オオルリ
Blue-and-white Flycatcher   Cyanoptila cyanomelana


写真1
2005年5月27日 清里町 ♂ (撮影:たろべえさん)
♂は上面が瑠璃色で顔から胸は黒く、腹以下は白い.
写真2
データは写真1に同じ(こちらは♀)
嘴は太めで足は黒い.♀は全体に褐色で尾の赤みが強い.喉が暗色.


体長16cm スズメ(Passer montanus)よりもやや大きい
オホーツク圏では夏鳥として渡来し、平地から山地の森林に生息する。特に山間部の沢沿いの森林に多く、平地の明るい河畔林や防風林には少ない傾向がある。渡りの時期には市街地の公園などにも出現する。岩場や崖の隙間などにコケを用いて営巣するが、人家のブロック塀など、人工物に営巣する例もしばしばある。
コルリ(Luscinia cyane)はやや小さくてより細身の体型で、姿勢は本種のように直立したものではなく水平に近い。嘴は細く、足は長くてピンク色。キビタキ(Ficedula narcissina)の♀は本種の♀に似るが、やや小さくて華奢な体型に見え、嘴は細い。全体にオリーブ色みが強く、尾に赤みは特にない。喉はより淡色。

参考文献
「北海道野鳥図鑑(河井大輔、川崎康弘、島田明英)」亜璃西社 2003
「決定版日本の野鳥590(真木広造、大西敏一)」平凡社 2000
「Birds of East Asia(Mark Brazil)」Christopher Helm 2009