ヤマヒバリ
Siberian Accentor   Prunella montanella


写真1
2007年1月5日 網走市 (撮影:タムさん)
眉斑と喉からの下面が黄褐色.頭上と過眼線は黒い.


体長14cm スズメ(Passer montanus)くらいの大きさ
オホーツク圏では迷鳥として過去1例[2007年1月5日/網走市/1羽(写真1)]の記録がある。やや荒れた天候の中、軒先のヒバ類の垣根の中で休んでいた。
ミヤマホオジロ(Emberiza elegans)の♂は胸に三角形の大きな黒斑があり、下面は白い。眉斑や喉の黄色もクリーンなレモンイエローで褐色みはない。冠羽がある。

参考文献
「北海道野鳥図鑑(河井大輔、川崎康弘、島田明英)」亜璃西社 2003
「決定版日本の野鳥590(真木広造、大西敏一)」平凡社 2000
「Birds of East Asia(Mark Brazil)」Christopher Helm 2009