ダイサギ
Ardea alba



北海道ではまれな、あるいは数少ない旅鳥でしたが、近年は渡来数が増え、
道南では周年見られ、繁殖の可能性もあるようです。
オホーツク圏でもかつてはまれな旅鳥でしたが、近年は春・秋の渡りの時期に
涛沸湖などの沿岸にある湖沼域で少数がほぼ毎年観察されるようになりました。
本種には「ダイサギ」と「チュウダイサギ」という2つの亜種があり、
体の大きさや脚の色などで見分けることができます。
はっきりとしたことはまだ分かりませんが、オホーツク圏では亜種ダイサギが
見られることの方が多いように思います。




2001.04.10 沖縄県石垣島



9羽の群れの飛翔 2003.11.19 涛沸湖