ミサゴ
Pandion haliaetus



白と黒の2トーンと、スリムな体が特徴的なワシタカ類です。
およそトビほどの大きさですが、翼はより細長く見えます。
魚食性のタカで、川や海・湖の上を飛びながら獲物を見つけると、
ホバリングをして狙いを定めてから一気に急降下して仕留めます。
管内では主に夏鳥として湖沼や大きな河川周辺などに渡来しますが、
実際の生息数などはよく分かっていません。
渡りの時期には海岸付近や町中でも見かけることがあります。
普通は胸に黒い帯がありますが、♂ではこの帯が細くて色も淡い傾向があり、
♀は逆に帯が太く、色も濃い傾向があります。




♀成鳥 2001.04.29 美幌町(撮影:YOKOさん)



♀成鳥(胸の帯の色が濃く、かなり太い) 2001.04.29 美幌町(撮影:YOKOさん)



♀成鳥(魚?を食べる。止まっている時も横長のスリムな体がよく分かる)
2001.04.29 美幌町(撮影:YOKOさん)