RSS

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

最新記事

『アオサギの有害駆除に係る問題点に関する報告』のご紹介

北海道アオサギ研究会の松長さんより、タイトルの報告書に関するご連絡を頂きました。以下、メールより転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は、アオサギの有害駆除の問題について少しでも多くの人に知ってもらいたいということでご連絡いたしました。当会では平成24年度よりアオサギの有害駆除に係る行政上の問題について全国調査を行い、つい先日、調査結果を報告書にとりまとめたところです。報告書は当会のホームページ(http://www.greyheron.org/)に全文を掲載(PDFダウンロードも可)していますので御覧いただければ幸いです。

当報告書はタイトルのとおり有害駆除に係る行政上の問題に焦点を当てたものです。現在の鳥獣管理制度については制度そのものが問題視されることは多いものの、制度を運用している行政の実態については案外見過ごされているのではないかと思います。本報告はその鳥獣管理行政のあまりにも杜撰な実態について詳細な検証を行ったものです。また、各都道府県、各市町村ごとにデータを挙げていますので、貴団体所在地域の鳥獣管理行政がどのような状況にあるのかぜひご確認いただければと思います。

なお、今回の報告ではとくにアオサギに焦点を当てていますが、そこで指摘した問題の多くはアオサギのみならず一般鳥獣全体に関わるものです。また、こうした問題は行政の自助努力のみで改善が期待できるようなものではなく、社会全体の意識を変えていかなければどうにもならない問題だと考えます。今回、貴団体にご連絡差し上げたのもこうした思いをお伝えしたかったからに他なりません。当報告書が貴団体会員様方の鳥獣行政への関心をさらに高める一助になれば幸甚です。
・・・・・・・・・・・・・・・・

とても内容の濃い報告書だと思います。全国調査の結果が記載されておりますので、北海道以外の地域の方々にも大いに参考になるものと思います。鳥獣管理行政の現状をしっかり理解しておくことは重要と思います。PDFをダウンロードされ、じっくりと読み込まれることをお勧めします。
ご連絡下さった松長さん、ありがとうございました。

コメント (0)

コメントはまだありません。

コメントのRSSを取得する トラックバック

コメントする

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

インフォメーション

リンク