RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【イベント情報】第2回・海岸調査講習会を実施しました

2010年8月8日 8:30~、小清水町浜小清水前浜海岸にて海岸調査講習会を実施しました。4月に実施したものに続き、今年度2回目の講習会となります。

早朝までは土砂降りが続き中止も検討されるほどでしたが、集合時間までに少しずつ落ち着いてきて霧雨になったため実施することにしました。

ただ、どうもすっきりしない空模様だったため無理をせず、とりあえず当初はフレトイ展望台の上から周辺海上の海鳥をカウントすることにしました(写真1)。

ウトウがちらほらと浮かび、アジサシとクロトウゾクカモメが飛び、ずっと遠くにはアカエリヒレアシシギの群れも見られました。

そうこうしてるうちに晴れてきたので、やっぱり海岸を歩こうと、長靴に履き替えて、いざ海岸へ。

漂着したヒトデやクラゲやコンブ、貝殻、変わった形の流木などを観察・採集しながら進みます(写真2)。

今回は短い距離を往復するため、往路は波打ち際付近を歩き、復路は陸側を歩いて砂浜全体を往復分でカバーするようにしました。片道だけの調査の場合は見落としのないよう、広い砂浜をジグザグに歩いてカバーする必要がありますが、このやり方では体力的にかなりロスをするので、私どもでは今回のように往路と復路で歩くコースを若干変えて対応したり、あるいは複数名が横に並んで歩いて全体をカバーするようにするなど、状況に応じて柔軟に対応することを薦めています。

斜里方向へ1kmほど歩いたところでUターンし、スタート地点付近まで戻ったところで謎の骨(写真3:鳥類のものではないようです)を参加者の方が発見、サンプルとして全員で記録を録り、種を調べるために回収して終了としました。

今日は幸いにも鳥の死体や油などは確認されませんでした。

フレトイ展望台近くではカラフトキリギリスが鳴いていました。

確認種:ウsp.1羽、オジロワシ4羽、ウミネコ202+羽、オオセグロカモメ8+羽、ユリカモメ1羽、クロトウゾクカモメ成鳥暗色型2羽、アジサシ9+羽、アカエリヒレアシシギ100±羽、ツバメsp.1羽、ハクセキ レイ2+羽、カワラヒワ1羽、以上12種類
参加者:6名 (内訳:北見市1名、網走市2名、津別町1名、小清水町2名)

コメント (1)

コメント(1) »

  1. この時に発見・回収した「謎の骨」は、ウミガメ類の骨であることが判明しました。
    種についてはまだ不明ですが、今後判明しましたらまたご報告致します。

    コメント Webmaster
    2010年8月15日 8:33 PM

コメントのRSSを取得する トラックバック

コメントする

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク