アオバト
Sphenurus sieboldii



ほぼ全身緑色のとてもきれいなハトです。
さらに♂では翼の一部が赤紫色になり、ハッと息をのむような美しさがあります。
その反面、鳴き声はもの悲しい”オー,オアーオー,オアーオ,アオアーオ・・・”というもので、
薄暗い林内などで聞くとあまり気持ちの良いものではありません。
北海道では夏鳥として低地〜山地の林に渡来し、普通に見られます。
群れで海岸にやってきて海水を飲むことが知られており、北海道では特に小樽の張碓海岸が有名です。
濤沸湖でも海水濃度の高いあたりに群れでやってきて水を飲んでいます。




♂ 2002.08.24 東京都(撮影:ミドリンさん)