カワアイサ
Mergus merganser



冬に多く見られますが、夏にも見られ、繁殖もしています。
名前の通り河川や湖沼で見られることが多いですが、海に出ることもしばしばあります。
♀はしばしばウミアイサとの区別が問題になりますが、体が一回り大きいこと、
また太めのがっしりとした体型であること、頭部の形の違いなどで見分けられます。



♂成鳥 2001.02.27 網走川河口



飛翔(右が♀、ほかは♂) 2001.03.22 北海道



♀(手前右はホオジロガモ、手前左と後ろはマガモ。体が大きく、頸や嘴基部が太い)
2003.02.23 涛沸湖(撮影:飛田八壽夫さん)




♀(茶褐色の頭部と白い胸との境界が明瞭。頭部の冠羽の形もウミアイサと異なる)
2004.02.11 涛沸湖(撮影:飛田八壽夫さん)




♂(後部にいるホオジロガモやマガモと比較して体が一回り大きい)
2003.02.23 涛沸湖(撮影:飛田八壽夫さん)