RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【探鳥会報告】100509/佐呂間町サロマ湖畔遊歩道

2010年5月9日 佐呂間町・サロマ湖畔遊歩道

朝の気温6℃。あいにくいの肌寒さではありましたが、前夜の雨は上がり、風もあまりなく、とりあえず「良かった良かった」と胸を撫で下ろしながらのスタートでした。

今日の担当者である当会幹事で東京農大オホーツクキャンパス4年のO君が簡単にご挨拶をしたあと、道路を渡って遊歩道に入りました。

ニリンソウやアズマイチゲ、エゾエンゴサク、キバナノアマナなどの可憐な花々が遊歩道の両脇を彩り、視線はどうしても地面へ吸い寄せられますが、耳はしっかりと鳥たちの声を聞き逃さぬように集中し、ヤブサメやセンダイムシクイ、キクイタダキ、キバシリなどのさえずりをたっぷり堪能しました。

天候不順が影響してか、やはり今回もキビタキやオオルリといった夏鳥たちが到着していなかったようでちょっと残念ではありましたが、それでも鳥合わせをしてみたら30種類もの鳥たちを確認することができました。

夏鳥フルメンバーのコーラスは、来週以降の探鳥会にお預けです。本日、ご参加いただいた皆様、寒い中、どうもありがとうございました。

次の定例探鳥会は5月16日(日)、置戸町鹿ノ子ダムにて開催します。参加される方は7:00までに、同ダム湖畔(左岸側上流)にある森林体験交流センター前の駐車場にお集まりください。集合場所から移動して実施しますので、時間厳守でお願い致します。

確認種:アオサギ、スズガモ、ウミアイサ、カワアイサ、トビ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、キジバト、アカゲラ、コゲラ、ヒバリ、ヒヨドリ、クロツグミ、ヤブサメ、ウグイス、センダイムシクイ、キクイタダキ、エナガ、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、ゴジュウカラ、キバシリ、アオジ、カワラヒワ、ニュウナイスズメ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス(以上30種)

参加者:30名(内訳:北見市11名、網走市7名、紋別市2名、遠軽町1名、遠軽町生田原2名、湧別町1名、小清水町2名、斜里町1名、津別町1名、東京都2名)

コメント (0)

コメントはまだありません。

コメントのRSSを取得する トラックバック

コメントする

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク