RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【定例探鳥会報告】180527/滝上町錦仙峡

オオルリ Cyanoptila cyanomelana

オオルリ
Cyanoptila cyanomelana

キセキレイ Motacilla cinerea

キセキレイ
Motacilla cinerea

カワガラス Cinclus pallasii

カワガラス
Cinclus pallasii

キビタキ Ficedula narcissina

キビタキ
Ficedula narcissina

カワアイサ Mergus merganser

カワアイサ
Mergus merganser

【定例探鳥会】
2018年5月27日[滝上町錦仙峡]

ホテル渓谷前の駐車場が集合場所ですが、集まってすぐ電線にホオジロがとまっています。
キビタキの呼ぶ声に惹かれて探鳥会をスタート。
キビタキのメスを確認してオスを探しますが、遠くに行ってしまいました。
滝が近くなってくると、わーっと歓声が。
カワアイサのオスの背中に子供が乗って激流を下っていきます。子供がたくさんいて背中に乗りきれない子もいます。一生懸命に親から離れないように川を下っていきました。
堰堤のところではお決まりのカワガラスがいてくれました。
参加者の方がヒナが2羽、岩の上に取り残されてしまっているのを発見しました。先ほどのカワアイサの子供のようでした。
親は川を下って行ってしまったので途方にくれているように見えます。しかし彼らは意を決して岩からダイブし川に飛び込んでいきました。親と会えるようにと願うばかりです。
しばらくすると鳴きながら飛ぶ黒い大きな鳥が。クマゲラです。錦仙峡でクマゲラを見るのは久しぶりなのでとても嬉しく思いました。
折り返し地点に近づいた時、
「ズダーン!」ととてつもなく大きな音が。それから4回連続で続きました。なんと銃声です。双眼鏡であたりを見回すと国道付近にパトカーとハンターらしき服を着た人が見えます。直線でわずか200メートル先で、滝上でよくクマが出没する場所です。
「これはクマですね」と参加者の皆さんに報告をして、引き返そうと思いましたが知人のハンターの人に連絡が取れ、仕留めたのが確認とれましたので、探鳥会を続行しました。
折り返し地点を過ぎ、緩やかな渚滑川の流れとアカハラの声を聞きながら安全に探鳥会は終了しました。

【確認種】カワアイサ、キビタキ、カワガラス、シジュウカラ、センダイムシクイ、オオルリ、ヒヨドリ、ツツドリ、ゴジュウカラ、クマゲラ、キジバト、ヒガラ、ヤマゲラ、モズ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ハシブトガラ、アカハラ、キバシリ、ヤブサメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ホオジロ、カッコウ、アカゲラ、以上26種類

【参加者】17名

報告:Susieさん※写真上4点はY.O.さん、カワアイサはSusieさんご提供。

コメント (0)

【定例探鳥会報告】180617/北見市常呂町ワッカ原生花園

2018年6月17日ワッカ原生花園探鳥会

2018年6月17日ワッカ原生花園探鳥会

【定例探鳥会】
2018年6月17日8:00~[北見市常呂町ワッカ原生花園]

久しぶりに晴れて、やっと気温二桁まで上昇。
今まで寒すぎたせいか、エゾスカシユリやハマナスはちらほら。センダイハギが見頃を迎えていました。
原生花園のスター、ノゴマがあちこちで姿を見せてくれました。ノビタキとヒバリも見やすい、助かる…。時々オオジュリンがちらほら。
湖の方を見ると、トビとオジロワシがバトルしていました。トビが持っている餌の魚をオジロワシが奪おうとしています。そうこうしているうちにトビが餌を落とし、オジロワシがそれを追いかけて降下していきました。どちらも巣に雛が待っているのでしょう。どっちもがんばってほしい。
遊歩道周辺ではマキノセンニュウとシマセンニュウも鳴いていますが姿見られず。そして当然エゾセンニュウも。なかなか手強い潜入ズ。彼らは繁殖のために来ているのであって、我々に見てもらうためにいるわけではないのですから、まあ仕方がない。とわかっているけどできれば見てみたいヒトの性。すぐそこで鳴いているエゾセンニュウを探してみましたが、結局今年も見つかりませんでした。
久しぶりにお会いする方々と楽しくお話しつつ、広大な原生花園の風景を堪能できた探鳥会でした。

【確認種】
キジバト、シロエリオオハム、カワウ、アオサギ、カッコウ、オオジシギ、トビ、オジロワシ、アリスイ、チゴハヤブサ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ウグイス、センダイムシクイ、マキノセンニュウ、シマセンニュウ、エゾセンニュウ、コヨシキリ、ムクドリ、アカハラ、ノゴマ、ノビタキ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、アオジ、オオジュリン(以上28種類)

【参加者】33名

報告:げらぞうさん

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク