RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【定例探鳥会報告】170528/錦仙峡(滝上町)

定例探鳥会報告
2017年5月28日
[錦仙峡(滝上町)]
5月28日の錦仙峡での探鳥会は天気が心配でしたが何とか雨は降らず開催できました。
前日は気温が上がらなくとても寒かったので当日も同じだろうと思い、手袋とネックウォーマーと腰にカイロをあて臨みましたが、歩き出してすぐ暑くなりカイロを取り外しました。
さぁ行きましょうと橋にむかうとオジロワシが数羽のカラスに追いかけられ逃げていきました。
一瞬でしたのでオジロワシが何かを持っているかどうかはわかりませんでした。
遊歩道をいくと渓谷に朗々と響く綺麗なさえずりが。
キビタキです。
私たちに近いところに寄ってきてくれましたので全員で見ることができました。
そのキビタキの子は尾羽が片方抜けてなくなっているように見えました。
トラツグミの声も聞こえました。
そして水管橋(白橋)に昇っていくと絶好のポイントにオオルリが。
水管橋は人が通れるだけの橋で高い位置にあります。
らせん階段をあがると樹木が視線と同じ高さになります。
なのでここで木々のてっぺんにいる野鳥を観察できます。
そしてカワガラスも橋の上から見れました。
よく見るとその後をちょこちょことついてまわるものがいます。
どうやらカワガラスの子供のようです。
大きさは親とあまり変わりません。エサをねだっているようでした。
対岸に渡りモズ、イソシギを見てヤブサメの声を聴き、東屋から引き返す途中オジロワシが上空を飛んでいき、オジロで始まりオジロで終わった探鳥会になりました。

※なお、このときの探鳥会の様子が6月2日の北海道新聞オホーツク(遠紋)版に写真付きで紹介されました。

【確認種】ホオジロ、ヒヨドリ、オジロワシ、ハクセキレイ、クロツグミ、キセキレイ、キビタキ、カワガラス、トラツグミ、ゴジュウカラ、ヒバリ、オオルリ、モズ、イソシギ、ヤブサメ、センダイムシクイ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、アカハラ、アカゲラ、ニュウナイスズメ、スズメ、シジュウカラ、以上23種

【参加者】12名

報告:S.O.さん・滝上町在住

コメント (0)

【定例探鳥会報告】170604/鹿ノ子ダム(置戸町)

2017年6月4日鹿ノ子ダム(置戸町)探鳥会

2017年6月4日鹿ノ子ダム(置戸町)探鳥会

モズ Lanius bucephalus

モズ
Lanius bucephalus

ツツドリ Cuculus optatus

ツツドリ
Cuculus optatus

ハクセキレイ Motacilla alba

ハクセキレイ
Motacilla alba

ホオジロ Emberiza cioides

ホオジロ
Emberiza cioides

ヒガラ Periparus ater

ヒガラ
Periparus ater

定例探鳥会報告
2017年6月4日
[鹿ノ子ダム(置戸町)]
 雨がしとしと降る寒い探鳥会でした。これだけ雨が降れば参加者は少ないだろうと思っていました。ところが定刻の8時近くには19名の方が来られました。この雨の中、これだけ来られたら中止するわけにも行かず、定刻少し前に始めました。少しでも雨足が強くなればその時点で中止をしょうと思い開始したのです。この雨の中では鳥のさえずりはほとんどありません。ほんの一声でしたが、オオムシクイのさえずりが聞こえました。あとは雨の降る音に消され、私の耳には鳴き声が聞こえません。川崎支部長がホオジロを見つけ、皆さんに見せてくれました。よくもまぁあんな遠い所のホオジロを見つけるなんてすごい。その他コサメビタキやセンダイムシクイも観察できましたが、しとしと降る雨が衣服を濡らしはじめましたので30分足らずで中止としました。鳥あわせはメモ用紙が雨で濡れますが、急いで行い終了としました。
 これだけ集まった参加者、すごく物足りないのが伝わってきます。置戸町から参加の方に、どこか雨宿りができ鳥談義ができる場所がないか聞いてみました。置戸駅の「ゆうゆう」の2階で雑談できる所があると教えていただきました。希望者のみで参加を呼びかけたところ、15名の方々がお集まりいただきました。懇談会には毎回探鳥会参加の方や、久しぶりにお会いする方々。しばらく顔を見せていなかった方に聞くと、離島に行きヤツガシラや、シマアオジの写真撮影をしていた等々・・・・・。色々な情報を耳にしとても楽しいひとときでした。その後雨が止んだのを見はからい、置戸町秋田の遊水池へ探鳥会2次会をやることになり、秋田地区へ移動しました。ほとんどの方が秋田に行きましたが、着いたごろからまた雨が降り出しほんの少し鳥を見てここで解散としました。

【確認種】キジバト、ツツドリ、オオジシギ、ヤマゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヒガラ、シジュウカラ、イワツバメ、オオムシクイ、センダイムシクイ、コサメビタキ、キビタキ、キセキレイ、ハクセキレイ、ホオジロ、以上16種

【参加者】19名(内訳:置戸町2名、北見市10名、遠軽町生田原1名、滝上町2名、津別町1名、美幌町1名、小清水町1名、旭川市1名)

報告:花田行博さん・北見市在住
※鳥の写真はY.O.さんご提供

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク