エゾムシクイ
Phylloscopus borealoides



夏鳥として渡来し、主に針葉樹の多い山地の森林で見られますが、
渡りの時期には市街地の公園などでも姿が見られます。
個体数は少なくなく、繁殖期には”ヒーツーキー、ヒーツーキー”という
金属的な高音の特徴的なさえずりが森のあちらこちらから聞かれます。
センダイムシクイやメボソムシクイに比べると上面の褐色味が強く、頭部は灰色味があることから、
観察条件が良ければ見分けるのもそれほど難しくはありません。
地鳴きは金属的な”ピッ、ピッ”というもので、こちらも独特の響きがあります。




上面はやや緑色を帯びた褐色で、頭部は灰色みが強い。下面は汚白色で、比較的一様。
2003.05.14 北海道



光線の角度によっては、頭部と背以下の上面との色の差が微妙になるため注意。
メボソムシクイやセンダイムシクイに比べると緑色みは弱く、褐色みが強い印象を受ける。

2003.05.14 北海道