RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【野鳥情報】120725-0825/網走市呼人など

2012年7月25日 網走湖・ホテル網走湖荘横駐車帯 カイツブリ声

7月26日 網走市呼人市街 ベニマシコ声、アオバト声、ヒヨドリ声

同日 網走市天都山 アカハラ声

7月27日 網走湖・湖荘横P カイツブリ親子(ヒナ4羽)、ニュウナイスズメ、アオサギ、ハクセキレイ、トビ

7月30日 呼人・湖南橋付近 カワセミ、アオサギ、アオジ、ベニマシコ、ノビタキ、キジバト、ニュウナイスズメ多数

同日 呼人市街 ベニマシコ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、モズ声、アカゲラ声、センダイムシクイ声

8月2日 呼人・湖南橋 ノビタキ、ニュウナイスズメ

同日 呼人市街 ベニマシコ、モズ

8月4日 呼人・湖南橋付近 カワセミ、マガモ、ノビタキ、キジバト、トビ

8月6日 網走市天都山・北方民族博物館前庭 センダイムシクイ声

8月9日 呼人・湖南橋 マガモ、カワセミ、カワラヒワ、アオサギ

同日 網走湖・湖荘横P カイツブリ声

同日 網走湖・ボート場 ハクセキレイ、オカヨシガモ

8月12日 呼人市街 ヤマガラ

8月15日 網走市中園・フロックス公園 ホオジロ

同日 呼人・湖南橋 カワセミ、ノビタキ、カワラヒワ、アオサギ

同日 呼人市街 モズ、ハシブトガラ

8月18日 呼人・湖南橋 カワセミ、ユリカモメ150±羽

8月19日 大空町女満別 タンチョウ3羽

8月22日 網走市大曲・網走川 アオサギ、マガモ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ベニマシコ、トビ、カワウ

8月24日 呼人・湖南橋 トビ、カワセミ、アオサギ

8月25日 呼人市街 モズ、アオバト声

以上、報告:ふれっぷママさん・網走市在住

コメント (0)

【野鳥情報】120829/紋別市元紋別

2012年8月29日 紋別市元紋別 アマツバメとハリオアマツバメ(ともに写真)3000+羽の混群(紋別市市街地から網走方面に向けて南下)、不明ツバメ類2羽(アマツバメより小さいが、尾羽が四角っぽかった。写真は撮れず)、不明猛禽類1羽、ハヤブサ1羽、オジロワシ1羽

報告:kaitoさん・紋別市在住

コメント (0)

【野鳥情報】120829/紋別市南ヶ丘町/イワツバメ

2012年8月29日 紋別市南ヶ丘町 イワツバメ200+羽

報告:kaitoさん・紋別市在住

コメント (0)

【野鳥情報】120825/コムケ湖

2012年8月25日 紋別市コムケ湖 トウネン60+羽、ソリハシシギ15+羽、オグロシギ4羽、オオソリハシシギ2羽、コチドリ6+羽、ハマシギ1羽、メダイチドリ7羽、クイナ5羽、カワセミ3羽、アオサギ、カワラヒワ、コヨシキリ、ハヤブサ1羽、チュウヒ1羽、トビ、コアオアシシギ6+羽、オバシギ1羽、エリマキシギ1羽、オジロワシ1羽、ウミネコ、オオセグロカモメ、トウゾクカモメsp.、ダイゼン2羽、ダイサギ1羽、チュウサギ1羽、不明海鳥3羽、マガモ、カワアイサ、ヒドリガモ、チュウシャクシギ8羽、ホウロクシギ2羽、アオアシシギ3羽、タカブシギ8羽、ヒバリシギ5羽、ウズラシギ1羽、キリアイ6羽、クロハラアジサシ1羽(写真・アオサギの手前)、アオバト、キジバト、(ヨーロッパフラミンゴ1羽)

報告:kaitoさん・紋別市在住

コメント (0)

【野鳥情報】120727/コムケ湖

2012年7月27日 紋別市コムケ湖 カラシラサギ1羽(写真)、アオサギ23+羽、カワセミ1羽、オオジュリン2羽、ノビタキ3羽、ヒドリガモ1羽、マガモ12+羽、カワアイサ17羽、トウネン30+羽、オオセグロカモメ10+羽、ウミネコ34+羽、不明海ガモ4羽、オジロワシ1羽、ハシブトガラス、ヒバリ10+羽、エゾセンニュウ(声)、コヨシキリ、キジバト4羽、(ヨーロッパフラミンゴ1羽)

報告:kaitoさん・紋別市在住

 

コメント (0)

【野鳥情報】120827/濤沸湖

2012年8月27日 網走市濤沸湖

ヘラシギ幼鳥1羽

報告:なべよしさん・網走市在住

コメント (0)

【野鳥情報】120826/コムケ湖周辺

2012年8月26日 紋別市コムケ湖(探鳥会開始前) アオサギ、メダイチドリ、オグロシギ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、ヒバリ、コサメビタキ、ハシブトガラ、メジロ

報告:A.S.さん・北見市在住

コメント (0)

【探鳥会報告】120826/コムケ湖

2012年8月26日 コムケ湖

お盆を過ぎれば北海道の夏は終わるというのが、道産子の一般常識だったはず。ところが今年はお盆を過ぎてからの気温の上昇が凄まじい・・・。今日のコムケ湖探鳥会は流石に真夏日には届かなかったけれど、ちょっと嫌になる蒸し暑さに加えて、力強い日差しを浴びながら始まりました。

まずはキャンプ場前の干潟と、その奥に広がるコムケ湖の湖面の鳥を観察します。湖岸にとまるオジロワシにホウロクシギ、いち早く南下してきただろうハジロカイツブリの小群や、ブイにとまるカワウをスコープで見ますが、どれも陽炎に揺らめきはっきり見ることが出来ません。手前の干潟には残念ながらシギチドリは皆無だったため、早々に観察場所を共和橋の方へ移動しました。

共和橋からは最近話題の脱走フラミンゴを遠望することができました。本日の参加者のたぶん一番の目的がこの鳥だったのでしょう(?) 。目の前の干潟に集まるシギチドリには目もくれず、皆一斉にスコープの照準を遠方の見慣れぬ大きなピンク色の鳥に定めました。アオサギの群れの中で休むフラミンゴの姿は、優雅で美しく見えますが、個人的にはオホーツクの景色には似合わない気がしています。とても大変な作業になると思いますが、今後の捕獲作業の成功を心より願っています。


(ヨーロッパフラミンゴ:2012.8.14撮影画像)

フラミンゴで一時的に盛り上がった後は、本当の目的のシギチドリを皆でじっくり観察しました。やはり野鳥の会の探鳥会は野鳥の観察が一番ですね!!

【確認種】ハジロカイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、マガモ、ヒドリガモ、スズガモ、トビ、オジロワシ、オオタカ、コチドリ、メダイチドリ、ダイゼン、トウネン、ヒバリシギ、ハマシギ、オバシギ、エリマキシギ、キリアイ、コアオアシシギ、アオアシシギ、タカブシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、オグロシギ、オオソリハシシギ、ホウロクシギ、チュウシャクシギ、オオセグロカモメ、ウミネコ、キジバト、アオバト、アカゲラ、ヒバリ、ハクセキレイ、ノビタキ、シマセンニュウ、コヨシキリ、オオジュリン、カワラヒワ、ベニマシコ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト、ヨーロッパフラミンゴ(以上、47種)

【参加者】31名(内訳:紋別市4名、北見市5名、網走市4名、遠軽町1名、湧別町1名、滝上町3名、雄武町1名、小清水町2名、中富良野町2名、栃木県6名、兵庫県1名、岡山県1名)

 

コメント (0)

【野鳥情報】120613-0824/雄武町、興部町、枝幸町、浜頓別町など

2012年6月13日 興部町豊野前浜 オオジュリン、アオジ、ノビタキ、カワラヒワ、コヨシキリ、ヒバリ、ウグイス声、オオジシギ声

6月14日 雄武町潮見町 ベニマシコ、カワラヒワ、コヨシキリ、コムクドリ、ウグイス声

6月15日 雄武町栄丘前浜 ヒバリ、ノゴマ、コチドリ、ハクセキレイ、コヨシキリ、アオサギ、アオバト声、ウグイス声

同日 豊野前浜 コヨシキリ、ベニマシコ、ノビタキ、アオサギ、ウグイス声

6月18日 潮見町 ノゴマ、ノビタキ、ベニマシコ、カワラヒワ、コヨシキリ、オオジシギ、ハクセキレイ、ウグイス声、エゾセンニュウ声

6月19日 栄丘前浜 コヨシキリ、オオジュリン、ハクセキレイ、ヒバリ

6月21日 豊野前浜 ノビタキ、アオサギ

同日 栄丘前浜 コチドリ、ハクセキレイ、ヒバリ

6月22日 豊野前浜 ノビタキ3羽、ベニマシコ2羽、カワラヒワ

同日 栄丘前浜 ハクセキレイ、アオバト2羽、カワラヒワ、オジロワシ1羽、ヒバリ、コヨシキリ声

6月24日 浜頓別町斜内前浜 イソヒヨドリ、ウグイス声、ノビタキ

6月25日 紋別市小向原生花園 ノビタキ、ウグイス声、ノゴマ、オオジュリン、オジロワシ

同日 豊野前浜 ウグイス声、ハクセキレイ、カッコウ声、ツツドリ声、ノビタキ、コヨシキリ、アオジ、ベニマシコ、カワラヒワ

同日 栄丘前浜 ノゴマ、ハクセキレイ、オジロワシ

6月28日 雄武町市街 ノゴマ、ノビタキ、オオジシギ、エゾセンニュウ声、ウグイス声、カッコウ声

6月29日 栄丘前浜 ノビタキ、カワラヒワ、オオジュリン、ウグイス声

7月3日 豊野前浜 オオジュリン、カワラヒワ、コヨシキリ、ノビタキ、ヒバリ、ハクセキレイ、カッコウ声、ウグイス声

7月5日 雄武町豊丘前浜 ムクドリ、アオサギ、ハシボソガラス、ノビタキ、カッコウ声、ウグイス声

7月9日 栄丘前浜 アオバト、コチドリ、ハシボソガラス、ノビタキ、ハクセキレイ、オジロワシ、カワラヒワ、ヒバリ声、ウグイス声

7月10日 栄丘前浜 ハクセキレイ、ノビタキ、オジロワシ2羽、コチドリ2羽

7月15日 斜内前浜 ハクセキレイ、ノビタキ、イソヒヨドリ、ハヤブサ4羽

7月16日 雄武町音標前浜 ノビタキ、ハクセキレイ、ウグイス声

7月17日 栄丘前浜 アオバト10羽、ハクセキレイ、ウグイス声

7月19日 栄丘前浜 オジロワシ1羽、ウグイス声

同日 豊野前浜 ノゴマ1羽、ハクセキレイ

7月20日 栄丘前浜 コチドリ、ハクセキレイ

7月21日 枝幸町神威岬公園 ハクセキレイ、ノゴマ、ウグイス声

7月23日 豊野 ベニマシコ♀、ノゴマ、カワラヒワ、コヨシキリ

同日 栄丘前浜 コチドリ、ハクセキレイ、ヒバリ、ハシボソガラス

7月24日 潮見町 オジロワシ、ノゴマ、キアシシギ、ノビタキ、アオサギ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ハシボソガラス、ベニマシコ、ウミネコ、カッコウ声、エゾセンニュウ声

7月25日 栄丘前浜 コチドリ2羽、ハクセキレイ、ヒバリ、ウグイス声、エゾセンニュウ声

同日 豊野前浜 オジロワシ2羽、コヨシキリ、カワラヒワ、アオバト2羽、ノゴマ5羽

7月29日 音標前浜 ハクセキレイ(ヒナも)

7月30日 枝幸町乙忠部前浜 カワセミ(海上を飛ぶ)、アオバト、ハクセキレイ

8月4日 神威岬公園 オジロワシ2羽

8月6日 斜内 ハヤブサ4羽、オジロワシ1羽

8月10日 神威岬公園 キセキレイ、ハクセキレイ

8月14日 斜内 ハヤブサ4羽

8月15日 斜内 イソヒヨドリ♂、ハヤブサ

8月18日 豊丘前浜 ウミネコ、キアシシギ、アオバト

8月24日 雄武町北雄武 ノビタキ、カワラヒワ、エゾセンニュウ声

以上、報告:Y.N.さん・雄武町在住

 

コメント (0)

【イベント情報】8月25-26日:続・たきのうえ的野鳥入門

8月25-26両日、滝上町にて「続・たきのうえ的野鳥入門/ふれあい探鳥会」が開催されます。どなたでも無料でご参加頂けます。どちらか1日のみでも、両日とも参加でもOKです。事前申し込みが必要になっております。詳しくは上の画像をご覧下さい(クリックで拡大されます)。

以下、滝上町観光協会様からの案内文です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月より「たきのうえ長期滞在モニター」として、道外のお客さま30名を5泊6日で受入れする事業を実施しております。これまでに4組を受入れ滝上を満喫いただいております。その企画の一環として、長期滞在者に本格的な野鳥観察としてもらおうと日本野鳥の会メンバーを招致し、イベントを行うなう事になりました。
これは昨年、滝上町観光協会で実施した「たきのうえ地元学」の野鳥入門をベースとしています。

このイベントについては、モニター参加者の野鳥観察と合わせ、地元の方との交流も目的としており、スケジュールの中で一般参加もできる「ふれあい探鳥会」を設定しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント (0)

【野鳥情報】120812/北見市中の島公園

2012年8月12日 北見市中の島公園 マガモ、オシドリ、カワアイサ、カワウ、トビ、オオハクチョウ、シジュウカラ、ヒヨドリ、カワセミ、ハシブトガラス、ノビタキ、センダイムシクイ

報告:A.S.さん・北見市在住

コメント (0)

【野鳥情報】120807/北見市/ヤマセミ

2012年8月7日 北見市・中の島公園 ヤマセミ

報告:A.S.さん・北見市在住

コメント (0)

【額縁クイズ】Q37

さて、これは何でしょう?

わかった方は、コメントをどうぞ。

 

コメント (3)

【探鳥会報告】120805/濤沸湖

2012年8月5日 濤沸湖

当地方は昨夜から雨。時々小降りにはなるものの降り止んではくれないまま、探鳥会開始の時刻を迎えました。

これまでならば濡れ鼠となりながらガンバッテの探鳥会なのですが、これからは違います。この春にオープンした「環境省濤沸湖水鳥・湿地センター」に入り、センターの中から観察することとしました。センターがオープンしてから私どもの探鳥会を濤沸湖で開催するのは今回が初めて。センターを「初めて見る・入る」という方も多く、ちょうど良いお披露目会となりました。

センター内はさすがに快適です。湖に面した観察スペースが十分にあり、フィールドスコープも数台設置されているので、屋内にいながら干潟のシギなどを観察することができます。一時間半ほどシギチを丹念に観察したり、展示物に触れてみたり、参加者それぞれがきままに過ごして終了としました。カワセミも一瞬姿を現しましたが、良いところには止まってくれず、残念でした。

濤沸湖のシギチシーズンはまだ始まったばかりです。今は夏羽が残った成鳥が多いのですが、今後は幼羽の個体が群れでやってきます。憧れのあんな鳥やこんな鳥が見られたりします。近郊にお住まいの方はもちろん、遠方の方も是非、晩夏から秋のオホーツク、シギチのオホーツクへお越し下さい。

ちなみに・・・。

このセンターには現在のところ、野鳥や湿地の生態系などに精通した職員の方が一人もおられません。地域の方々はじめ、遠方からも大勢の方々が来館されます。児童や生徒さんの見学もこれから増えてくるでしょう。そうして来館された方々に、濤沸湖やこの地域の自然環境について正しく解説できる方がいないのです。現在の職員の方々も日々一生懸命に努力されていますが、いかんせん自然科学の知識、ましてや経験は一朝一夕に身に付くものではありませんから・・・。

私どもは「自然科学に精通した職員を常駐させるべき」と開設前から何度も申し入れを行ってきているのですが、これまでのところ主張が受け入れられる様子はありません。せっかく設置されたこの立派な施設を今日のように存分に活用させてもらいつつも、今後も専門職員の配置を網走市や環境省に求め続けて参りたいと思っています。

【確認種】カワウ、アオサギ、カワアイサ、トビ、トウネン、ハマシギ、アオアシシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、オグロシギ、ジシギsp.、オオセグロカモメ、ウミネコ、キジバト、アマツバメ、カワセミ、ショウドウツバメ、ハクセキレイ、ノビタキ、オオジュリン、カワラヒワ、スズメ、ハシボソガラス(以上、23種:鳥の写真はすべてA.S.さんご提供)

【参加者】18名(内訳:網走市5名、小清水町3名、北見市6名、津別町1名、遠軽町1名、帯広市1名、浦河町1名)

 

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク