コゲラ
Dendrocopos kizuki



スズメくらいの大きさの小さなキツツキです。
大きさはコアカゲラに近いですが、本種は灰色みを帯びた褐色と白の模様をしており、
コアカゲラのような白黒模様ではなく、簡単に見分けられます。
また、鳴き声が非常に特徴的で、かすれたような「ギー」という声です。
特に冬の間はカラ類の混群に混じって行動することが多く、
カラ類の「チーチー」といった声に混じって「ギー」と聞こえ、その存在が分かります。
小さい体を活かして細い枝などにも止まりますが、
ツル性植物や草本の茎などに止まる割合はコアカゲラの方が多いです。
♂は後頭部の横に小さな赤斑がありますが、野外では確認しにくいことが多いです。



♀(虫を食べるほかに樹液を吸うこともある。
堅い尾羽を木の幹にグッと押しつけ、体を支えながら幹に垂直に止まる)

2003.04.22 北海道

木の枝に横に止まることもある。
横になったまま枝上を歩いたりもする。
2003.04.22 北海道