ツノメドリ
Horned Puffin   Fratercula corniculata




体長38cm 翼開長56-58cm ウトウ(Cerorhinca monocerata)やエトピリカ(Fratercula cirrhata)とほぼ同大
オホーツク圏では過去1例[1968年12月10日/網走市北浜海岸/1羽・死体拾得]の記録しかない迷鳥。ただし、海上(特に沖合)に分布する種については未解明の点が多く、今後調査研究が進めば新知見が得られる可能性がある。
夏羽は特徴的で混同する可能性はない。エトピリカは体下面が一様に黒っぽく(本種の体下面は白い)、冬羽や幼鳥は顔が黒っぽく、嘴は赤みを帯びた部分の面積が広い。

参考文献
「北海道野鳥図鑑(河井大輔、川崎康弘、島田明英)」亜璃西社 2003
「決定版日本の野鳥590(真木広造、大西敏一)」平凡社 2000
「The Sibley Guide to Birds(David Allen Sibleyl)」National Audubon Society 2000

「Birds of East Asia(Mark Brazil)」Christopher Helm 2009