オオジュリン
Emberiza schoeniclus



北海道では夏鳥として渡来し、海岸草原や湖沼・河川のヨシ原などで
普通に見られるほか、越冬する個体も少数います。
渡りの時期には小群となり、河川敷や荒れ地などの地上で餌を採る姿をよく目にします。
繁殖期に♂は目立つところに止まり、”チュイッ、チッ、ジュイーン”などと聞こえる声でさえずります。




♂夏羽 2003.05.01 涛沸湖



♀夏羽 2003.05.01 涛沸湖