RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

「(仮称)常呂・能取風力発電事業環境影響評価書」に対する意見書を提出しました

当・日本野鳥の会オホーツク支部と公益財団法人日本野鳥の会(事務局:東京都品川区、会員サポーター数5万人)は、絶滅のおそれのある鳥類の生息に対して影響 を与えることが懸念される、北海道北見市常呂町での大規模風力発電施設の建設計画に関して、適切な環境影響評価が行われるための調査手法を提案する観点か ら、事業者である株式会社ユーラスエナジーホールディングス(代表取締役社長 清水 正己氏)に対して、意見書を提出しました。

意見書については下URLにてご参照頂けます(財団本部Webサイト)。

http://www.wbsj.org/activity/conservation/habitat-conservation/wind-power/wind-plants-construction-pj/kitami_20120531/

【関連記事】

「常呂・能取風力発電事業計画」に関する環境影響評価方法書の縦覧が実施されています(3月29日付)

 

 

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク