シロハヤブサ
Falco rusticolus



その名の通り白いハヤブサ科の鳥ですが、羽色により淡色型・中間型・暗色型の3タイプに分けられ、
本当に「白い!」と感じるのは淡色型の個体です。
ハヤブサよりも大きく、胴体も太めでがっしりとしており、迫力満点でファンが多いのも頷けます。
冬鳥として渡来しますが数は少なく、渡来地としては主に根室地方や、
近年では道南の砂原町が知られています。
オホーツク圏ではほぼ毎年記録されますが、定着することはまれで、
主に11〜12月の初冬に移動途中と思われる個体が1、2羽記録される程度です。




淡色型 2002.12.07 砂原町(撮影:ミドリンさん)