モズ
Lanius bucephalus



日本全国に広く分布する種で、北海道でも普通に見られます。
オホーツク圏では基本的に夏鳥ですが、越冬するものも少数いるようです。
主に平地の河川敷や草原などで見られますが、
山間部でも開けた環境があればたいてい姿が見られます。
”キィーキィーキィー”や、”ギチギチギチ”、”ギュン、ギュン”といった金切り声で啼き、
枯れ枝や牧柵の上などの目立つところに止まるので、観察するのは比較的容易です。
♂は背中が灰色で太くて目立つ黒い過眼線があり、翼の一部に白斑があります。
♀は全体に褐色と♂よりも地味な羽色をしており、翼の白斑はありません。
ただ、高標高(高緯度)地域に生息するものの中には、全体にグレー味が強く、一見して
オオモズやチゴモズに似て見える個体(俗に”高原モズ”と言います)もいるため、注意が必要です。
その鋭い嘴から分かるように、肉食の鳥で、
カエルやバッタ等の他、小鳥を狩ることもあります。
捕った獲物を枝などに刺して置く「はやにえ」という行動が知られていますが、
その理由についてはよく分かっていないようです。




♂ 2003.04.28 斜里町



♂(初列風切の一部に白斑がある。
写真ではわずかに認められる程度だが、もう少し大きく見えることが多い。
太く頑丈そうで、かつ先の尖った嘴は猛禽類のそれを思わせる)
2003.04.29 斜里町