RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

【野鳥情報】170521/シブノツナイ湖/ツバメチドリ

ツバメチドリ Glareola maldivarum

ツバメチドリ
Glareola maldivarum

2017年5月21日
[シブノツナイ湖]
ツバメチドリ1羽
報告:花田行博さん・北見市在住

コメント (0)

【定例探鳥会報告】170521/サロマ湖畔遊歩道(佐呂間町)

2017年5月21日サロマ湖畔遊歩道探鳥会(佐呂間町)

2017年5月21日サロマ湖畔遊歩道探鳥会(佐呂間町)

定例探鳥会報告
2017年5月21日
[サロマ湖畔遊歩道(佐呂間町)]

風が涼しい朝でした。
開始30分以上前から北見や網走など管内各地から参加者の方々が集まり始め、合計30名近くの大所帯になりました。
国道を渡って向かいの森の中に入ると、すぐにけたたましい響きが。クマゲラです。森のちょっと奥で鳴いていたので姿は見られませんでしたが、素晴らしい幕開けとなりました。周りにはキビタキやヤブサメ、センダイムシクイのさえずりが溢れています。それに混じって、か細いさえずりも聞かれます。探すと、トドマツの梢にいました。コサメビタキです。地鳴きもさえずりもか細い声なので他のさえずりにかき消されてしまうことも多いのですが、実は特徴的な声なので覚えるとすぐにわかります。
小さなヒタキが簡単に見つけられたので、これは幸先良し、と歩を進めましたが、それからは「声はすれども・・・」の状態がしばらく続きました。
その状態を突破したのはやはりキビタキ。目の前に現れてくれ、参加者一同堪能することができました。
入口から約600mほどで東屋に到着。いつもならUターンして戻るところですが、なにやら聞き慣れないさえずりが気になりました。スマホから確認してみると、ムギマキでした。オホーツクではなかなかの珍鳥です。これは是非参加者の皆さんにお見せしたい!と粘ってみたのですが、残念ながらイタヤカエデの葉の裏でごそごそしているところが精一杯。森の奥へと去ってしまい、感動はお預けとなりました。それでも、ムギマキのさえずりをしっかり聞くことができたのはとても大きな収穫と言えるでしょう。
ムギマキ騒動でちょっと時間を食ってしまったので、帰りはあまり立ち止まらず、センダイムシクイの声をバックにひたすらスタスタと。
そろそろ出口・・・というところで、Tさんの奥さんがフクロウを発見。国道のすぐ脇のイタヤカエデの横枝にとまっていました。たまたま休んでいたようです。ムギマキが見られず少しがっかりしていたところですが、最後の最後で思わぬ出逢いに感激・・・の素晴らしい探鳥会となりました。
駐車場に着くと、気持ちの良い青空が広がり、気温は25℃近くに上がっていました。予報では14℃だったかと思いますが・・・。素早く上着を脱ぎ、鳥合わせをして、今後の探鳥会の予定や来週のクルーズのご案内などをしてから解散としました。
ご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

【確認種】キジバト、アオバト、ツツドリ、トビ、フクロウ1羽、コゲラ、オオアカゲラ1羽、アカゲラ、クマゲラ1羽声、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ヤブサメ、センダイムシクイ、メジロ、ゴジュウカラ、クロツグミ、アカハラ、コルリ、コサメビタキ、キビタキ、ムギマキ1羽、オオルリ、ニュウナイスズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ、以上30種

【参加者】28名(内訳:北見市8名、網走市7名、紋別市2名、湧別町1名、遠軽町2名、美幌町2名、津別町3名、置戸町1名、小清水町2名)

コメント (0)

【野鳥情報】170519-21/管内各地/カッコウ初鳴き

※以下、すべてカッコウのさえずり(初鳴き)の情報です。

2017年5月19日
[網走市藻琴]
報告:N.A.さん・網走市在住

5月20日
[北見市常盤町]
報告:Yu.Oz.さん・北見市在住

5月21日
[置戸町秋田]
報告:Y.I.さん・置戸町在住

コメント (0)

【野鳥情報】170520/小清水町/カッコウ

2017年5月20日
[小清水町浜小清水]
カッコウ1羽さえずり
報告:管理人・小清水町在住

コメント (0)

【早朝探鳥会報告】170519/中ノ島公園(北見市)

【早朝探鳥会】
2017年5月19日
[中ノ島公園(北見市)]
雲一つない快晴の青空。風もなくおだやかな探鳥日よりの朝でした。三々五々と集まった人々に、開口一番「カッコウの声きいた?」と誰からともなく尋ね合い。まだ誰もが聞いた人はいませんでした。
吊り橋の近くの木々にはキビタキ何羽かがきそいあって鳴いています。
1本の高い木に聞きなれない声が聞こえてきました。おっと、この声は昨年 F先生に教えていただいたコガラの声だ。姿は見えないがハシブトガラとは違いやわらかな音色で鳴いています。短時間ではありましたが、コガラの声を再確認してとても満足な出会いでした。

【確認種】センダイムシクイ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、アオジ、キジバト、トビ、シジュウカラ、ツツドリ、トラツグミ、アカゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、キビタキ、オシドリ、コガラ、ヒガラ、コガモ、マガモ、イソシギ、カワセミ、カルガモ、ベニマシコ、スズガモ、アオサギ 以上24種

【参加者】13名

報告:花田行博さん・北見市在住

コメント (0)

【イベント案内】170528/春の桂ヶ岡公園自然観察会(網走市立郷土博物館)

170528/春の桂ヶ岡公園自然観察会(網走市立郷土博物館)

170528/春の桂ヶ岡公園自然観察会(網走市立郷土博物館)

2017年5月28日(日)10:00~12:00、網走市立郷土博物館において、「春の桂ヶ岡公園自然観察会」が開催されます。
郷土博物館を含む桂ヶ岡周辺を歩いて、野鳥や植物を観察します。キビタキやセンダイムシクイなどの夏鳥、ニリンソウやマイヅルソウ、スミレのなかまなどが見ごろになっています。
あわせてこの観察会では、「プロジェクトK(Kは桂ヶ岡のK)」と題し、桂ヶ岡の生きもの調査を兼ねたものになっています。「スズメをさがそう!」など気軽にできる調査項目があります。ぜひご参加ください!

詳細についてのお問合せ・お申込みは、網走市立郷土博物館(0152-43-3090)までお願い致します。

コメント (0)

【置戸バーディングクラブ】170514/釧北峠探鳥会

置戸町で活動されている「置戸バーディングクラブ」から探鳥会の様子をご報告いただきました。
以下にご紹介致します。
・・・・・・・・・・・・・・

オオルリ Cyanoptila cyanomelana

オオルリ
Cyanoptila cyanomelana

170514/置戸バーディングクラブ探鳥会の様子

170514/置戸バーディングクラブ探鳥会の様子

5月14日にクラブの探鳥会を北見と陸別の境界である釧北峠を中心に置戸町白髪橋付近で行われ、オオルリの番やミソサザイの囀りなど魅了されました。
大変寒い中でも22種が確認され、カッコウは確認されませんでしたがツツドリ、アカハラが盛んに囀りに私たちを励ましてくれました。

【確認種】ハシブトガラス、ハシボソガラス、オオジシギ、アカハラ、キジバト、センダイムシクイ、ニュウナイスズメ、ヒバリ、ビンズイ、カワラヒワ、ヤマゲラ、アオジ、オオルリ、ミソサザイ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、エゾムシクイ、ウソ、ツツドリ、コルリ、ハシブトガラ、アカゲラ (22種)

報告:虎谷正博さん・北見市在住

コメント (2)

【早朝探鳥会報告】170515/大曲サイクリングロード(網走市)

早朝探鳥会報告
2017年5月15日
[大曲サイクリングロード(網走市)]
気温が低いうえに風が強く、思わず帰りたくなるくらい寒い朝でした。
鳥のさえずりも聞かれず、網走川の土手から、水辺の鳥を見て歩きました。
いつまでいるのか、コガモたち。
先週に続き、オシドリも見られました。
少し進むと、カワセミの声がしたような、探すと、いました!カワセミ!まだ枯れ草色の中で、背中のコバルトブルーが鮮やかです。
と、もうみんな寒さの限界です。
風邪をひかないように、解散となりました。

【確認種】カワウ、アオサギ、オシドリ、マガモ、コガモ、ヨシガモ、キンクロハジロ、トビ、オジロワシ、オオセグロカモメ、キジバト、カワセミ、ヤマゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、以上21種

【参加者】6名

報告:みつばちさん・網走市在住

コメント (0)

【定例探鳥会報告】170514/せせらぎ公園(美幌町)

センダイムシクイ Phylloscopus coronatus

センダイムシクイ
Phylloscopus coronatus

アオサギ Ardea cinerea

アオサギ
Ardea cinerea

オオルリ Cyanoptila cyanomelana

オオルリ
Cyanoptila cyanomelana

アカゲラ Dendrocopos major

アカゲラ
Dendrocopos major

アオジ Emberiza spodocephala

アオジ
Emberiza spodocephala

シジュウカラ Parus minor

シジュウカラ
Parus minor

【定例探鳥会報告】
2017年5月14日
[せせらぎ公園(美幌町)]
余裕をもって行ったはずが集合場所の墓地駐車場がわからなく、美幌の町で迷ってしまいました。数分遅れで到着。着いてびっくり、大勢の人々が来られています。急いで挨拶を済ませ探鳥会開始。この公園の名前のとおり、せせらぎの水の流れる音色が、心地よく癒される素晴らしい公園です。
少し歩いたところでアオジがさえずっていました。この鳴き声がアオジだと覚えるための鳥の聞きなしを伝授。『アオジはね「アオジのチィ
ーちゃんチィーちゃんチィー」と鳴くんだよ』というと『あぁ本当だ、その様に鳴いているね』と言われ私は得意満面。私の知っている限りの聞きなしを皆さんにご披露。
まもなくオオルリが出てきました。大勢の人々がおりながら逃げることなく声高らかにさえずっています。見るとオオルリが2羽いました。2羽で自分たちの場所取りをしていたのでしょうか、大勢の人には目もくれません。かなりの至近距離から皆で観察し、写真もそれぞれ満足いく撮影ができでしょう。
帰りぎわ参加者の数名ですが、チゴハヤブサと思う猛禽類を見たそうです。この鳥も入れて今日は24種の鳥を確認。

【確認種】センダイムシクイ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、アオジ、マヒワ、アカゲラ、カワラヒワ、ヤブサメ、オオルリ、トビ、アオサギ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラ、チゴハヤブサ、マガモ、エナガ、キジバト、ヒガラ、コゲラ、ホオジロ、カルガモ、ツツドリ、モズ、以上24種

【参加者】36名

報告:花田行博さん・北見市在住
※鳥の写真はY.O.さんご提供。

コメント (0)

【イベント案内】濤沸湖水鳥・湿地センター開館5周年意念ウィーク&講習会

濤沸湖水鳥・湿地センター開館5周年意念ウィーク&講習会

濤沸湖水鳥・湿地センター開館5周年意念ウィーク&講習会

【濤沸湖水鳥・湿地センター開館5周年意念ウィーク&講習会】

濤沸湖水鳥・湿地センターは平成24年5月に開館し、今年の5月23日(火)で
5周年を迎えます。開館5周年を記念してイベントを開催します。

●記念講習会「鳥の鳴き声を覚えよう」
5月27日(土)13:30~15:00(予定)
講師は日本野鳥の会オホーツク支部 顧問 花田行博 氏。
子どもから大人まで関心の高い「鳥のさえずり」にスポットをあて、
野鳥や自然に対して興味や知識を深める講習会を開催します。
参加料無料、事前申し込み不要です。

●「とうふつクイズ」
5月23日(火)~28日(日)の間は記念ウィークとして、濤沸湖関連のクイズを
ご用意しました。クイズに答えると、5周年記念品を差し上げます。
期間中はいつでも、どなたでもチャレンジできます。

※本件に関するお問合せは、濤沸湖水鳥・湿地センターへお願い致します。

コメント (0)

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク