日本野鳥の会オホーツク支部(以下、当支部)のWebサイトをご訪問いただき、ありがとうございます。簡単に自己紹介いたします。


《当支部の歴史》
  • 1987年4月、北海道網走支庁(現:オホーツク総合振興局)管内にある「北見市」在住の野鳥愛好家を中心に、「日本野鳥の会北見支部」として設立。
  • 1997年4月、北見市民以外の会員も増え、活動エリアも広域になったことから、より広い視野を持って活動を展開するため「日本野鳥の会オホーツク支部」へ名称を変更。
  • 2006年2月、知床半島を中心とした広い地域に油に汚染された海鳥の死体が大量漂着(5,600羽:当支部調べ)する事件が発生、関係各機関への協力はもちろん、独自の現地調査や情報発信など、積極的な対応を行う。
  • 2006年6月、現代のオホーツクで活動する者としての想いを込めたオリジナル・エンブレムを制定。
  • 2008年春、管内において高病原性鳥インフルエンザの発症が確認され、オオハクチョウを中心とした水禽類の監視活動を行う。
  • 2009年5月、これまでの活動が認められ、「第63回全国野鳥保護のつどい」において、野生生物保護功労団体として表彰(環境省自然環境局長賞)される。
  • 2010年4月、国の公益法人制度改革により、「日本野鳥の会オホーツク」へ名称を変更。
  • 2012年4月、国の方針転換に伴い、以前の名称である「日本野鳥の会オホーツク支部」に復帰。
 《当支部の運営・性格》
  • 設立当初より、10〜15名ほどのスタッフが中心となって運営を続けています。
  • スタッフは支部長以下全員ボランティアで、報酬はありません。
  • 専用事務所は設置しておらず、事務局長の自宅に間借りする形となっています。
  • 当支部は「公益財団法人日本野鳥の会(以下便宜上“財団本部”と呼びます)」の協力団体です。
  • 当支部自体は法人格は有しておらず、任意団体となります。
《会員の構成》
  • 設立当初は30名ほどでしたが、年々入会者が増え、2014年2月末現在、241名となっています。
  • 右グラフは2012年2月末時点の会員居住地の内訳です。地元オホーツク管内の会員は約73%、オホーツク管内以外の道内会員は約10%、道外会員は約17%となっていました。現在も大差ありません。
  • 会員の大半が北見市と網走市に集中しており、他の市町村では極端に少ない傾向にあります。人的不足もあり、探鳥会を活動エリア各地で満遍なく実施できないなど、私どもの努力不足は否めません。今後の課題です。
  • 近年は地元オホーツク管内のみならず、札幌などの道内他地域、また首都圏など道外にお住まいの方々が入会されることも増えています。
  • 年代別では中高年の方々が中心となっており、ご夫婦やご家族で入会され、健康増進・夫婦(家庭)円満などの目的で積極的に探鳥会などの活動に参加される方も多くおられます。
  • 当支部は運営スタッフをはじめ30〜40代の若い世代の会員が比較的多いことも特徴の一つです。また、役員のほぼ半数が女性であり、柔軟で親しみやすい雰囲気作りに貢献しています。女性だけの「女子探鳥会」も実施し、好評頂いております。
  • 近年は網走市にある東京農業大学オホーツクキャンパスの学生らが積極的に参加されており、幹事等のスタッフとして当会の運営の一翼を担う活躍をしてくれています(学生さんは気軽にご連絡下さい)。
《主な活動内容》
  • 毎月、支部報『Bird Call(バードコール)』を発行しています。内容は鳥情報やエッセイ、その他企画記事など。諸物高騰・経費削減が叫ばれ、各団体が軒並み会報の発行回数を減らす中、知恵を出し合って工夫しながら発刊以来今日まで「毎月発行」というペースを守り続けています。健康上の理由や遠方在住で探鳥会などの活動になかなか参加できない会員の方々が多い中、「せめて支部報だけでも毎月お手元に届けたい」という想いからです。支部報自体は決して立派なものではありませんが、気持ちはいっぱいこもっています。2011年より電子メールによるPDF配信も始めました(切り替え希望の方はご連絡下さい)。
  • オホーツク管内を中心とした各地で年20回ほどの定例探鳥会を実施しているほか、早朝探鳥会なども可能な限り企画実施しています。「夜の探鳥(聴)会」や「女子探鳥会」なども実施しております。
  • 会員向けの探鳥ツアーなども企画実施しています(過去には「八ヶ岳倶楽部ツアー」や「三宅島ツアー」を実施しました)。
  • 海岸調査講習会や出前探鳥会など、各種の講座等を企画実施しています。
  • 環境省や財団本部が主催する全国調査など、自然を守るための調査・監視活動に協力しています。
  • 海岸調査など、支部独自の調査・監視活動を継続して行っています。
  • 地域の自治体や学校・各種団体・企業等が行うイベントや勉強会・環境教育活動などへの講師派遣を行っています。
  • 当Webサイト(日本語版/英語版)や油汚染専門ブログなどを運営し、国内外へ向けて地域からの情報発信を続けています。
  • エンブレムをモチーフとした各種オリジナルグッズを制作し、会員の方向けにほぼ原価で販売しています。
  • 会員はもとより、一般の方々や野鳥を研究している学生、報道関係等からの問い合わせに、誠意をもって対応しています。
《活動エリアとその特徴》
  • 当支部の活動エリアは北海道オホーツク総合振興局(旧網走支庁)の管内(一般に“オホーツク管内”と呼称)を主としています。
  • このエリアには、北見市・網走市・紋別市・雄武町・西興部村・興部町・滝上町・遠軽町・湧別町・佐呂間町・置戸町・訓子府町・美幌町・津別町・大空町・小清水町・清里町・斜里町の18市町村があります。
  • このエリアの面積は10,690km2(新潟県に匹敵)、人口は約325,000人です。海岸線の総延長は約280kmです。
  • エリアの中には知床国立公園・阿寒国立公園・網走国定公園・斜里岳道立自然公園・天塩岳道立自然公園が含まれており、北海道の中でも特に自然景観豊かな地域です。
  • コムケ湖・シブノツナイ湖・サロマ湖・能取湖・網走湖・藻琴湖・濤沸湖・濤釣沼・知床五湖など、湖沼が多いことも特徴の一つです。
  • 冬期間の寒さは厳しいものの、年間を通じて晴天の日が多く(年間平均降水量は約800mm)、気候は比較的穏やかです。
  • 冬季(例年1月下旬〜3月)には、流氷がオホーツク海を覆います。
《入会するには》
  • 当支部は随時会員募集中です。特別な資格や制約などはありません。野鳥や自然が好きな方ならば、どなたでも会員になれます。
  • 探鳥会などの活動への参加義務はありません。「活動には直接参加できないが資金的に応援したい」といったおこころざしも大歓迎です。遠方の方も是非ご入会をご検討ください。
  • もちろん、「探鳥会リーダーとして頑張ってみたい」という方(“こんな探鳥会をやってみたい”などという企画の持ち込みも歓迎です)、「これまでの社会での経験を何かの形で活かしたい」とお考えの方など、積極的に当会の運営に携わりたい方も大歓迎です。年齢・性別等は問いません。是非あなたの力を貸してください。
  • 当支部の年会費は1,500円です。これ以外に財団本部の事務経費分として1,000円、初回のみ入会金として1,000円が必要となります。つまり、合計3,500円/年(2年目以降は2,500円)となります。当支部の会報が毎月届きます。
  • 当支部+財団本部にもご入会いただく場合(当支部の支部報+本部発行の『野鳥』誌が年10回届きます)は、当支部の年会費1,500円+財団本部年会費5,000円+初回のみ入会金1,000円となり、合計7,500円/年となります(2年目以降は6,500円)。
  • 財団本部の年会費は、小中学生、高校生、70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方などを対象とした割引制度があります。
  • 個人/法人特別会員制度や生涯会員制度などもあります。
  • 会員になると宿泊施設やレンタカーなどが格安でご利用いただける割引制度もございます。詳しくは以下の財団本部Webページをご参照ください。オホーツク管内の協定旅館は“リンク集”のページに掲載しています。そちらもご覧ください。
  • 会員種別や各種制度など、詳しくはこちらの財団本部Webページ、もしくは入会パンフレットをご参照ください。
  • 探鳥会などのイベントの際には、入会パンフレットや当会が発行している支部報『Bird Call』などをご希望に応じて無料でお渡ししています。イベントに参加する機会が持てない方へはこちらからお送りさせていただくこともできますので、管理人までお気軽にお問い合わせください。
  • また、網走市呼人の喫茶店『Tea Salon ふれっぷ』でも入会パンフレットをお配りしています。『ふれっぷ』では図鑑や双眼鏡など、各種バードウォッチンググッズの注文受付や販売、また当支部オリジナルグッズの販売も行っております。お近くをお通りの際、呼人探鳥遊歩道へ行かれる際には是非一度お立ち寄りください。優しいママと美味しい珈琲がお迎えいたします。
  • オホーツク管内において、入会パンフレットなどを置いていただけるお店や施設を随時募集しています。協力店・施設は当サイトや支部報にてご紹介させていただきます。管理人までご一報ください。ご協力をよろしくお願いいたします。
 
《当支部オリジナルグッズのご紹介》
 <Tシャツ>
2014年にモンベル社製の高機能素材(ウィックロン)を使用した製品にリニューアルしました!!
エンブレムは背中に大きくプリントされています。
サイズ:S,M,L
カラー:ネイビー

販売価格:2600円
<野帳(フィールドノート)>
コクヨの隠れた名品・測量野帳(セ-Y3)がベースです。
特注のネイビーの地に銀の箔押しエンブレムが光ります。
大変人気があり、お土産としてまとめてご購入される方も。
販売価格:230円(1冊)

値段は2015年4月1日現在です。商品の仕様や値段は予告なく変更する場合があります。
このほかにもステッカーなどがあります。
これらのオリジナルグッズは網走市呼人の『Tea Salon ふれっぷ』や、当支部主催の探鳥会等のイベント時にお買い求めいただけます(在庫のない場合はご容赦ください)。
特別な事情がない限り、通信販売は行っておりません。ご希望の方は恐れ入りますがオホーツクまでお越しください。
オホーツク管内以外の地域では入手困難なものばかりですので、鳥仲間へのお土産などにもご利用ください。
 
 
《「第63回 愛鳥週間 全国野鳥保護のつどい」における表彰について》  
  
  
2009年5月10日、釧路市観光国際交流センターにおいて、常陸宮・同妃両殿下ご臨席のもと、「第63回 愛鳥週間 全国野鳥保護のつどい」(主催:環境省・財団法人日本鳥類保護連盟・北海道・釧路市)が開催され、野生生物保護功労者・団体のうち一つとして、私ども日本野鳥の会オホーツク支部が環境省自然環境局長賞を受賞しました。

<当支部の受賞理由>
「平成18年にオホーツク海で発生した水鳥油汚染の際に活動し、それ以降、巡視活動を継続した。また、年間30回程度の観察会やホームページでの情報提供など野鳥保護について普及啓発に努めるとともに、野鳥生息調査や鳥インフルエンザ調査など野生生物保護行政の推進に協力した。」

これも偏に日頃から当会の活動にご支援ご協力いただいている会員皆様のお陰と心から感謝申し上げます。今後もオホーツク管内の鳥のため、人のため、地域のために努力して参ります。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。