RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【定例探鳥会報告】140622/北見市常呂町・ワッカ原生花園

探鳥会の様子

探鳥会の様子

オオジュリン

オオジュリン

ベニマシコ

ベニマシコ

2014年6月22日 北見市常呂町・ワッカ原生花園

昨日まで低温湿潤の蝦夷梅雨気候が続いていたオホーツクですが、天気予報では今日から回復し、気温も上昇するとのことで、心地よい風の中での探鳥会が期待されました。
8時にスタートする時にはそこそこ暖かく、晴れ間も広がっていたのですが、だんだんと雲行きが怪しくなり、冷たい浜風が吹き始め、どんどん寒くなってきました。
そんな中でも鳥たちは一生懸命子育てに励んでおり、ノゴマやオオジュリン、ベニマシコ、ノビタキなどがせっせと餌を運ぶ様子が見られました。そういった光景が見られた際にはなるべく早くその場をスルーし、私たちを気にして餌運びができないという状況を避けるように留意しました。
途中の灌木林ではエゾセンニュウが数羽、林の中で張り合うように鳴いていました。姿を見ることが難しい種類の代表格ですが、幸運にも目にすることのできた人がいたようです。
沿岸の海上にはぽつぽつとウトウの姿が見られ、飛んでいくシロエリオオハムや、ミズナギドリ類(ハシボソorハイイロ)の姿も見られました。
2時間ほど散策し、ネイチャーセンターへ戻って鳥合わせをして解散としました。解散後まもなく雨が降り出し、天気予報は完全なるハズレとなりました・・・。

来週の小清水原生花園の探鳥会は、6:00集合となります。お間違えのないよう、お願い致します。
集合場所の駐車場は、売店施設を挟むように東西にあります。車を置くのはどちらでも構いませんが、ニンゲンは東側(JR原生花園駅前の小さい駐車場の方)に集まっていると思いますので、そちらへ合流して下さい。すぐにわかると思います。よろしくお願い致します。

【確認種】キジバト、シロエリオオハム、ミズナギドリ類1種、カワウ、アオサギ、カッコウ、オオジシギ、ウミネコ、オオセグロカモメ、ウトウ、トビ、オジロワシ、チュウヒ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、マキノセンニュウ、シマセンニュウ、エゾセンニュウ、コヨシキリ、ムクドリ、ノゴマ、ノビタキ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、アオジ、オオジュリン(以上29種)

【参加者】29名(内訳:北見市常呂町1名、北見市11名、網走市8名、美幌町1名、津別町1名、小清水町2名、遠軽町生田原1名、滝上町2名、雄武町1名、米国1名)

コメント (0)

【イベントのご案内】美幌博物館特別展『ボクたちの町にくらす野鳥』

美幌博物館特別展『ボクたちの町にくらす野鳥』ポスター

美幌博物館特別展『ボクたちの町にくらす野鳥』ポスター

美幌博物館では、7月6日(日)~10月26日(日)の期間で、美幌町にくらす野鳥をテーマにした展示会を開催いたします。「クイズラリー」や鳥の鳴き声が聞こえる不思議なペンを使って、展示が楽しめます。
また、北海道初上陸となる公益財団法人山階鳥類研究所の貴重な鳥類標本も展示します。
さらに、町内在住のアマチュア写真家 前田武夫さんや当館学芸員らが撮影した美しい野鳥の写真がご覧いただけます。
なお、山階鳥類研究所の標本は、展示室の温度が上がった場合、急遽展示を取りやめる場合があります。あらかじめご了承ください。
多くの皆さんのご来館をお待ちしています。
また、特別展の関連行事として、下記の講座を実施します。こちらについても、ぜひお越し頂ければ幸いです。

【日時】
講演会:10月11日(土)午後4時00分~5時30分
観察会:10月12日(日)午前9時00分~12時30分

【会場】
講演会:美幌博物館2F 視聴覚室
観察会:美幌町内

【内容】
第6回美幌博物館自然講座「シマフクロウは美幌町に暮らせるのか」

【対象】
講演会:小学4年生~一般 50名(申込不要)
観察会:小学4年生~一般 25名(要申込)
※申込期間9月2日(火)-10月8日(水)

【講師】
外山雅大さん(根室市歴史と自然の資料館)

【特別展チラシpdf(1973kb)】
http://www.town.bihoro.hokkaido.jp/museum/toku_kika/image/26tok_pa.pdf

コメント (0)

【野鳥情報】140621/濤沸湖丸万川河口

2014年6月21日 濤沸湖丸万川河口 メジロ1羽、ベニマシコ1羽、ノビタキ♂1♀1羽

報告:くぅさん・津別町在住

コメント (0)

【野鳥情報】140604/津別町21世紀の森

2014年6月4日 津別町21世紀の森 オシドリ♂1羽、ヤマシギ2羽

報告:くぅさん・津別町在住

コメント (0)

【ロングラン探鳥会報告】140614-15/津別町チミケップ湖

※2014年6月14日から15日にかけて、津別町のチミケップ湖畔において、「夜の探聴会」→「早朝探鳥会」→「定例探鳥会」と続くロングランの探鳥会を開催しました。案内役は当支部顧問の花田行博さんでした。その時の様子を一挙まとめてご報告致します。

【夜の探聴会報告】
2014年6月14日 19:00~20:30津別町チミケップ湖
湖の周辺を約500メートル車で移動し、数分間どんな鳥の声が聞こえるか聴きました。
いつ熊が出ても避難できるよう、常に車のそばから離れません。この湖に一軒のペンションがあります。そのペンション近くで車を止めたとき、三方向からエゾフクロウが鳴きかわしをしていました。誰からともなく一斉に拍手が起こり、皆さんこのフクロウの声に大満足です。次500メートル進んだところでは、すぐそばでフクロウが鳴いていました。結局4ヶ所でフクロウがいました。
【確認種】ツツドリ、アカハラ、キジバト、ウグイス、ヤマシギ、コルリ、センダイムシクイ、キビタキ、トラツグミ、ハリオアマツバメ、フクロウ4ヶ所、ハシブトガラス、クマゲラ、アオジ、マガモ、オシドリ、ヤマゲラ、オオジシギ(以上18種。確認した種名は出現順です)
【参加者】13名
報告:花田行博さん

アカハラ

アカハラ

アオバト

アオバト

ハリオアマツバメ

ハリオアマツバメ

 

早朝探鳥会の様子

早朝探鳥会の様子

【早朝探鳥会報告】
2014年6月15日5:00~6:30 チミケップ湖
昨夜フクロウの声を聴いた興奮さめやらず、風もなくさわやかな湖畔の早朝探鳥会でした。
クマゲラが遠くで鳴いています。そのうち私たちの頭上を鳴きながら通過。湖の対岸にはオジロワシが悠々と飛びまわっていましたが、そのうち見やすい場所に止まってくれました。生まれたばかりのトビが親から餌をもらっています。湖一面トビやクマゲラの声が響き渡っていました。
【確認種】キジバト、ハシブトガラス、キビタキ、アカハラ、ツツドリ、ウソ、センダイムシクイ、アオバト、ウグイス、ヒガラ、アカゲラ、クマゲラ、コゲラ、オジロワシ、コルリ、ハシボソガラス、トビ、アオジ、マガモ、ハリオアマツバメ、キバシリ(以上21種。確認した種名は出現順です)
【参加者】14名
報告:花田行博さん

オシドリ

オシドリ

ツツドリ

ツツドリ

オオアカゲラ

オオアカゲラ

定例探鳥会の様子

定例探鳥会の様子

【定例探鳥会報告】
2014年6月15日8:00~9:30 チミケップ湖
駐車場向かいのトイレがある付近で、湖と森を見ながらそれぞれ持参した椅子に座ってのんびりと探鳥会が始まりました。場所を移動しなければ鳥の方から近づいてくれます。ときおり小雨が少し降りましたが、太い大きな木の下で雨宿り。ほんの少し肌寒い程度の気温だったため、エゾハルゼミの鳴き声がありませんでした。いろいろな鳥が鳴いてくれ、森と湖に鳴き声が響き渡り皆さん満足な探鳥会だったと思います
【確認種】センダイムシクイ、アオバト、トビ、ウグイス、ツツドリ、アカゲラ、オジロワシ、ハリオアマツバメ、オシドリ、アカハラ、ベニマシコ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、クマゲラ、キジバト、オオアカゲラ、コマドリ、キビタキ、コルリ、ハシブトガラ(以上20種。確認した種名は出現順です)
【参加者】16名
報告:花田行博さん

※野鳥の写真はA.S.さんご提供。

 

コメント (0)

【イベント情報】7月19日:傷病鳥獣保護講習会

140719傷病鳥獣保護講習会

「怪我をした野生動物を助けたいけれど、どうしたらいい?」・・・誰もがこんな経験をしていると思います。
この度、北海道オホーツク総合振興局環境生活課の主催で、応急処置法や関連法について学ぶ講習会が開催されることになりました。
ほんの少し手をさしのべてあげるだけで救える命があります。学びましょう。是非、奮ってご参加下さい(申込みが必要です、以下をご参照下さい)。

【傷病鳥獣保護講習会】
日時:平成26年7月19日(土)10:00-12:00
場所:濤沸湖水鳥・湿地センター(網走市北浜203番地3地先)レクチャー室
対象者:一般住民、傷病鳥獣保護協力者
参加費:無料
定員:25名
内容:(1)傷病鳥獣救護に必要な法知識、(2)傷病鳥獣の応急処置、(3)人と動物の共通感染症の予防について
申込みについて:平成26年7月15日(火)までに、参加者の氏名・年齢・住所・電話番号を以下までお知らせ下さい。
申込み・問い合わせ先:
北海道オホーツク総合振興局保健環境部環境生活課主査(動物管理)
電話0152-41-0632(平日8:45-17:30)、FAX0152-44-3122

コメント (0)

【イベントのご案内】ロナルド先生と境先生のスライドショー

時間:2014年6月21日(土)13:00-15:00
場所:濤沸湖水鳥・湿地センターのレクチャールーム(網走市北浜・白鳥公園)
内容:2010年6月、米国カリフォルニア州のロナルド・フェルザー先生と社会人学生が、涛沸湖も含め北海道の自然史を巡るツアーを行いました。その模様を現在北海道を訪れているフェルザー先生がスライドなどでお話します。その後の30分程度は、元・東京農大の境先生のカザフスタンとキルギスで行っている野生りんごの分布調査についてのプレゼンもあります。興味のある方は、是非ご出席ください!
会費:無料
事前申込み:不要

コメント (0)

【野鳥情報】140615/北見市/チゴハヤブサ

チゴハヤブサ

チゴハヤブサ

2014年6月15日 北見市大正 チゴハヤブサ2羽

報告:A.S.さん・北見市在住

コメント (0)

【早朝探鳥会報告】140613/北見市緑ヶ丘森林公園

2014年6月13日5:00-5:10 北見市緑ヶ丘森林公園 
5時集合の時はまだ雨が降っていませんでした。しかしその10分後に雨が激しく降り出し、いそいで10分間に確認できた鳥合わせをして解散。10分間で確認できた鳥は次の通りです。

【確認種】ツツドリ、オオルリ3羽、キビタキ、キジバト、カッコウ、コルリ、クマゲラ、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒガラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス(以上12種。確認した種名は出現順です)

【参加者】3名

報告:花田行博さん・北見市在住

コメント (0)

【夜の探聴会報告】140611/置戸町鹿ノ子ダム付近

2014年6月11日19:00-20:30 置戸町・鹿ノ子ダム付近

北見市、網走市、遠軽町、置戸町から11名の方々が、森林体験交流センターに集合。
出発前センター付近で聞き覚えのない鳥が遠くでさえずっていました。さえずりはアカハラに似ています。もしかしたらマミチャジナイではと思ったのですが分かりません。
予定通り19:00から探聴会を始めました。センターから数キロメートル奥に入り、500メートルごと車を止め、鳥の声を聴きました。アオバズク、コノハズク、エゾフクロウ、ヨタカの声を期待していましたが、まったく鳴いてくれません。アオバズクが一声鳴きましたがその一声だけで、あとはまったく鳴きません。ときおりヤマシギが飛びながら鳴いてくれます。確認できない鳥が飛んでいましたが、これは鳥ではなくコウモリでした。
今から約35年前、この付近一帯は夜になるとコノハズク、ヨタカがあっちこっちでたくさん鳴いていました。

【確認種】アカハラ、ツツドリ、ヤマシギ、ウグイス、アオバズク、ヒヨドリ、トラツグミ、アマツバメ(以上8種。確認した種名は出現順です)
【参加者】11名

報告:花田行博さん・北見市在住

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク