シジュウカラ
Parus minor



身近なカラ類で、市街地でもよく見ることができます。
胸から腹にかけてネクタイ状の黒い帯が出ることが特徴で、
この黒帯は♂の方が太いという雌雄差が見られます。
繁殖期には♂が目立つところに止まり、”ツツピー、ツツピー”と聞こえる声でさえずります。
結構気の強い鳥で、庭の餌台などでは他のカラ類やスズメなどを追い払うこともしばしばです。




♂ 2003.05.31 北海道