RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【定例探鳥会報告】180923/オホーツクの村(小清水町)

42297475_674565382930363_5126791419150729216_o_

42300494_674565309597037_8056757785666256896_o_

42322584_674565229597045_8501257261232947200_o_

42324441_674565052930396_5442491826307072000_o_

42393916_674565146263720_694025938614091776_o_

42396114_674565449597023_4440868876938379264_o_

42427622_674564949597073_2677469512676147200_o_

42495742_674565102930391_5927485632224952320_o_

2018年9月23日9:00~
小清水町オホーツクの村で探鳥会。
場所がわからない方が多いだろうということで、まずは浜小清水の道の駅に集合してから車で移動しました。
入口の駐車場に車を停めて、アオジやゴジュウカラなどの声を聞きながらゆっくり歩きます。時々、ヒシクイの群れが上空を通過。良いところですね!
Oさんが道の脇にコヨシキリらしき巣を見つけてくださいました。巣立ったあとならじっくりと観察できます。繊細に編んでありますねー。
砂利道を進み、ログハウスに到着。(財)小清水自然と語る会のMoさんとMiさんが出迎えてくださり、森や池の成り立ちなどを解説いただきました。ここは人工の池ですが、ヨシや水生植物が繁茂してとても良い雰囲気。トンボもたくさん飛んでいます。カワセミもちらっと姿を見せてくれました。
Moさんのご案内でさらに森の奥へ。ヤチダモ主体の森が広がり、ところどころに巣箱が架けてありました。時々、モモンガが顔を出すそうです。
気持ち良く散策路を進み、水路を渡って止別川へ。河口にはカワアイサとコガモが休んでいました。
サケマスを捕獲するヤナを見学させていただきました。今はカラフトマスがたくさん遡上しています。なお、こちらは車両は入れませんのでご注意ください。
再び森の中をゆっくり歩き、駐車場に戻って鳥合わせをして解散。秋晴れの中、Maさん手作りのおはぎを頬張り、楽しくお話しつつ終了。ごちそうさまでした!
(財)小清水自然と語る会のMoさん、Miさん、たいへんお世話になりました。ありがとうございました!

【確認種】
ヒシクイ、オシドリ、コガモ、カワアイサ、キジバト、アオサギ、オオセグロカモメ、トビ、カワセミ、アカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒガラ、ハシブトガラ、キビタキ、ヒバリ、ゴジュウカラ、アオジ、ベニマシコ(以上19種類)
【参加者】23名

報告:げらぞうさん

※オホーツクの村についてはこちらをご参照ください。
【オホーツクの村(財)小清水自然と語る会】
http://www.okhotsk-no-mura.or.jp/
【オホーツクの村ブログ】
https://ameblo.jp/okhotsk-no-mura/
【小清水町:名所みどころ:オホーツクの村】
http://www.town.koshimizu.hokkaido.jp/hotnews/detail/00000262.html

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク