RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【定例探鳥会報告】170423/濤沸湖

ユリカモメ Larus ridibundus

ユリカモメ
Larus ridibundus

オオセグロカモメ Larus schistisagus

オオセグロカモメ
Larus schistisagus

ヒドリガモ Anas penelope 

ヒドリガモ
Anas penelope 

オオハクチョウ Cygnus cygnus

オオハクチョウ
Cygnus cygnus

ヒグマ Ursus arctos

ヒグマ
Ursus arctos

ヒグマ Ursus arctos

ヒグマ
Ursus arctos

ヒグマ Ursus arctos

ヒグマ
Ursus arctos

オオジュリン Emberiza schoeniclus

オオジュリン
Emberiza schoeniclus

キンクロハジロ Aythya fuligula

キンクロハジロ
Aythya fuligula

カワウ Phalacrocorax carbo

カワウ
Phalacrocorax carbo

カワラヒワ Chloris sinica

カワラヒワ
Chloris sinica

2017年4月23日
[濤沸湖]
網走周辺は前日から湿った雪が降り、一夜明けると白一色の世界へと戻っていました。春が一歩後退です。
そんな中、今年度最初の定例探鳥会を行いました。
8時、濤沸湖水鳥・湿地センターに集合し、そのままセンター前で観察開始。
たくさんのカモ類やカモメ類、コチドリ、オジロワシ、タンチョウなどを観察し、一時間近く経過していた頃に、「熊だ!」の声。
なんと、対岸にヒグマが一頭現れました。
最近も足跡が確認されるなど、クマがいることは知っていたものの、まさか探鳥会で見られるとは。
もちろん、遠く離れた対岸なので危険はありません。全員でじっくり観察することができました。
その後、開館したセンターの中に入り、鳥合わせをして解散となりました。

【確認種】ヒシクイ、オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カワウ、アオサギ、タンチョウ1羽、コチドリ、タシギ属一種、ユリカモメ、カモメ、シロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ムクドリ、ツグミ、ノビタキ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、オオジュリン、以上34種

【参加者】19名(内訳:網走市6名、北見市4名、小清水町2名、美幌町2名、津別町2名、遠軽町生田原1名、滝上町2名)

※ユリカモメからヒグマまでの写真はK.Y.氏ご提供。オオジュリンからカワラヒワまではY.O.氏ご提供。

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク