RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【早朝探鳥会報告】180616/北見市端野町共栄ダム

【早朝探鳥会】
2018年6月16日[北見市端野町共栄ダム]
小雨が降ったり止んだりのとても寒い朝でした。着いたときほんのひとときでしたが、小雨も止み静寂なときがありました。
その静寂さをやぶるように、ダム湖の対面からぬえの声が聞こえます。「ヒィ~、ヒィ~」と。
家に帰り辞典で「ぬえ」を調べたところ次のように出ていました。
漢字で書くと夜と鳥をつけて書き「鵺:ぬえ」と書きます。
では鵺とは何かネットで調べてみました。
源頼政が退治したという、伝説上の妖力をもった怪獣。頭は猿、胴は狸、尾は蛇、手足は虎、声はトラツグミに似るという。となっており、トラツグミの別称あるいは得体の知れない鳥獣とのこと。
話が少し脱線しましたが、カイツブリが時々よい声で鳴いています。遠くにはカルガモがヒナを連れて泳ぐ姿が目に入ります。終わりになり鳥合わせをしている中で、誰かが今日の探鳥会カラスが出ませんでしたねと言われました。気がつけば誰もカラスの声は聞いていません。カラスの出ない探鳥会て、今まであったかな。
そんな思いをしながら車に乗り込もうとしたとき、ベニマシコとアオバトの声が聞こえました。その鳥も含め19種類確認です。

【確認種】トラツグミ、アカハラ、カイツブリ、アオジ、ツツドリ、ヒガラ、シジュウカラ、カルガモ、キジバト、カッコウ、キセキレイ、アリスイ、マガモ、クロツグミ、ハクセキレイ、アカゲラ、ヤブサメ、ベニマシコ、アオバト

【参加者】12名

報告:花田行博さん

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク