテンポが少しゆっくりとしていたので、もしやコガラのさえずりではと思いました。それを確かめるため、何人かで探しました。結果ヒガラでした。さえずりとくちばしのパクパクが合いヒガラであることを確認。参加者一同公園の池まで行きました。マガモとカルガモがいましたが、鳴き声が同じように聞こえ、声の識別はとても難しいです。上空にはアオサギが飛んでいきました。このアオサギはいったい何処へ行くのでしょう。終わってみれば少ない確認種でしたが楽しい早朝探鳥会でした。

【確認種】ハシブトガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、シメ、キジバト、マガモ、カルガモ、アオサギ、アカゲラ、コゲラ、シジュウカラ、カワラヒワ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、スズメ、以上16種

【参加者】15名

報告:花田行博さん

コメント (0)

【イベント案内】濤沸湖水鳥・湿地センター「おさんぽ観察会」今年度の予定

おさんぽ観察会H30年度

↑↑↑ PDFファイルです。クリックしてご覧下さい。

濤沸湖水鳥・湿地センターの今年度の「おさんぽ観察会」の予定になります。
参加無料、事前申込みも不要とのことです。
お気軽にご参加下さい。
詳細については、同センターまでお願い致します。

コメント (0)

【定例探鳥会報告】180325/濤沸湖

2018年3月25日 濤沸湖探鳥会

2018年3月25日
濤沸湖探鳥会

2018年3月25日 濤沸湖探鳥会

2018年3月25日
濤沸湖探鳥会

マガモ×カルガモ Anas platyrhynchos × A. zonorhyncha

マガモ×カルガモ
Anas platyrhynchos × A. zonorhyncha

2018年3月25日13:00~
[濤沸湖]
午前中、サーッと雨が降ってきて、どうなることかと思いましたが、昼にはすっきり晴れました。
白鳥公園前はなぜか何もおらず、オオハクチョウやカモ類がちょっと遠くにいました。砂が堆積して浅くなってきたから、あまり入らなくなったのかなあ?
逆光ぎみでしたが、マガモやヒドリガモ、ちょっと遠くを飛ぶオナガガモの群れなどを観察。対岸の木にはオジロワシ、遠くの氷の上にはオオワシがとまっていました。
そのうちマガモ夫婦が目の前を飛んで着水。♀はカルガモとマガモの雑種とのこと。くちばしはマガモですが、顔はカルガモ。この夫婦の子どもはクォーターってことになるのかな?どんな顔になるんでしょうか。
残念ながらタンチョウは出ませんでしたが、春の気配を感じながら、皆さんと楽しくお話しできた探鳥会でした。

これで今年度の探鳥会はすべて終了です。ご参加くださった皆さま、担当幹事の皆さま、ありがとうございました。
来年度からも探鳥会目白押しです。どうぞよろしくお願いします。
総会が4月1日13:00~網走市エコーセンター2000で開催されます。探鳥会出席カードの抽選や、支部長によるちょっとした講演もあります。どうぞご参加くださいませ。

【確認種】オオハクチョウ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、アオサギ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ハクセキレイ、スズメ、カワラヒワ、ドバト、マガモとカルガモの雑種(以上20種類)
【参加者】33名

報告:げらぞうさん

コメント (0)

【定例探鳥会報告】180225/中ノ島公園(北見市)

2018年2月25日中ノ島公園探鳥会(北見市)

2018年2月25日中ノ島公園探鳥会(北見市)

2018年2月25日
中ノ島公園(北見市)

冷涼で澄み切ったオホーツク・ブルーの空が広がる朝でした。
10時に中ノ島のスケートリンクをスタートし、スノーシューやスキーで雪原を歩いて中ノ島公園へ向かいました。
エゾリスやキツネの足跡を追いながら歩いていると、エナガやハシブトガラが出てきてくれました。
公園の大きなドロノキやハルニレでは、ゴジュウカラたちがさえずり合戦をしていました。
常呂川は鳥影が少なかったものの、カワアイサの♂が1羽、何度も潜ってはエサを探している光景や、上流側の斜面の木にとまり、川面をみつめているオジロワシの姿が見られました。
1時間半ほどでスケートリンクまで戻り、鳥合わせをして解散。
風もなく、穏やかな天候の中の楽しい散策となりました。
ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

【確認種】マガモ、カワアイサ、オジロワシ、ヤマセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、エナガ、ゴジュウカラ、スズメ、ハクセキレイ、シメ、以上14種

【参加者】24名

コメント (0)

【定例探鳥会報告】180114/網走港(ぽぽ260)

2018年1月14日 網走港探鳥会

2018年1月14日 網走港探鳥会

ヒメウ Phalacrocorax pelagicus

ヒメウ
Phalacrocorax pelagicus

スズガモ Aythya marila キンクロハジロ A. fuligula

スズガモ
Aythya marila
キンクロハジロ
A. fuligula

シノリガモ Histrionicus histrionicus

シノリガモ
Histrionicus histrionicus

オジロワシ Haliaeetus albicilla

オジロワシ
Haliaeetus albicilla

ハマシギ Calidris alpina

ハマシギ
Calidris alpina

2018年1月14日
[網走港(ぽぽ260)]
網走港の親水防波堤ぽぽ260で探鳥会でした。
ちらちら雪が降る中のスタートでしたが、すぐに止み、気持ちの良い冬のオホーツクブルースカイとなりました。
波も含めて穏やかな天候だったためか、港に入っている海鳥は少なく、少々寂しい感じはしましたが、それでもオオワシやオジロワシなども出てくれて、それなりに楽しい探鳥会となりました。
ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

【確認種】オオハクチョウ、キンクロハジロ、スズガモ、シノリガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、ヒメウ、ウミウ、ハマシギ、ミツユビカモメ、カモメ、シロカモメ、ハシブトウミガラス、ウミガラス、オジロワシ、オオワシ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、以上19種

【参加者】34名

※鳥の写真はY.O.さんご提供。

コメント (0)

【イベント案内】「シマエナガさんの12ヶ月」パネル展・関連セミナー(北大総合博物館)

「シマエナガさんの12月」写真パネル展

「シマエナガさんの12月」写真パネル展

『シマエナガさんの12カ月パネル展』

■趣旨
北海道を代表する鳥類であるシマエナガは、その愛くるしい形態と行動から、
北海道の生物多様性理解のためのマスコット的存在として人気者になりつつある。
山本光一氏らの写真集「シマエナガさんの12ヶ月」の出版を機に、シマエナガについての写真パネル展および講演会を催する。
冬期間は札幌雪祭りなどで、国外・道外の観光客が多く来館するため、それらの入館者に対し、
シマエナガを擁する北海道の生物多様性、自然環境について、その将来の研究と保護への理解を促す機会とする。

■主催
北海道大学総合博物館

■写真展期間
平成30年1月21日(日)~平成30年3月30日(土)

■展示会場
総合博物館 1階企画展示室
(入館無料)

■展示内容
1.山本光一氏が所有するシマエナガの生態写真20点を展示する。
2.シマエナガの生活史、生態、分布などの説明パネルと展示する。

☆展示関連イベント☆
【公開セミナー】 参加無料、申し込み不要
■日時 平成30年2月17日(土)13:30-15:00 
■会場 北大総合博物館1階「知の交流コーナー」
■タイトル
「シマエナガ・パネル展関連セミナー・スライドトーク 自然写真家と鳥類学者による小型鳥類の魅力」
■セミナー概要
「日本列島の鳥の多様性」北大理学研究科 教授 高木昌輿
「小鳥界のアイドル!ちっちゃく、せっかち、モフモフなシマエナガってどんな鳥? ―雪の妖精の1年に寄り添って―」 
自然写真家 山本光一(阿寒摩周湖国立公園在住)
■対談:高木昌興 教授・山本光一 自然写真家

コメント (0)

【イベントのご案内】バードカービング展示(北網圏北見文化センター:12月27日まで)

IMG_8023_

IMG_8024_

IMG_8026_

IMG_8029_

IMG_8033_

IMG_8035_

北網圏北見文化センターにて、バード・カービングが展示されています。
このカービングは北見木鳥会の方々の作品ですが、出展者はほとんどオホーツク支部会員の方々です。
日本野鳥の会北見支部時代に矢田目義一さんを主宰として27年前に立ち上げました。
今年は酉年にちなみこの展示を最後として解散するそうです。ですからカービング展示会もこれが最後かもしれません。展示されている場所は喫茶店内ですが、店内に野鳥の音声が静かに流れています。よく聞いていみるとすべて私が録音した音声でした。もし時間のある方、どうぞご覧ください(by 花田行博さん)

コメント (0)

【イベント案内】シンポジウム「タンチョウ保護のこれから」

◆シンポジウム「タンチョウ保護のこれから」
◆日時:2018年1月21日(日)13:30~16:00(13:00開場)
◆会場:札幌国際ビル8階 国際ホール(地下鉄さっぽろ駅8番出口直結)
◆内容:かつて絶滅に瀕したタンチョウは、今や1,800羽まで回復し
    道央圏にも繁殖地を拡げつつあります。大きな転換点に立つ
    これからのタンチョウ保護について一緒に考えてみませんか?
 <基調講演>札幌周辺にタンチョウがいた頃の話
  久井貴世(北大大学院文学研究科 専門研究員)
 <話題提供>タンチョウとコウノトリの話
  柳生博(日本野鳥の会 会長)
 <パネルディスカッション>
  正富宏之(専修大学北海道短期大学名誉教授)
  黒沢信道(環境省タンチョウ保護増殖検討委員)
  小山内恵子(ネイチャー研究会inむかわ)
  加藤幸一(舞鶴遊水地にタンチョウを呼び戻す会)
  原田修(鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ)
 コーディネーター:小川巌(エコ・ネットワーク)      
◆主催:(公財)日本野鳥の会
◆参加費:無料(定員200名;先着順)
◆申込方法:1月14日(日)までに、電話かE-mailで
 参加される方全員の氏名をお知らせください。
◆申込・問合せ先:鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ
 http://park15.wakwak.com/~tancho/
 Tel 0154-64-2620 (火・水を除く9:00~17:00)
E-mail : tancho_sanc@wbsj.org

コメント (0)

【定例探鳥会報告】171203/能取岬

2017年12月3日能取岬探鳥会

2017年12月3日能取岬探鳥会

2017年12月3日能取岬探鳥会

2017年12月3日能取岬探鳥会

2017年12月3日能取岬探鳥会

2017年12月3日能取岬探鳥会

オジロワシ Haliaeetus albicilla

オジロワシ
Haliaeetus albicilla

シロエリオオハム Gavia pacifica

シロエリオオハム
Gavia pacifica

オオセグロカモメ Larus schistisagus

オオセグロカモメ
Larus schistisagus

シノリガモ Histrionicus histrionicus

シノリガモ
Histrionicus histrionicus

10:00~能取岬で探鳥会。
冷たい風がビュービューの中、鼻水たらしながら鳥を見る、日本一過酷な探鳥会という触れ込みで開催しているのですが、今日は天気が良く風も穏やか。参加者の方々からも「過酷だと思って着込んで来たけど、快適すぎるね~」とのお声がちらほらの能取岬らしくない探鳥会でした。
火曜サスペンスのテーマがよく似合う崖の上から沖を見ると、オオハムやシロエリオオハムが次々と移動していくのが見えました。いったい何羽いるのか、切れ目なく移動していきます。
手前にはシノリガモ、はるか沖にはウミスズメやケイマフリの姿も。
どれも黒&白で遠く、見せる方も難儀です。
すると参加者の方が崖にとまるイソヒヨドリを見つけてくださいました。青と赤、色彩がこれほど美しいとは。
崖っぷちでは一瞬、ワタリガラスが姿を見せてくれました。警戒心が強く、なかなか近寄らせてくれませんが、鳴いてくれればよく通るその声で存在がわかる鳥です。今年は多いのかな?ちょっと期待ですね。

【確認種】シノリガモ、アカエリカイツブリ、アビ、オオハム、シロエリオオハム、ヒメウ、ユリカモメ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、オオセグロカモメ、ハシブトウミガラス、ケイマフリ、ウミスズメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ワタリガラス、イソヒヨドリ(以上21種類)
【参加者】29名

※報告:げらぞうさん
※鳥の写真はY.O.さんご提供

コメント (0)

【イベントのお知らせ】釧路市立博物館企画展「カモにも事情がありまして…~餌から恋の三角関係まで~」&講演会「厚岸、カモたちの四季」

 古くから人間の身近な存在として知られる「カモ」ですが、実は、カモたちはとても面白い習性や行動をすることが知られています。今回は、釧路周辺に棲むカモについて、餌・つがい・求愛など、カモにまつわる「事情」を紹介し、身近なカモからより自然への興味を持てるような展示を致します。
 スタンプラリーの開催、極地で繁殖したケワタガモ類の巣の羽毛やカモの剥製の尻尾に触れたりも出来ますので、そちらも合わせて楽しんでみて下さい。

企画展「カモにも事情がありまして…~餌から恋の三角関係まで~」

開催期間 平成29年11月11日(土)~1月21日(日) 9時30分~17時00分
会 場  釧路市立博物館1階マンモスホール(入場無料)

カモ展ページ http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/2017/kushiro-duck.html

また、12月3日に以下の通り、講演会も行いますのでご興味のある方はぜひご参加下さい。

タイトル:「厚岸、カモたちの四季」

厚岸湖を利用するオオハクチョウの過去15年前から現在までの個体数の推移や生息の様子を紹介します。また、厚岸町では一年を通じて約30種類ものカモたちが確認されています。かれらの繁殖行動や越冬状況などの生活について、四季を通して写真やドローン映像などの動画も交え紹介します。

日時:12月3日(日)13時30分~15時00分
会場:博物館講堂(申込不要・無料)
講師:渋谷 辰生氏(厚岸水鳥観察館 所属)

カモ展講演会ページ http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/gyouji/2017/kamokouen.html

コメント (0)

【イベントのお知らせ】2017年12月9日:網走市立郷土博物館『骨格標本づくり講座』

2017年12月9日網走市立郷土博物館『骨格標本づくり講座』

2017年12月9日網走市立郷土博物館『骨格標本づくり講座』

2017年12月9日(土)午前10時より、網走市立郷土博物館にて骨格標本づくり講座を開催します。
スライドによる骨格標本作製講座と、作製体験の2本立てです。
当日作製体験に用いるのは、ハシブトガラス、オオセグロカモメ、トビ、アオサギなど
鳥類の腕骨格です(完成品の持ち帰りはできません)。

詳しくは
網走市HP(http://www.city.abashiri.hokkaido.jp/270kyoiku/050kyoudo/010event/kokkakuhyouhon.html)

骨格標本に興味のある方、この機会にぜひご参加ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメント (0)

【イベント紹介】11/23(祝)札幌市「みんなの学際バー:あなたの知らないカラスの世界」

2017年11月23日(木・祝)に、札幌のフクロウバーにおいて、「みんなの学際バー」というイベントが開催されます。
イベント情報ページ: http://mingaku-sapporo.netlify.com/

第1回のテーマとして、NPO法人札幌カラス研究会代表の中村さんをお招きして、カラスについてのお話をしていただく予定とのことです。

詳細・お問合せ等は上記イベント情報ページをご覧下さい。

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク