ウトウ
Cerorhinca monocerata



天売島をはじめとして、道東の島嶼などに集団繁殖地があります。
オホーツク圏内には集団繁殖地がありませんが、沿岸海域では流氷接岸期を含む厳冬期を除いて、
ほぼ周年その姿を少なからず見ることができます。
大型のウミスズメ類で、上面は暗褐色、下面は白っぽく見えます。
夏羽では上嘴基部に突起が出、顔には2本の白線が現れます。




夏羽 2003.05.18 網走沖


夏羽の頭部アップ(上嘴基部の突起が分かる。
突起を除けば、頭頂から嘴先端までのラインが直線的で、
意外に特徴的なシルエットとなる。
顔には2本の白線が明瞭に出る。
嘴は鮮やかなオレンジ色)
2003.05.18 網走沖
海面上で羽ばたく(体下面は結構白っぽい)
2003.05.18 網走沖