RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【定例探鳥会報告】170702/ワッカ原生花園(北見市常呂町)

2017年7月2日
[ワッカ原生花園(北見市常呂町)]

今年もなぜか週末に雨が降ることが多いですね。
今日もどんよりとした雲の下での探鳥会となりました。
でも先週の土砂降りに比べたらシアワセです。
集合場所のワッカネイチャーセンターに到着すると、さっそくいろいろな鳥たちのコーラスに包まれました。
駐車場からもコヨシキリやノビタキ、オオジュリン、マキノセンニュウ(顔だけでしたが)などいろいろな鳥が見られ、開始前からすっかりできあがっていた一行でしたが、一応ちゃんと歩きました。
センターの脇を過ぎて通路をゆっくりと進むと、まずホオアカが現れてくれ、さらに進むとノゴマやベニマシコなども姿を見せてくれました。真っ赤な夏羽のベニマシコを目にされて「これに逢いに栃木から来たんです!」と仰っていたご夫婦が印象的でした。お見せできて良かったです。
今日はカッコウの姿が特に多く、あちらこちらでノビタキとの攻防が観察できました。あれだけカッコウが多いとノビタキやベニマシコなどの托卵相手は気が休まることがないだろうなあと、ちょっと気の毒な気もしましたが、まあ追いかけ回されるカッコウも気の毒ではあります。
1kmほど歩いて海岸へ出たところで鳥合わせをし、解散としました。
ワッカをはじめ、オムサロや小清水・以久科などのオホーツク海側の原生花園では鳥たちのほかにもハマナスやエゾスカシユリ、ハマボウフウ、ハマヒルガオ、エゾノシシウド、カワラナデシコなど、いろいろな野の花が楽しめます。お近くの方はもちろん、ご旅行の際などにも是非。

【確認種】スズガモ、キジバト、アオバト、カワウ、アオサギ、カッコウ、ウミネコ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ウグイス、マキノセンニュウ、シマセンニュウ、エゾセンニュウ、コヨシキリ、コムクドリ、ノゴマ、ノビタキ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオアカ、アオジ、オオジュリン、以上27種

【参加者】26名(内訳:北見市8名、北見市端野町2名、網走市3名、紋別市2名、佐呂間町1名、小清水町1名、津別町1名、置戸町1名、遠軽町生田原1名、滝上町3名、旭川市1名、栃木県那須塩原市2名)

コメント (0)

【額縁クイズ】Q82

さて、これは何でしょう?

さて、これは何でしょう?

わかった方は、コメントをどうぞ。

コメント (4)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク